拡張ストレージにも、小物を分けるパックにも。
DSCN5654_R
MountainLaurelDesigns Cuben Fiber Packing Cubes(L Size)
 
先日レビューしたatelierbluebottleのPAC-01、日々あれやこれやとパッキングを試しまくってます。
あれを詰めては出し、また詰めては出し・・の繰り返し。
何をそんなにやっているかと言いますと、何とかしてこのPAC-01でテント泊に行きたいと思ってまして。

とは言え、今の装備ではどんなに頑張っても食料がどうしても入らない。もっと言えばインサレーションも怪しい。
これじゃさすがに泊まりで山に入る気にもなれないなあ・・と思って、そんな時にふと気づいたのがこれ。
OG012-Compressor-Pod-Purple-Front-Angle-1000px_R
OMM Compressor Pod。

先日購入したGO PODと同時期にリリースされていたOMMの拡張ストレージ。
パックの運搬能力を上げてくれるだけではなく、その名のとおりコンプレッションまで出来るようになっているため、トレイルランニング等でもブレ難い構造になってます。なるほどね、これは確かに良く出来てる。
出来てるのですが、一つどうしても気に入らないのが、その縦型の構造。これ、パック前面に装着するとどんなパックでも「OMMブランド」見たいに見えてしまうんだよね・・・。それに、縦型にセットするとなると、PAC-01のせっかくの特徴的なデザインが損なわれてしまう。
DSCN5646_R
斜めに入った止水ファスナーとか、そのあたり。これは勿体ない。

という事で素直にキューベンのスタッフバッグか何かをバンジーコードで固定しようかと思っていたのですが、固定はともかく、いざキューベンの商品を手にしてみると・・外付けするにはかなり不安な強度!わかっちゃいたけどこれはちょっとなあ〜、と思って他の商品を探して見つけたのがこの「MountainLaurelDesigns Cuben Fiber Packing Cubes」という訳です。

で、早速想定している荷物をパッキングしてみました。
DSCN5656_R
左上から・・・
・OMM RotorVest
・Patagonia ALL WEATHER ZIPHOODY
・救急セット
・トイレセット
・OUTDOOR RESEARCH HERIUMJACKET
・マイクロファイバ―タオル

DSCN5655_R
一見きゅうきゅうに見えますが、多少まだ多少余裕あり。行動食若干なら入りそうです。

DSCN5654_R
こうなるわけです。
キューベンなので表面もさらさらしていて、バックパックにパッキングするにしても滑りやすくていい感じ。

DSCN5657_R
実測で約900g。
ありゃ、結構重たいな・・・。一応パッキングウェイトで5kg以下を目標にしてるんだけど大丈夫だろうか。

ちなみに、簡単にセットしてみるとこんな感じでした。
DSCN5658_R
なかなか良い感じ!
OMMのCompressor PodだとちょっとPAC-01の雰囲気には合わないし、コヨーテカラーのX-PACにはホワイトキューベンが良く似合いますね。

これだと、PAC-01の中は半分近く空きスペースが出来るので、食料等もパッキング出来そう。
ちなみにさすがにこのままでは簡単に落ちてしまうので、左右のループにバンジーコードかカラビナで固定できるようにするつもり。

もう気が付けば8月も終わり、来月半ばになればアルプスでも氷が張るような気温になる時期です。
早くこの装備で行けるうちに行きたいところ!

・・・あ、その前にちゃんと本来のデイハイクレビューももちろん、やります!