2016年1発目、OMM RotorVest。
DSCN4259_R
 

2015年の忘年会ハイクで七ツ石から先の石尾根を歩いているときの事。
風がかなり冷たく、しかも強め。しかし気温自体はそこまで低くないためハイクアップしていると暑いのですが風が当たると寒い、という状況で、その時はキャプ4フーディの上にシェルを1枚羽織って凌いだのですが、透湿性の無いシェルは風は防いでくれるもののやはり熱が籠りやすく、ややオーバーヒート気味になってしまいました。

本来、このようなシチュエーションではソフトシェルがマッチしているのでは、と思います。
しかしながら、ソフトシェルに対しては、あくまで個人的な意見ですがメリットよりもデメリットが目立ってしまいネガティブな印象。前述のような状況では良いのですが、それ以外の、例えば樹林帯の時は不要であるためバックパック内に仕舞っておくことになるでしょう。しかしそうなるとどうしても嵩張ってしまう。
薄手のものもありますがそれであればウィンドブレーカー的なシェルの方が用途がはっきりしているうえに軽量だしコンパクト。

まさにこの時思ったのが、『行動中に積極利用できる化繊ベストがやっぱり欲しい・・・』という事。
前述のような状況でいえば体幹を保温し、腕周りから余分な熱を放出することでオーバーヒートを防ぐ事が出来るはず。化繊ベストであれば発汗による湿度でのロフト低下も気にせず着用できる。
・・・と、もう幾度となく考えていた化繊のメリットを改めて実感した、という訳です。

そこで、今年1発目のギアはこちら。
DSCN4260_R
DSCN4265_R

OMM RotorVest(ローターベスト)。

今までも化繊ベストではあれやこれやと検討に検討を重ねてきたのですが、最終的にベストとしての特性を生かしたものとして個人的にピックアップしたのはPatagoniaのナノパフベストと、そしてこのOMMのローターベストです。
ナノパフベストについてはもはや語る必要もないくらいの名品でしょう。
クライミングの停滞時にしっかりとした保温を確保できるように作られたその構造は理にかなった素晴らしいものです。こちらはどちらかと言えば、運動負荷がそこまで高くない一般的なハイキングや、停滞時の保温着として優秀なベスト。

対してOMMのローターベストは真反対で、行動中に着てこそそのメリットが活きるベストでしょう。
無駄を省き、徹底的に軽量化された構造はそのブランドコンセプトを象徴するようなもの。例えば
DSCN4258_R
胸元に作られたメッシュポケット。ポケットとしての機能を考えるのであればこんなところにポケットがあっても使いにくくないですか?良くある構造として、左側にオフセットされた形で配置されていたり、ハンドウォームを兼ねたポケットが左右腰上に着いていても良いでしょう。
しかし、ここは軽量化に降った結果の構造。胸元のジッパーの延長線上にポケットの口を配置すれば、その分だけ縫い目や裁断による生地増加を抑えられます。さらに、ここはパッカブルになっています。
使う使わないは別として、ポケットと言えるものはこの1つだけ。

DSCN4253_R
結果、重量はカタログ値では135g、実測値では120g(Mサイズ)でした。ちなみに↑がパッカブル状態のもの。

DSCN4263_R
中綿には定評のあるPrimaloftの中でもさらに保温力と密度の高いGoldを採用。
中綿量は約40gと、そこまで多い訳ではありません。この量がオーバーヒートさせず、必要最低限に保温力を確保しているポイントでしょう。

DSCN4262_R
シェル素材には熱伝導に優れたPointZeroファブリックを採用。中綿に素早く体温を伝達させることで保温力を確保します。実際来ているとじわじわ・・と暖かくなってくる感じ。
もちろん防風・耐久撥水加工(DWR)済み。

DSCN4261_R
また、少しでも保温力を向上させるためにジッパー部分にはフラップ付。これがあると無いとではかなり保温力が変わってきます。

DSCN4264_R
裾の部分はドローコードで調節可能。ただ、サイズがかなりタイトなのであまり使う事はないかも。さらに軽量化するなら部分的にゴムシャーリングにしてしまってもいいかもしれません。

DSCN4256_R
DSCN4257_R
他のインサレーションとの比較。
左:MONTANE FireballSmock
中:OMM RotorVest
右:TNF アコンカグアベスト

こうしてみるとかなりコンパクトである事が分かります。
ちなみに重量はFireballSmockが272g、RotorVestは前述のとおり120g、アコンカグアベストは222g(いずれも実測値)でした。
FireballSmockのみ形状が異なるため純粋な重量比較ではありませんが、今までのデイハイクでも保温着としてはこのFireballSmockを持って行ってました。これからはRotrVestにバトンタッチしそう。Fireballはテント泊の停滞時用かな・・・。

先に少し書きましたが、着用した感じはかなりタイトです。
タイトなのですが体は動かしやすく、ハイキングはもちろんトレイルランニング、クライミングでもストレスを感じることはないでしょう。
見た目もスリムなので、上からシェルを羽織ってもゴロついたりしなさそう。

▼2016/1/3写真・文章追加
DSCN4271_R
DSCN4272_R
自分が着てみたところ。
体に沿うようにベストが密着するので、中綿に体温が伝わる速度が速いです。この辺りはナノパフと同じですが、暖かさを感じる速度はRotorVestの方が早い感じでした。脱ぎ着の際、首回りや腕を通すところ、腰回りが本当ギリギリなのでちょっと神経は使いますが、そのお蔭で保温力を逃しにくくなっているようです。
身頃は比較的余裕があるので、動きにストレスはあまり感じません。
----------------------------------------------

ただ、脱ぎ着は結構神経使いますね。ベストとはいえプルオーバーなので頭からかぶる感じなのですが、まず両手を少し通してから、頭を入れるようにしないと上手く着られません(三条の湯で友人が実演してくれました。最初片手から通そうとした自分は着られなかった・・・)。
自分は身長170cmでガッチリ体型ですが、Mサイズがぴったり過ぎでした。

何より軽量・コンパクトであること。
そしてそのスペックに見合った保温力を持っている事。
今シーズンは本当に暖冬ですが、だからこそ必要最低限の保温力を確保できるローターベストは、まさに個人的には理想の化繊ベストです。
これなら夏場の保温着、冬季のブースターとしてもかなり使えそう。
近いうちに実践テストしてくる予定です。