DSCN5085_R
本当、お久しぶり。

この週末、奥さんにお願いして貴重な2日間の山時間をイタダキマシタ。
日帰り、しかもほとんどお昼過ぎには下山してるハイクから比べれば天国のような・・・w
子育てがあると、仕方ない事ではありますが、なんというか、感謝、感謝です。

さて、行き先はというと、色々悩みましたが「奥秩父」にしました。

2011年から続く奥秩父主脈縦走のセクションハイク。
未だ空白の大弛峠→雁峠間を繋げれば、念願の完結となる。
いつか、セクションではなく一気に歩きとおしてみたいけども、この時期、そしてこのタイミングで出来る事としてはこれ以上の選択肢はなさそう。

それで、久しぶりのテント泊パッキングという事で早目に荷物チェックもかねてパッキング。
DSCN5081_R
今回悩んだのは防寒着をどうするかということ。
梅雨に入ってからここの所は気温が低めの日が続いてますが、この週末は久しぶりに真夏日が戻ってくるそうで。
それでも2,000m級の小屋でのテント泊、朝晩の冷え込みは侮れない。だいたい現在だと5〜8度程度の様子。
当初はOMMのRotorVestPatagoniaのALL WEATHER ZIP-NECK HOODYを組み合わせようかと思ったけど、この組み合わせは本来、行動中も使ってかつ停滞時も兼用できる、という点が美徳であって、今回のように行動中は着る事はないため、それならばウェアを2つにするより、MontaneのFireballSmog1つでインサレーションは賄ってしまった方が効率が良い、と判断しました。
もっと夏の盛りの時期なら、RotorVest1本でもよかったかも知れません。
DSCN5086_R
お留守番組。


DSCN5082_R
この時点でベースウェイトは約7.2kg。
あとはここに水が約2L、お酒が500ml缶+350ml缶の予定。だいたい3kgは追加、それにおにぎりも加わるから、やっぱり11kg位にはなってしまう。
うーむ、以前Fluid16でパッキングした時とはだいぶ差があるなあ。


とにかく、荷物の準備はだいたい出来ました。
アプローチやルートの情報も確認済み。
下山後の温泉はどうするかまだ決めてないけど・・・。そうそう、もしかすると日曜は雨の降りだしが早いかもしれない。その場合は徳ちゃん新道で降りてくるかなあ・・・。


くしくもスタートとなる下車駅は中央線の塩山駅。
3年前の初日は2時間の大寝坊をぶっこいて超慌てたっけ・・・。今となっては良い笑い話のネタだけど、今回ばかりは寝坊しませんように・・・!