DSCN6589hh_R
お久しぶり、奥多摩小屋の夜。

雲取山の山頂も踏んで、奥多摩小屋に戻ってポカポカ陽気でビールを飲む。
そんなことをしていれば当然睡魔に襲われる訳で・・・TENSOR 20sの上にゴロリと転がると、シュラフを上からかぶっていつの間にか大イビキで寝てましたw
ハッと目が覚めて起きたのが16時過ぎ。
シェルターから這い出てみると・・
DSCN6562_R
DSCN6561_R
ありゃ・・・なんとまあ、ちょうど小屋の上空辺りでガスっちゃってます。
ガスの隙間から、南アルプスの上に光る夕焼けで小屋の辺りはアーベントロートに染まってます。
DSCN6560_R
くっきりとした空の夕焼けを期待していたけど、ガスっていると夕日の光が拡散されてなんだか幻想的な雰囲気に。
DSCN6567_R
そんな光景をツマミに飲むビールは最高!

DSCN6564_R
ちょろっとテント場を歩いてみると、ガスはやっぱり2,000m以下で出てるっぽい。上の方はほんのりと青いので、今日は夜空も期待できそう。

DSCN6568_R
シェルターで再びまったりとビールを飲んでいると、いよいよ日没。太陽が南アルプスの向こうへと沈んでいくにつれて、小屋周辺の気温もグンと下がっていく感じ。

DSCN6569_R
そして16時26分、太陽は完全に南アルプスの向こうへ。
この時点でシェルター内の気温は2度前後。まあこの時期にしては比較的暖かい方。
お蔭で、Patagoniaのキャプリーン4フーディ+OMM RotorVestにMHWのシェルを着込み、下はユニクロのヒートテックタイツ+ダウンパンツで問題なし。もう一段階寒くなったら、MONTANEのFireballSmogを着込むつもり。久しぶりの冬季テント泊だけど、ちゃんと体が感覚を覚えていてくれたのは大きな収穫でした。

さて、日も暮れてきたのでささっと晩御飯の準備。
DSCN6574_R
この時期のご飯はもう鍋が基本。
今回は鍋キューブのピリ辛キムチ鍋。白菜が高かったので自宅にあったキャベツと人参・玉ねぎなんかを組み合わせた雑多鍋です。しめじを忘れたのがイタイ。

DSCN6577_R
DSCN6579_R
Trek'sのULトレックテーブルは足を畳んで、シェルター内での鍋置き代わりに。

DSCN6581_R
ピリ辛キムチ鍋のはずが、鍋キューブを2個投入したせいで激辛にw
鍋のカンは鈍っていたみたいですwそしてきのこ類が無いとやっぱり雰囲気でないなあ〜。次はちゃんともって行こう・・。
DSCN6582_R
雑炊で〆。卵も忘れたわ・・・でも美味かった。
「冬に鍋」というのは理由があって、体が温まる事ももちろんだけど、キムチ系であれば血管の拡張作用のあるカプサイシンを採れるし、豚肉なんかで脂を採れば体温維持にもつながります。

DSCN6586_R
晩御飯後、トイレに行ってみるとまだガスは晴れず。
結構濃いめの霧のようになっていて、ヘッドランプの光が散ってしまって足元が見にくくてちょっと難儀しました。
ライトを赤色系にするとこういうった時は多少はマシになります。

トイレから戻って、さらに30分くらいかな、シェルター内でウィスキーのお湯割りを飲んでだらだらと過ごします。
そう言えば奥多摩小屋ってdocomoの電波入るんですよね。自分今までしっかりつながったことが無かったのでいつも機内モードにしてたのですが、今回は珍しくバッチリだったので、インスタに写真上げたりTwitter見たり・・・。まあ、山中での楽しみ方としてはどうかと思いますが、久しぶりのソロなので時間を持て余し気味。

と、そろそろ霧は晴れかなーと思って顔を出してみると、おお!!
DSCN6587hhh_R
バッチリ、空が晴れてるじゃないですかー!
↑の写真、シェルターの端っこで光っているのは月です。満月ではないけどキレイに光ってましたよ。
DSCN6589hh_R
ああ、いいなあ。
山でのテント泊に拘るのって、こういう雰囲気が好きだからだなー。
ひとりで興奮しながらシャッター15秒でバシバシ写真を撮っていると、周りのテントからも「星がすげーよ!」という声が。
やっぱり空が広く見える奥多摩小屋の稜線のテント場は極上のロケーションですわ。

DSCN6596hh_R
時間は19時。
そう言えば、自分の向かいにテントを張っていたどっかの大学の探検部?は予想に反してすっかり寝静まっていました。この探検部、昼間テントを張ったあとは早目の晩御飯を食べている時、

「おい!鍋に入れるから誰かシカをとってこい!」
とか
「トラ●プの次はキ●ーバをやってやる」
とか、まあ若者らしい意味不明な会話で盛り上がっていましたw
こりゃ、夜も煩そうだなあ・・と思っていたのですが、いい意味で期待を裏切ってくれました。
回りもテントが多い割には思いのほか静か。きっとみんな明日の日の出を見に行くんでしょうね。

さて、こちらもいそいそと就寝準備。
翌日の12月4日は、奥多摩駅伝が開催される日で、奥多摩駅から青梅市役所までの青梅街道が、朝9時50分から13時30分まで交通規制で通れなくなってしまいます。
これを知らなくて、2年前の三条の湯からの帰り道、とんでもなく大変な目にあったので、今回は規制前に青梅街道を通過したいところ。加えて、鴨沢の登山口脇に最近できた「山の休憩所 かゑる」にも寄ってみたい。
なので、5時出発を目標にします。

DSCN6597hh_R
時刻は20時ちょっと前。
気温は-1度くらい。12月の奥多摩小屋としてはかなり暖かいです。
久しぶりのテント泊だったので何か忘れていたり体が慣れていなくて寝れなかったらどうしよう、と思ったけど全然関係なかったみたいです。
アラームも3時50分にセットして、そのままシュラフにくるまって就寝となりました。。。

<就寝時のウェア>
・patagonia エアフローTシャツ
・patagonia キャプリーン4フーディ
・OMM RotorVest
・MONTANE FireballSmog
・ユニクロ ヒートテックタイツ
・MP ダウンパンツ
・Smartwool TraningBeanie

・シュラフ ナンガ オーロラ450DX
・マット NEMO TENSOR 20s