久しぶりのソロハイク、ショートハイクで丹沢をちょろっとラウンドしてきました。
DSCN4551_R



 2016年になって2月ももうすぐ終わり。
そろそろ山へ行きたいとうずうずとし始めるころです。とは言え、相変わらずあまり時間をかけられるわけでは無いので短時間でさっくりと山を歩けるルート・・・・・。
となれば、あそこが良いかな。

 →丹沢表尾根セクションハイク(ヨモギ尾根ボスコルート→三ノ塔→ニノ塔)


 短時間とは言えマイナールート故の静かな山歩きに、解放感抜群の尾根歩き、それなりにガッツリとした急登あり、そして人気の表尾根もかじれるルート。これしかない!
ここのところの春のような陽気と雨のせいで雪の無さも心配していたけど、幸い水曜木曜と雪が降ってくれたようで多少はスノーハイクも味わえるはず。

という事で、天気も安定した土曜の早朝、自宅から車でヤビツ峠へ。
DSCN4527_R
基点となるのは、ヤビツからさらに先に進んだ元・富士見山荘跡周辺。
ちなみに、左手にある建物がトイレですが、今回は使用可能でした(大も小もOK)。去年来た時は使えなかったんだけどなあ・・。
せっかくなので所用を済ませて、7時18分、出発。これ、偶然なことに去年とまったく同じスタートタイムでした。

DSCN4530_R
前回来た時はヘリが停めてあったスペース。
この日はありませんでした。

DSCN4531_R
懐かしのボスコオートキャンプベースには7時26分着。
ここから場内を奥へと進んでいきます。

DSCN4533_R
冬季閉鎖中のひっそりとした場内。
所々にユンボがあったり、改装中な雰囲気も。

DSCN4539_R
DSCN4540_R
場内にある登山口に到着、ささっと準備して7時32分、出発。
前回の大山ハイクから1か月ちょっとぶりのハイキング。自然と足取りも早くなってしまうわけです。

DSCN4542_R
多少ザレて歩きにくい作業道。
昨年来た時より伐採などの作業が進んでいるようで、ルートが変わっていました。
一部登山道がなくなっている箇所もあり、ちょっと混乱するかも。
自分は面倒なので直登で上がっていきました。

DSCN4543_R
背後からはだいぶ高く上がった太陽の光。
本当はもっと暗いうちから歩くつもりだったんですけど・・・ちょっと寝坊しましたw
それにしても明るくなるのが早くなりましたね、ひと月ちょっと前は6時半でも真っ暗だったのに、今はもうヘッドランプ要らずですもんね。。。

実はこの写真を撮った辺りでちょっとしたハプニングが。
次の写真を撮ろうと思ったら、なんとメモリーがいっぱいです、のエラー!
過去の写真をほとんど消さないでSDカード上に残していたのがまずかった←あり前ですが(汗
急いで不要な写真を見繕ってなんとか100枚分の空きを確保。お蔭でちょっと時間ロスしちゃいました。
まあ、急ぐわけでもないですが・・・。

DSCN4544_R
作業道脇には昨年も見てびっくりした霜柱の壁!
まるで毛が生えてるみたいに見えます。

DSCN4546_R
陽の光を受けて少しずつ溶けだしているのか、写真を撮っている間にもパラパラと霜柱が上から落ちてきていました。

DSCN4547_R
さて、何個目かの作業道の曲がり角に差し掛かると、↑の写真のように木の幹に張り紙がしてあります。
読んでみると・・・
DSCN4548_R
どうやら、この先は作業道を進むのではなく、尾根筋に沿って直登していくようです。
作業道が開拓されるにつれてルートが変わっているのでちょっとここは注意が必要ですね。
ヨモギ尾根のボスコルートは道標が基本的にはありません。こういった張り紙やピンクテープを見てルートファインディングをしていく必要があります。それがまた楽しい訳でもありますが、何も知らずに無邪気に入り込んでしまうとちょっと危険かも。
あとはある程度地形を読めるスキルがあると安心なのですが、原則「尾根筋を外さない」です。
山腹をトラバースするようなルートは殆どありません。

それにしても、この作業道、どこまで上がっていくんだろう・・・。
登山道がどんどん削られているような気がしてちょっと心配。

DSCN4550_R
作業道から少し直登すると、次第にトレースがはっきりとした尾根筋に入ります。
ここまで来るとだいぶ安心。多少トレースを外しても「尾根筋」ルールを守っていけばOK。

DSCN4552_R
丹沢って、一部のルートに結構ハイカーが集中しているのでちょっとマイナーなルートに入ると一気に人気がなくなる訳ですが、それでも数人は歩いていたりします。
が、この時期のボスコルートは本当に静かで誰にも会わない。
静かなトレイルを独り占めできるわけです。もう最高に気持ちが良い!

DSCN4554_R
少し進み日陰の部分にはまだ雪が残っていました。
と言っても2〜3cm程度。さらさらの雪なのでこのまま進みます。
足跡は小動物と思われるもの以外は無し。人の足跡は自分がどうやら降雪後は一番乗りみたい。

DSCN4555_R
鹿の足跡を追いかけて。
そう言えば去年来た時も鹿の足跡を追って歩いたような。

DSCN4556_R
日当たりのよい斜面は殆ど雪も無し。
それにしてもキレイな青空。いい天気の日に当たってよかったな〜。
ここの所仕事も忙しかったし、ちょっとはご褒美かな〜。

DSCN4557_R
もしかしたらこの冬は雪を踏まずに(ハイキングで)終ってしまうかもなあ、と思っていたけど、良かった・・・!

DSCN4559_R
背後に見えるのは大山の山頂へと延びるイタツミ尾根の稜線。

DSCN4562_R
3つ目の鹿柵(2つ目はかなり壊れているので分かりにくいけど)を過ぎると、ヨモギ平はもうすぐそこ。

DSCN4566_R
8時10分、約1年ぶりのヨモギ平に到着!
相変わらずの開放感がタマリマセン。

DSCN4570_R
向かいには新大日のピーク→長尾尾根の稜線。
雪はあっちの方が多そうですね。
久しぶりに長尾尾根も歩きたいなあ。あの下りはかなりエキサイティング・・・!

DSCN4571_R
右手には札掛方面の尾根ルート。そう言えばこっちも歩きたいとか言いながら結局まだ歩けてない。
今年は行けるかな・・・。

DSCN4573_R
誰もいないヨモギ平でしばし休憩&写真など。
それにしても気持ちの良い空間。シートでも引いてごろ寝したい気分ですな〜。