気になるものは気になる、2016に登場するNEWモデル。
今回はバックパック編。
 681178_SULF_Speed_30_Pack_Front_web_R


現在、自分がメインで使っているバックパックは

無雪期〜積雪期テント泊→atelierbluebottle PAC-03 
日帰りハイク→atelierbluebottle PAC-S
スピードハイクorラン→MountainHardWear Fluid6

といったラインアップ。
以前使っていたOSPRAYのAtmos50はオクで売却済み、BlackDiamondのRPMは手放せないモノとして保管中。
最近では短時間のハイクが増えてきたためもっぱらFluid6ばかりが出番ですが、今年はPAC-SとこのFluid6の間を埋めるサイズが欲しいなあ・・すなわち15L前後の容量ですね。
ちなみにFluid6、2016S/Sではカタログ落ちしてました・・・うーん、サイズが微妙過ぎたんだろうか。
あのサイズのラン用のパックは貴重だと思うんだけどなあ。ぜひ復活させてほしいです。

で、今年はどんなモデルが出るんだろうとあれこれ調べていて、気になったバックパックをいくつかピックアップしてみました。全然15Lじゃないものも入ってますけどw


◆BlackDiamond SPEED30
681178_SULF_Speed_30_Pack_Front_web_R
ガレージ系のバックパックを使うようになってから、マスプロダクトにはあまり目が向かなくなっていたのですが久しぶりに見るとやっぱりいいですね。いい意味で発展途上だったり、ユーザーの介入出来るところがあるのがガレージ系ULブランドの良いところだとしたら、マスプロダクトは完成された安心感、信頼感があります。
中でも長年お気に入り?なのがこのSPEED30。気に入っているなら買えば・・?ってことなんでしょうけどね。
このクライミングパックらしいシンプルさと、それでいて決して控えめでもない主張のあるデザインは何度見てもカッコいい。ARC’TERYXのALPHA FL30も通ずるものがありますが、個人的にはこっちの方が玄人ぽくて好きです。
2015モデルからは細かい部分のブラッシュアップがされているようですが、重量や容量に変化はなし。
しかし値上がりましたね・・・以前は1万2〜3000円くらいだったと思うんですけど。このサイズは手の出しやすい価格で提供してほしいものです。がんばれロストアロー!

ちなみに兄弟モデル?で「SPEED ZIP 33」というモデルも新しく追加されるようで。
681181_OCTN_Speed_Zip_33_Front_web_R
こちらは雨蓋無しのZipタイプ。RPMとかと同じ形ですね。
SPEED30は雨蓋を外すことで軽量化することができますが、こちらは脱着不可。
しかし行動中のパック内へのアクセスはこちらの方が楽なので、使い方次第ですね。


◆MountainHardWear Fluid RacePack
こちらは定番ベストパックのニューカラー。
2015モデルのブルーも良かったけど、今年のカラーもなかなか

mhw02
↑こちらはIceShadow

mhw03

↑CyberGreen

Fluid6があるのでいいんですけど、夏場であればこちらでも十分行けそうなので良いかも。
何より、サブバック代わりに使うにはこっちの方が軽量・コンパクトで使いやすいんですよね。。。
買うならIceShadowかなー。

おなじくMHWで気になるモデルが。

mhw01

スクランブラーRT35OutDry

MHWは今年殆どのモデルがOutDryを採用してますね。
保護層、防水透湿メンブレン、インナーと一般的には3層になるGORE-TEXと異なり、OutDryは防水透湿メンブレンが外側に配置されているため、より軽量化できる、というもの。加えて、GOREモデルは水を含むと重たくなってしまうのですが、OutDryは表面で水をはじいてしまうため、理論上では水分を含まないため重量増がありません(または軽微)。そう言えばGORE-TEXを採用しているバックパックってあまり見ないですよね。
で、バックパックが防水化されるメリットは、不意な雨でもわざわざバックパックを下してレインカバーを着けて・・という手間が省略されます。当然濡れたレインカバーを持ち歩く必要も無し。あとは濡れに強いので冬季のクライミングなんかでも、バックパックが濡れて凍ってガチガチに・・・なんてリスクも多少は防げるかも知れません。
何より、デザインも好みなのでこれは是非店頭で触ってみたいモデルです。


◆UltraSpire ZYGOS2.0
1510aszygos
あの日本人トレイルランナー山本健一さん(通称ヤマケンさん)との共同開発モデルだそうで!
これ、めちゃ気になります。
容量も15L、2015モデルからよりレースシーンにフィットするように細かいパーツがアップデートされています。
ただ・・UltraSpire、なかなかいいお値段するのよね。ULTIMATE DIRECTIONもそうだけどこの手のベストパックは本当高い。まあシグネチャモデルみたいなものだから仕方ないんだろうけど。
ちなみに背負い心地・フィット感では個人的にUltraSpireが一番好き。UDはカッコいいから欲しいんだけどどうも体にフィットしないんですよね。FASTPACK20も結局それもあって諦めたし。。。
なのでZYGOS2.0はとっても気になります。買えないけどw


その他にもMONTANEのVIA Trailシリーズとして展開されるパック類のアップデート、ULTIMATE DIRECTIONもベストパックの新作・アップデートモデルを展開するようですね。
何となくですが、去年辺りからファストパッキングを意識したモデルが多くリリースされてきていて、ベストパックも20L前後の容量が一通りそろった感があります。
今年はその軽量化・コンパクト化がより進み、容量は20Lから15L前後にシフトする様子。
このレンジのモデルは注目してみていきたいですね。

そして・・・すでに一部の雑誌などでリリースされているのでご存知の方も多いと思いますが、atelierbluebottleさんからも15L前後の小型パック「PAC-01(仮)」が登場予定。
こちらも非常に気になる・・・・!早くじっくりとモノがみたいところです。