久しぶり過ぎて起きれませんでしたw
DSCN6281_R


今年も残すところあとわずか。
山へもあと数回・・・が良いところな訳ですが、久しぶりの山が次はいきなり雪山とかはちょっとなあ・・・という事と、某商品のレビューも兼ねてこの週末は軽くラン&ハイクに行ってきました。

日曜の朝。
ふと目が覚めて、ブラインドをベッドから眺めると何やら違和感が。
あれ?もうこんなに明るい・・?
そう、この日は午前中で下山したかったので、出発を速めるために朝4時起きの予定だったのです。
この時期の朝4時なんて、まだ真っ暗。ブラインドから光が差し込むなんて事はまずありえない。

要するに、久しぶりにまたもややらかしちゃったわけですねこれが!!ww
時計を見ると朝6時・・・ああ、平日よりゆっくり寝ちゃったよ。しかしなんだって毎回寝坊するたびに、2時間遅れになるのは何故なんだ?
まあ、こうなったら早く出発するしかありません。取りあえずベッドから起きてブラインドを開けてみると・・・

あれ??辺り一面真っ白???
物凄い濃霧です。道路も隣の家の屋根もびっしょり濡れてる・・・

2時間寝坊に加えてこの濃霧

もうテンションだだ下がりです。そっとブラインドを締めて再びベッドイン。しかし布団をかぶりながら自問自答。
これでいいのか?山に行けない行けないと言いつつその原因の一つはこれなんじゃないのか?
思い直して再びブラインドを開けると、自宅前の道路をランニングしている人が。
ほら!走ってる人いるじゃん!
これで完全に行くぜモードに。ありがとう見知らぬランナーさん、貴方にちょっと勇気をもらいました。

大急ぎで準備して、地元の駅へ。この日はルートをラウンドではなくスルーで考えていたので、電車利用にしたんです。
しかし、駅に向かう途中も濃霧のせいでウェアはびっしょり、そして
DSCN6280_R
いつもなら目指す大山が見えるはずのホームからもこの景色。ああ、本当に今日は晴れてくれるのか??
取りあえず天気予報を信じることにして、電車へ乗り込みいざ大山の玄関口・伊勢原へ。

DSCN6282_R
で、伊勢原に着くころにはすっかり霧も晴れてウソみたいな青空が広がってました!
うひゃー!!これは高まる!そして、時間ももはや普通の観光客も動き出す時間、バス停には長蛇の列!ああ、これ見てまたちょっとメーター下がる・・なんとか臨時の大山ケーブル直行便が出てくれたので、それに飛び乗ったのは良かったものの、さらに終点直前でまさかの渋滞??これでまたちょっと下がる・・・
なんだかんだでテンションが微妙な感じでしたが、ガマンしてなんとか登山口に到着。
DSCN6285_R
まあ、この空を見ちゃえばもう行くしかないよね!
という事で、8時19分、出発!最近にしては珍しく遅いスタートです。

大山ケーブルの終点からはまず土産物屋さんや料亭が立ち並ぶ表参道を登っていきます。
意外にも登山の服装の人は少ない様子。まあ、実際はそんな事なかったわけですけどね。
DSCN6289_R
大山ケーブル駅を見ると長蛇の列!まるでお正月に来たような気分。
まあ、この天気と紅葉どんぴしゃじゃあこれでもまだマシな方か。
DSCN6288_R
さて、今日はここから登りますよ。
途中、紅葉の名所でもある大山寺に立ち寄る予定。実は、紅葉の時期の大山寺って来た事なかったんです。
両親からも「ここの紅葉は見事だから見に行っとけ」と、もう毎年のように言われているので見てみたかったんですよね。

しばらくはゆったりとした登山道を10分も歩くと、早速風情のあるお堂と紅葉がお出迎え。
DSCN6291_R
DSCN6293_R
朝陽を浴びるもみじ。

そして、その先にある大山寺の階段のところまで行って驚いた!

DSCN6294_R
うひゃー!
こりゃすごいな!
DSCN6295_R
真っ赤に色づいた紅葉がもっさもさ!
夜にはこれがライトアップされるそうで・・もしかするとライトアップの方がさらにキレイかも。
いや、それにしても凄い!正直こんなではないと思っていたので・・・ごめんなさい!

DSCN6300_R
DSCN6304_R
紅葉に覆われた参道の階段はさながら「赤いトンネル」状態。
これは確かに他人にも勧めたくなるなあ。

DSCN6306_R
大山寺の紅葉はもう少しゆっくり見たいけど、なんて言っても今日は2時間押しですから!
先を急ぎます。女坂でまずは下社へ。さすがにハイカーやら観光客やら、増えてきました。

DSCN6309_R
大山寺からは約10分ほど、8時51分に下社到着。
こちらも紅葉がキレイ!8割ってところかなあ。ピークは今秋末くらいですかね?
DSCN6313_R
下社も大賑わい。
境内にはテントが設置されていて、何か炊き出し?的な準備が進められてました。
興味はあるけど先を急ぐのでスルー。

DSCN6316_R
DSCN6318_R
下社の本殿の脇で小休止。
今日のお供はatelierbluebottleのPAC-01。これを使う時はULTIMATE DIRECTIONのハンドボトルを組み合わせるのが最近の定番になってきました。

DSCN6322_R
9時3分、山頂へ向けて出発!
いきなりのこの階段、何度歩いてもキツーイ。この日は心拍数あまり上がらないよう意識して登ったら案外大丈夫でした。終始こうならいいのに。

DSCN6327_R
途中にあった天狗の鼻突き岩。
あの穴を見ると、あの人をなんとなく思い出してしまいますw

DSCN6328_R
9時29分、16丁目。
流石に快晴の紅葉真っ盛り。団体や家族連れ、大学のサークルっぽい人たちが多すぎて登山道は大渋滞です。
思うようにペースも上がらないけど、後半に温存ってことで・・・。

DSCN6330_R
相変わらず歩きにくいガレ場。
濡れてないだけマシだけど。

DSCN6332_R
途中の展望台からは富士山がくっきり!
すっかり雪化粧して、もう冬もすぐそこ、ですな。

DSCN6334_R
山頂の鳥居。大勢降りてきてる・・・この中にたかたちんも居たんだろうか?

DSCN6337_R
9時56分、大山山頂に到着。
途中渋滞もあったり写真撮ったりであんまり進まなかったけど、若干CT巻けたかな。
さて、それじゃあこないだ来た時は行かなかった、あっち側にも景色を見に行ってみようかな・・。

つづく。