DSCN6351_R
やっぱり晴れが良いです、山は。
大山の山頂は見晴も良くてとても気持ちが良い場所。
アプローチもさほどきつくなくてこれだけの展望が得られるのは本当にお手軽で良いです。
DSCN6341_R
 都心方面。
写真では分かりにくいですが、スカイツリーとか、さらに遠くは筑波山なんてのも見えたりします。
これから冬の時期は空気も澄んで一層展望が良くなるわけです。

そして今回は、前回の大山錬の時に行くのを忘れていた北尾根側へ。
山頂トイレの裏手に回ると、
DSCN6347_R
 丹沢の表尾根、そして富士山までバッチリ見えます。
DSCN6349_R
 
写真撮り忘れたけど奥多摩方面も。
雪化粧した南アルプス南部もちらっと見えてます。

こっちも見晴良くて最高ですなあ。
北尾根方面もいずれ歩きとおしてみたいルート。この冬雪が着いたら行ってみようかなあ。

DSCN6352_R
 しばし景色を楽しんだら、10時16分、鶴巻温泉へ向けて下山開始。
今回はここからが本番です。
まずはサクッと山頂から16丁目まで下ります。
DSCN6358_R
 10時31分、16丁目の分岐に到着。
ここでソックスを履き替え。
今回実はatelierbluebottleさんのHiker's Socks longのレビューも兼ねての山行なのです。
詳細は後日某キュレーションマガジンにて・・・。

DSCN6359_R
16丁目分岐を蓑毛方面へと入ると、それまでの賑やかな登山道とはうって変わって静かな山道へと変わります。表と裏でこうも違うとは。ああ、やっぱり山は静かな方が良いなあ。

DSCN6360_R
10時45分、下社方面との分岐を通過。
DSCN6361_R
下社から上がってくる人もいるみたいで、下の登山道からは賑やかな話声が聞こえてきます。
そんな声を背にして先へと進みます。
DSCN6363_R
下社分岐のちょっと先には女人禁制の碑が。

DSCN6364_R
そしてここから暫くはフラットなシングルトラックが続きます。
今回、大山〜鶴巻温泉間では、こういっためちゃくちゃ気持ちの良いトラックが多くありました。
このルート、最高ですわ・・・

DSCN6367_R
ちなみに、大山からの下山ルート上では、まだ紅葉はほんのりといった感じで、晩秋らしい落ち葉トレイルも少なかったです。これはちょっと残念・・・
DSCN6371_R
11時02分、蓑毛越通過。
蓑毛のバス停にはここから下っていきます。

DSCN6375_R
再びフラットから緩やかな下りを進んだと思ったら、高取山手前の急登でやられましたwこのタイミングでこの科直登はめちゃしんどい・・・!

DSCN6379_R
ひーひー言いながら何とか高取山到着。
ちょっと小休止。山頂のベンチではアマチュア無線の人が何やらしゃべってました。
山を歩いてるとしばしばこの手の人には遭遇するのですが、イマイチ何が楽しいのかよくわからんです・・・。

DSCN6381_R
高取山からはまたも気持ちのいいトラックが続きます。
今回はこういったトラックが多かったのでほぼラン、ちょっとした登りも出来るだけランで進みました。

DSCN6382_R
12時7分、念仏山に到着。ここでソックスを再度履き替えます。
今度はHiker's Sockのショートの方。こちらもやっぱり安定の履き心地。
感じたのは、
ショート→ランにも対応できる適度なクッション
ロング→ランよりもハイク向け。クッション性・保温性はかなり高い
という点です。

DSCN6384_R
秦野市内方面。
遠くにうっすら江の島。

DSCN6383_R
こちらは箱根方面。
そうだ、箱根の外輪も走ってみたいんだった。これは来年に繰り越しかなあ。

DSCN6386_R
さて、もう12時も過ぎてしまったので先を急ぎます。

DSCN6390_R
DSCN6391_R
善波峠。
ここは伊勢原・秦野の境になっていて、矢倉沢往還という旧道が通っていた場所らしいです。
切通しがなんとなく鎌倉を連想させる場所。

この善波峠を下ると、すぐに弘法山ハイキングコースと合流。途端に家族連れ・年配ハイカーの団体さんなどで大賑わい。
それもそのはず、
DSCN6394_R
DSCN6396_R
こんな気持ちの良い道が続くわけですから・・・
この辺りから、登ってくるトレランの人とも数名すれ違いました。

DSCN6397_R
吾妻山の山頂。今回のルートでは最後のピークになります。
もう完全にピクニックエリアですね。あちこちでお弁当食べたり宴会したりしてました。
お昼を過ぎてお腹も空いていたので超うらやましい・・・!

DSCN6398_R
吾妻山を過ぎて少し行くと、東名高速の手前に出て、民家の脇を抜けていきます。
前方にランナーさんがいたので、多分鶴巻に行くだろうと踏んで後をついていきました。

DSCN6399_R
12時51分、無事に鶴巻温泉駅に到着!
取りあえずトイレに行って、靴を軽く洗って、コンビニで
DSC_1836_R
発泡酒だけど、カンパイ!
しみるウ!電車だとこれが出来るのがいい!


という事で、結局寝坊した割にはお昼過ぎには下山出来たし、もし寝坊しなかったら鶴巻温泉でちょっとゆっくり出来たりもしたんだけどなぁ。
それにしても、とても良いルートでした。ガッツリ登って、あとは気持ちよく下る、というまさに理想的なルート。
人も少ないし、トレーニングにもちょうどいい距離。今日は結局あまりペースは上がらなかったけど、それでも4時間ちょっとで降りてこられるんだからお手軽感もばっちり。
年明けの1発目に組み込んでも良いルートかもしれないです。

さて、ここ数回は大山を主体としたハイク・ランが多くなってるのだけど、改めてアプローチにルート設定にと面白い山だと実感。何より近いし、そしてまだ未踏のルートも結構あるし。。。
そうだなあ、次は表参道から北尾根抜けてみるのもいいかも。

◆登山データ
大山ケーブルバス停発(8:19)→大山ケーブル駅(8:25)→大山寺(8:35)→阿夫利神社下社(8:51)→16丁目(9:29)→大山山頂(9:56)→大山山頂発(10:16)→16丁目(10:31)→下社分岐(10:45)→蓑毛越(11:02)→高取山(11:38)→念仏山(12:07)→善波峠(12:23)→吾妻山(12:42)→鶴巻温泉駅(12:51)