DSCN6023_R
先日購入したALTRA Superior2.0で山へ行ってきたので、そのレビューなどを。
 

ALTRA Superior2.0と言えば2015Editor's Choiceを受賞した名品。
既にレビューやらレポートやらは出尽くしている感もあると思いますが、何となく個人的に感じたところを幾つか書いてみたいと思います。

◆アウトソールのトラクションは必要最低限
まず、トレイルに入って一番に感じたのは
「アウトソールのトラクションはSCOTT T2キナバル2.0>ALTRA Superior2.0」
という事。
DSCN5959_R
 DSCN5965_R
比較的ドライな環境であれば、キナバル2.0との差はさほどありません。が、ウェットとなってくると印象ががらり。
DSCN6008_R
トレイル上にある石、木の根、木道、階段、いずれも濡れている状況は当然想定されます。
そのいずれにおいても、かなりシビアなコントロールが要求されるな、というのが正直なところです。
今まで履いていたキナバル2.0は、アウトソールのトラクションが非常に強く、ウェットコンディションでもかなりグリップしてくれていました。
コンパウンドの違いもあるので単純な比較はできませんが、少なくとも「アウトソールのトラクションに頼り切った歩き/走り」はSuperior2.0では命取りになるでしょう。
実は事前に、Superior2.0の2015モデルを購入していたまんもからウェットコンディションではかなりスリッピーだった、という事は聞いていました。が、これほどキナバルと違うか、とは結構驚き。

ただ、これはSuperiorが悪い、という事ではありません。
そもそもSuperiorはショートレンジのスピード優先となるレースが目的として作られたシューズ。
また、ロードとのミックスも想定されています。そのため、アウトソールのラグをトレイルとロード両方で機能するよう絶妙な味付けがされています。
ショートレンジのスピードレースなら、当然足さばきもかなりデリケートになるので、下手にトラクションが強すぎるとランナーの意図を阻害してしまう恐れがあるのです。

それを考えれば、前述した「必要最低限」のトラクションというのは納得のできる話。
あとはフォアフットを心掛けて、足裏全体で上手くトラクションを効かせてやるように歩けばよい訳で、これには多少の慣れが必要かな、と思いました。


◆下りは特にテクニカルに。
DSCN6025_R
登り以上にテクニカルなのが下り。
正直なところ、登りで結構滑っていたので、下りは怖いかも・・と思っていました。
が、これは全くの誤解でした。
どちらかと言えば、「ソールがある程度滑ることを前提として」走れば、全く問題ありませんでした。
むしろ、キナバルの時に時々感じていた足先の引っかかり感が全くなく、足さばきが楽になったように思えます。
また、ALTRA特有の足裏べったり感が良い感じに効いていて、ソールのトラクションそのものに頼ることなく、足さばきでコントロールするため、安定感という意味ではキナバルより上かもしれません。
ただ、急停止は結構危ないので、前方のハイカーや障害物の確認は怠ることなく、先読み先読みで減速や停止をするようにしないとちょっと怖い目にあいます。

今回も、最初下りではあまりスピードを出せなかったのですが、特にトレイルの後半ではだいぶ感覚が掴めてスピードも出せたと思います。あと1、2回トレイルを走れれば、かなり楽しめるシューズになりそうです。


◆ストーンガードは個人的には「常用」。
DSCN6014_R
今回、登りはストーンガードは外して、下りでは装着、で試してみました。
DSCN5956_R
登りで結構突き上げ感があったため、下りは着けた方がいいよなあ・・と思っていたから使ってみたのですが、装着した瞬間もう違う靴みたいな感覚。
途端にソールの剛性が上がったような感じでした。実際、下りで使っていても足裏の突き上げが緩和され、反対にこちらの荷重がうまく足裏に分散されるようで、下りでも安定した走りが出来ました。
この辺がソールのトラクションが強くなくても大丈夫な理由かも。
当初はテント泊装備とか長距離の場合は・・なんて思ってましたけど、個人的には常用必須!といった感じです。

◆ラグは目詰まりしにくい。

DSCN6032_R
ロードも意識されたラグはさほど深くなく、泥ヌケも良いです。
キナバルは深めのラグが細かく設置されていたのですが、これが高いトラクションを生み出している半面、目詰まりが起きると途端にトラクションが効かなくなるという問題がありました。
Superiorについては少なくとも今回のハイクでは目詰まりの問題は全くなく、これは今後も起きる事ななさそうです。

ただ、ラグの形状からしてマッドまでは良くても、スノーは弱そうですね。
その場合は、素直にSCOTT NaokaGTXを使おうかと思います。


◆総評:よりテクニカルさを求める中級以上のランナー・ハイカーへ
DSCN6036_R
DSCN6037_R
ショート〜ミドルレンジのレース、ロードのミックスのレースなどでオススメのモデルらしいですが、個人的にはやはりALTRAならではの足裏感とべったり感、そしてよりテクニカルさを求めるランナー・ハイカーにお勧めしたいですね。
ウェットコンディションではかなりシビアになりますが、足さばきの良さと、いざ下りでスピードに乗った時の感じはすごく面白いです。ストーンガードは登りでもあった方が足の疲労は少なそう。
アッパーの耐久性は、多分キナバルと同じようなもんでしょうね。。。
あと、次はもう少しドライコンディションで走ってみたいです。 

既に今年のOutdoor Retailer ShowではSuperior3.0が発表され、早ければ年内にも店頭にならびそうです。
個人的には3.0はがらりとキャラクターが変わってしまっていたので、今の2.0を購入してしまいましたが、正直3.0もどうなのかめっちゃ気になってます。ただ、少なくとも現状の2.0が面白いシューズであることは間違いない!早くも年明けのSaleでストックを買おうか、悩み中です!