DSCN5837_R
「困ったら箱根行っとけ」が我が家の家訓です。

 

待ちに待ったシルバーウィーク。
この夏、廻り目のキャンプで味をしめた(というと聞こえが悪いけど)親子キャンプ第2回目に行こう!と予定はしていたのですが、例の台風の影響もあって週末の天気予報には金曜になっても傘マークが取れない・・・。
なんとか土曜の日中は持ちそうだけどおそらく土曜夜から、そして日曜は朝から雨予報。
という事で今回はキャンプは延期となったのですが・・・

せっかく日中は天気が持つなら日帰りでさくっとどこか行けないだろうか?
と金曜の夜に思い立つも結局直前過ぎて意見もまとまらず。
こういったとき、我が家ではだいたい
「んじゃ箱根でも行く?」
という感じになります。
そう、困った時の箱根。
自宅からも1時間ちょっとで着いて、それなりに旅行感も味わえるお手軽リゾート・・というのが我が家の見解。
昨年末から既に数回箱根には足を運んでいますが、だいたいいずれもそんな感じで実は行き先を決めてたりするのです。
特に今回は、前回は営業していなかった箱根ロープウェイが全線開通した、という事で、嫁さんも大涌谷に行ってみたいという事であっさりと決定したわけです。

朝ご飯と準備を済ませて自宅を出発。
SWというのに目立った渋滞もなく10時半前には箱根ロープウェイの早雲山駅に到着。
DSCN5826_R
今回デビューのモンベルのベビーキャリア。
実はこれをどうしても使いたかった、というのはナイショ。
ベビーキャリアって、子供によっては全然ダメな場合もあるみたいですね。以前店頭で試しに娘を乗せて背負ってみたときは問題なかったけど、いざ外で使ってみたらどうかな・・・とちょっと心配していましたが、結果としては全く問題なしでした。娘も終始ご機嫌。
やっぱり視線が高いと本人も楽しいらしいです。
ちなみにこのモンベルのベビーキャリア、背面パッド等意外と固めに出来てます。ショルダーハーネス・ウェストベルトもカッチリしていて、かつアルミのフレームもあって全体的に剛性感はあります。
某M社とかO社のに比べれば華奢な印象がありますが、正直十分以上でしょう。
歩きながら
「テント泊じゃなく小屋泊だとしてもアレにコレにソレもパッキングして・・・・」
とか考えてましたw
次はちゃんとした登山デビューかな・・・?

DSCN5827_R
さて、大涌谷まではロープウェーを使います。
早雲山駅から出発。

DSCN5829_R
なかなかの高度感。
ガスの対策のせいか、ゴンドラ内は気密が高く通気口は上部にあるのみ。
お蔭で中は蒸し風呂・・・・とまでは、この時期では言わないけどかなり暑いです。
真夏だと文字通り地獄でしょう・・。

DSCN5831_R
10分弱で大涌谷に到着。
2015年6月の小規模噴火で閉鎖されていたエリアですが、7月末にロープウェーが開通してからは客足も徐々に戻りつつあるそうです。まだ大涌谷の上部や、ハイキングコースについては規制がかかっていますが、十分迫力ある噴煙を体感できます。

DSCN5833_R
あの煙突、去年のニュースでも散々流れていたやつですかね。

硫黄の臭いが立ち込めるこのエリアはやっぱり緊張感が多少あるものの、見応えも十分ですね。
それにしても外国人(特に韓国?)がやたら多くて、写真撮ってもらいたいんだけど日本語が通じるのかよくわからなくてちょっと困りました。

DSCN5839_R
なぜかカメラを向けられると緊張した表情になってしまう娘ですが、歩いているときはご機嫌そうでした。

DSCN5846_R
そしてお決まりの黒タマゴ。
1つにつき寿命+7年です。かなり怪しげな視線の娘。そりぁそうだw

DSCN5847_R
以前来た時は確かネットか何かに入れてタマゴをぼん!と温泉に浸けていたような気がするんだけど・・・
あの光景もまた見られるようになるんでしょうかね?

DSCN5854_R
大涌谷のあとはこれまたお決まりの芦ノ湖へ。
お目当ては前回入れなかった湖畔のイタリアン「La・Terrazza」。
DSCN5872_R
結構な人数が並んでいましたが、20分ほどで席に通されました。
このあとチャリ組12名とかが入ってきたのでタイミングが良かったのかも。

DSCN5865_R
しらすとトマトソースのピッツァはとっても美味。
前菜の箱根野菜のサラダ、もち豚のパスタも満足なお味。ちょっと風が強かったけどテラス席は気持ちいいですね。

DSCN5874_R
お昼の後はさらにド定番の箱根関所跡へ。
実は何度も箱根に来ていながら、関所跡に行くのは初めて。

DSCN5875_R
・・・まあ、500円は払わなくてもいいかな(個人的には)。
さっと見て、さっと撤収。

DSCN5878_R
やや物足りないので恩寵公園も行ってきました。が、こっちの二百階段が地味にしんどかったw
湿度も高かったので汗だらだら。

DSCN5884_R
娘もあちこち連れまわされてさすがに疲れたみたい。
ネックピローが全く意味をなさない体制で爆睡してました・・・w

DSCN5885_R
この後は、小田原にあるアウトドアショップ「SOTOSOTODAYS」へ。
実は開店直後にも一度行ったことがあるお店。
中はおしゃれキャンパー向けのグッズがわんさかですよ。
キャンプ用品メインなので、登山・トレラン系はほぼ無いです。
DSCN5886_R
そうそう、以前シュラフについて書いた記事でピックアップしていたISUKAのAIR180とほぼ同じスペックのナンガのUDD180DXを見つけました。
超撥水加工された770FPのダウンを180g使用、温度域はcomfortで11℃、limitで7℃、extremeで-6℃とISUKAの180Xとだいたい同じくらい。ダウンがUDD加工されているかどうか、という点で数千円お値段も高め。
しかしそのコンパクトさは目を見張るものがあります。
ちなみに、個人的にはUDDはさほど拘るところではないのですが、UDD加工されたダウンは同じFPでもUDD加工されていないダウンよりも保温力やロフトが高いそうです。濡れに強いので確かにそれは考えられるところではありますね。うーん悩ましい。。。


結局シュラフは買わず、先日洗い物をしてる時に折ってしまったLightMyFireのスポークを2本買って、SWの初日は終わりました。
そう言えば帰宅するまで雨降らなかったな・・・(この記事を描いてる土曜23時現在も・・・)
うーん(゜_゜)