もうロングパンツの季節ですね。
DSCN6113_R


もうすぐ11月、今年もそろそろ生足シーズンも終了、ロングパンツの季節になってきました。
この時期になると山で活躍するのが愛用のOUTDOOR RESEARCHのセントリフュージパンツ。
DSCN4305_R
DSCN4610_R
フロントパネルに防風・ストレッチのソフトシェル、背面はマイクロフリースで通気性と適度な保温力があり、細身のシルエットは足さばきの邪魔にもならず、本当に重宝しています。
当時はPatagoniaのトラバースパンツが欲しかったのだけど確か売り切れ状態。で、こちらを購入したのだけど個人的には大当たりだったかな。
セントリフュージパンツはその後ディスコンになったかと思ったのだけど、実はまだ継続されていたようで。
ただ、値段を見てびっくり、なんと19000円くらいしてる・・・。当時は9000円くらいで買ったと思うんだけど。

で、そんなお気に入りのパンツですが、さすがに4年も履いてるとあちこちいい感じになってきておりまして。
DSCN6114_R
DSCN6115_R
DSCN6117_R
別に破けたとかそういうのは一切ないのだけど、そろそろ新しいパンツに買い替えてもいいかな〜と思い、ソフトシェルパンツをちょっと物色してみたわけですが・・・。
結論から言うと、あまりイイモノが見つからず。

一番良いのはこれですかね。
ド定番ですが、Patagoniaのメンズ・ウインド・シールド・ハイブリッド・ソフトシェル・パンツ。
(どうでもいいけど名前長すぎるよねPatagoniaの製品って・・キャプ4も名前変わってメンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディとかもう舌を噛みそうw)
24101_BLK_R
多分構造的にもコンセプトとしてもセントリフュージパンツと最も似通ったプロダクトかと。
むしろまねたんじゃない?というくらいよく似てます。こちらの方が薄手のソフトシェルを使っているのでもうちょっと軽快な印象。夏場でも履いてる人見かけますね。

あとはPeakPerformanceのCivil Pants。
civilpants
これは履いた時のシルエットがキレイ。すごくいいです。
ただ前面・背面ともにソフトシェルなので若干通気性は前者より落ちるかな。

そしてたまたま試着してみたのがノースフェイスのバーブライトパンツ
NB31503_R
これ、悪くないです。お値段も手ごろ。
でもすごく普通。優等生過ぎる感じ。

同じOUTDOORRESEARCHではALLOUT PANTSなんてのがありました。
56415_001_R

うーん。
なるほど。

個人的に欲しいのは
・あんまり山っぽくない
・ハイクにもランにも使える
・アンクルジッパーは欲しい
・タイツに近いシルエット、でもタイツじゃない
といった感じ。
この辺だとPatagoniaのウィンドシールドかORのアールアウトパンツになるんだけど・・・
どれも値段高過ぎ!殆どが2万越え・・・なんでこんな高いんだw
ウィンドシールドだって前は1万2千円くらいだったのに。世界的にソフトシェル不足にもで陥っているのか??と思うくらいの高騰具合に、すっかり購入意欲が萎えてしまいましたw
これじゃギアループの臨時収入なんてあっという間に吹っ飛びますわ・・・。

かと言って、ラン用のソフトシェルパンツは生地が薄すぎるのとライニングが弱すぎるのでハイクには正直不向きです。なんて悩ましい。

という事で、今年もソフトシェルパンツは買わないかも。
買うならORのフェロッシークラッグパンツか、ノースかなあ・・・。
55521_001_R
↑フェロッシークラッグパンツ

うーん・・。