2月11日〜12日と、長野へと小旅行へ行ってきました。
DSCN4402_R


当初の予定では、嫁さんが4月から職場復帰する前に一度宮城にある嫁さんの母方の実家へ娘を連れて行こうか、というものでした。
が、直前になり先方の都合が悪くなってしまい、でもせっかく休みを取る予定だしどこか行こうか・・という事で、以前から行きたいと言っていた長野・戸隠を目的に変更。1日目は移動がメインになるので長野から渋温泉を観光し、2日目に戸隠へと向かうプランとしました。

11日木曜日。
この日は建国記念日という事もあって朝から高速はそれなりに交通量が多かったようです。
出発したのは8時半ごろ。予定では圏央道から関越→上信越で長野に向かうつもりだったのですが、車内のラジオから流れる交通情報によると鶴ヶ島で早くも事故渋滞が15km。圏央道に乗るころには19kmに伸びていたため、中央道回りに変更することに。こちらからだと関越回りの方が距離が短く済むのですが、まあ仕方がない・・・。
中央道は関越よりも交通量は少ないのでドライブ自体は超スムーズ。
途中、双葉で娘にご飯を食べさせたりで1時間ほど休憩し、梓川SAに着いたのが 11時50分ごろでした。
下りの梓川SAに立ち寄るなんてもう十年ぶり以上な気がする・・・。
しかも昼間の明るい時間なんて初めてかも。
DSCN4402_R
 梓川SAにある展望台からは北アルプスがどーん!
雲一つない冬晴れの空に白い稜線がどこまでも続いています。そうそう、途中の南アルプスもこれまた見事だったのですが、残念ながら写真は撮れず・・・。

DSCN4404_R
電線がちょっとかかってしまったけど、雪化粧した常念岳〜横通岳。常念山脈はまた歩きに行きたいところ。
一番美味しいルートがずっとガス&雨だったもんなあ・・・。

DSCN4406_R
後立の稜線もばっちり。
去年タカさんやtsujioさんたちが歩いていた五竜〜鹿島槍やその奥には白馬三山、手前側には針ノ木〜スバリ岳〜赤沢岳の稜線も。もし、今年時間が取れるようなら3泊くらいかけて扇沢〜立山〜内蔵助〜黒部のラウンドをやってみたい、とか密かに企てていたり。。。

その後も順調に長野道を進み、12時半ごろに長野駅に到着。お昼時なので前から食べたかった信州サーモン丼を食べに駅前のWingsというお店へ。
DSCN4410_R
信州サーモンとはニジマスとブラウントラウトを交配して養殖した品種。
サーモン=鮭、という訳では厳密には無いのですが、オレンジ色の身はまさにサーモン。本家の鮭よりもさっぱりとした味わいで、歯ごたえもあるしっかりとした身がとても美味しい逸品でした。

お昼を済ませるともう時間は14時過ぎ。
この日は時間次第では先に善光寺に行こうかとも思っていたのですが、善光寺なら戸隠の帰りに寄れるので何とか頑張って渋温泉へと向かいます。と言っても高速を使って行けば長野市内からも40分ほど。

DSCN4415_R
15時過ぎに渋温泉到着!
おお、ここがあの有名なところ・・・。雪も少し残って雰囲気も良いです。
そうそう、今回の旅では終始道路は凍結も積雪もほぼ無し。そのお蔭でかなり運転は楽でした。

DSCN4417_R
渋温泉にある大型の駐車場に車を停めて温泉街をぶらりと歩きます。
いきなり目に飛び込んできたのがなんともノスタルジックな射的場。他にも無料卓球場なるものがありました。
温泉のド定番も楽しめるみたいで。

浴衣姿で歩く人や、湯めぐりをしている人、外国からの観光客もかなりいましたね。
多分志賀高原が近いので、スキーと絡めて温泉を観光に来てるのでしょう。なんともうらやましい!

DSCN4420_R
今回渋温泉でみたかったのがこの旅館「金具屋」。
有名な写真では夜のものが多いですかね。あのジブリの名作「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったとも言われている旅館です。あの湯屋、道後温泉も同じようなこと言われてますよね・・・どうやらブレンド湯屋らしいです。

DSCN4427_R
金具屋だけではなく、温泉街はぶらりと歩くだけでもその情緒溢れる風景に触れる事が出来ます。
何だろうなあ、こういった風景が落ち着くようになったのは年を取ったせいか・・・w
でも良いものは良いんです!

DSCN4434_R
温泉街の一番上にある「温泉寺」。
山門前の階段にはビニールで覆いが作られていました。多分、雪が積もると凍結などで階段が使えなくなるから・・・ですかね。ちなみにこの脇の道からあの温泉に入るサルで有名な地獄谷温泉へと道が続いています。
が、この時期は冬季閉鎖。残念・・・!

DSCN4437_R
温泉寺。各地に点在する武田信玄の隠し湯の一つだそうです。
あの有名な川中島の合戦の際、兵が傷をいやした場所ともいわれているそうで。
本堂は建て替えられたらしくとてもきれいでした。

DSCN4440_R
寺の塀に積もる雪。

DSCN4448_R
ふらりと立ち寄ったお土産屋さんで温泉まんじゅうをひとつずつ。
左はオーソドックスな温泉まんじゅう、左は胡麻そば味。これがめちゃくちゃ美味しくて、食べ歩き用に買ったのですがお土産にも購入することに。お土産屋さんのおばあちゃんに「とても美味しかったのでお土産に2パックください!」とお願いしたら、おばあちゃんのおやつ?だった雷鳥の里的なお菓子をくれましたwこれもまた美味しかった!
おばあちゃんには娘がおっきくなったらまた来るね、と約束してお店を後にしましたよ。とても優しい方でした。

DSCN4444_R
路地裏で飼い主?のおばちゃんに後をトコトコと着いて歩いていたコーギー。なんかかわいくてほっこりした1枚。

DSCN4449_R
この日は気温も高めで、軒下に伸びる氷柱からも解けた水がぽたりぽたりと落ちていました。

DSCN4453_R
しぶざるくん。
そう言えばサル、見なかったなあ。

DSCN4457_R
たっぷり1時間以上のんびりと温泉街を満喫。
ちょっとコストをケチって長野駅周辺のビジネスホテルにしちゃったけど、次に来るときはここで1泊したい。
温泉入って、ゲタと浴衣でからんころんと温泉街を歩くのはオツでしょうね。とても良いところでした。

渋温泉から長野市内に戻りホテルへ。
この後が大変でした・・・環境が変わったせいか、娘のご機嫌が超ナナメ。
とにかくギャン泣きで嫁さんでないと泣き止まない始末。娘にとっては初めての一泊旅行。
長時間の車移動に、終始抱っこされっぱなしでゴロゴロも出来ず、いつもと違う部屋に入りストレスも最高潮だったのでしょう・・。
事前にTwitterやLINEでおすすめのお店を聞いていたのですが、結局行けなくて・・・。
長野駅ある「明治亭」という、ソースカツ丼のお店へ行くことに。
DSCN4458_R
注文したのは馬刺し定食と厚切り牛タン定食でしたがw
それでもなかなかのお味でした。何よりボリュームも満点。そして駅構内にあるお店なので禁煙で、子連れでも安心でした。これはこれで良かったかなと。

この日は結局350劼曚匹魃薪勝
運転しているときはさほど疲れていなかったのですが、ホテルに戻ってホッとしたらやっぱり疲れていたみたいでした。
DSC_0765_R
2日目は念願の戸隠へと向かいます。
おやすみなさい・・・。