12月19日〜20日と、忘年会ハイクへ行ってきました。
DSCN3912_R


 

師走半ばを過ぎて、今年も残すところあとわずか。
今年は娘が産まれたこともあって、夏以降はあまり山には行けなかったのですが、それでも〆たいものは締めておきたいわけで。
1年前にも行った、三条の湯へと行ってきました。
忘年会メンバーはtsujioさん、タカさん、ユウさん、ケンちゃん、まんもと自分の6名。
今回はルートを分けていて、自分とまんもは鴨沢から雲取山を経由し、水無尾根で三条の湯へ。
tsujioさん、タカさん、ユウさん、ケンちゃんはお祭りから後山林道で三条の湯へアプローチします。

自分達のルートは、比較的ガッツリ歩くルート。というのも、やはり今年はなかなか山に行けなかった二人なので、行けるときは出来るだけしっかり歩きたい・・・という理由が一番でした。あとは、三条の湯へのアプローチで少しバリエーションを持たせたかった、というものあります。

しかし。
ハイク直前に二人ともが風邪を引いてしまうという始末。お互い咳に鼻水がイヤ〜な感じです。
ぎりぎりまで悩みましたが、幸い重症化することもなく回復傾向だったためハイクは決行。念のため、途中の奥多摩小屋までにするか、もしくは撤退もありうることを後山組に伝えたうえで参加することにしました。
それにしても、体調悪い二人が一番キツイアプローチって・・・。

DSCN3910_R
19日の早朝、まんもをピックアップして奥多摩へ。
鴨沢バス停前にあった駐車場は現在使えないし、小袖乗越も所畑からの狭い林道を上がっていくのがしんどいな、という事で留浦に車を停めました。
到着したのは6時前。さすがにピークを過ぎた奥多摩はどこかひっそりとした雰囲気。

DSCN3913_R
留浦から鴨沢は歩いても10分ほど。
鴨沢のトイレ横の東屋で準備を整え、6時53分、いざ出発。
DSCN3916_R
鴨沢からのルートは、雲取山へのアプローチとしてはあまりにも有名過ぎて、自分も幾度となく歩いたルート。
本来であれば面白味も何もないわけですが、引越しして以来あまりくることの無い奥多摩で、かつ山自体が本当に久しぶりだったこともあって、かえって新鮮な気持ちで歩けたような。

DSCN3919_R
20分ほどで小袖乗越到着。
やっぱり駐車場はほぼ満車状態。この日は雲取山荘でクリスマスパーティもあるし、何より快晴の土曜と来れば山納めに来る人も多いのでは。。と思っていたのが的中でした。
留浦で良かったかも。。。

DSCN3932_R
相州アルプスランをしたときは、これから紅葉の良い時期なんだよな・・・なんて書いていた気がしますが、奥多摩はすっかり葉が落ちて冬枯れの景色。高くなった朝の太陽が落ち葉のトレイルを明るく照らします。

DSCN3937_R
それでも、トレイル脇にはしっかりと冬の足音。
立派な霜柱があちこちに。踏みしめる音は落ち葉なのか、霜柱なのか。

DSCN3940_R
8時39分、堂所通過。
お互い久しぶりの山、しかも冬のテント泊装備なのでのんびりと歩きます。

DSCN3943_R
マムシ岩の少し先からは富士山がばっちり。
一昨年はこの時期大雪で、真っ白な額縁みたいな富士山が見られたなあ。

DSCN3948_R
9時24分、なんだかんだで良いペース。
お久しぶりの七ツ石小屋にて小休止。

DSCN3954_R
風も穏やかで、昼寝でもしたくなるような快晴。

DSCN3960_R
一休みしたら七ツ石山へ。
もちろん巻きません!そう言えば、二人して不思議だったのが、歩いていると咳も収まってるのですが、とまったり休憩していると出るという・・・。
多分、山欠が原因だったんですねw

DSCN3962_R
石尾根に合流。
鷹ノ巣方面は雪はほとんどついてないですね。これなら歩きやすそう。

DSC_0551_R
10時4分、七ツ石山到着。
少し風が出てきて、若干寒さを感じます。

DSCN3969_R
これから向かう雲取山方面。

そう言えば、奥多摩で初めてのテント泊に来た時もまんもが一緒でした。
あの時は全然へろへろで、途中何回大休止したか分かりません。
しかも七ツ石山の巻き道を歩いているときにシャリバテなって歩けなくなった記憶が・・。
鴨沢から雲取山へ、途中の山小屋にテント泊とかしないで行くとのはその時以来かも。
その頃から比べれば荷物も軽くなったし、歩き方のコツとか、体力とか、色々成長したんだなあ、としみじみ。

DSCN3979_R

DSCN3981_R
七ツ石を一気に下ってブナ坂から石尾根縦走路へ。
やっぱりここは開けてるし歩きやすいし、安心感と開放感は抜群!

DSCN3988_R
10時47分、奥多摩小屋に到着。
この日はまだテントは1張のみ。しかし登り納めのことを考えるとまだまだこれから一気に増えそう・・・!
ロケーションの良さは奥多摩でも一番気に入っているテント場ですが、今日はスルー・・・。

DSCN3983_R
奥多摩小屋からは富士山はもちろん、ここ数日で一気に白くなった南アルプスの姿も。
右端は北岳、その左は間ノ岳、雲に隠れた農鳥と、左側にある3つは塩見岳、荒川岳、聖岳、辺りですかね?

DSCN3993_R
奥多摩小屋から先は急登が続きます。
とは言え、距離自体は短いのでゆっくり・・。

DSCN4007_R
見えてると見えてないじゃテンションが20%くらい違う富士山。

DSCN4010_R
山頂、見えてきました。
結構な人数が既に休憩中の様子。皆さん早いね・・?
DSCN4015_R
11時49分、これまたお久しぶりの雲取山へ到着!
雪が着いてなければ4時間ちょっとで山頂まで来れるんですね。日帰り装備にすれば日帰りは余裕かも。
いずれチャレンジしてみようか・・・。

DSCN4017_R
この後は山頂の避難小屋で軽くおにぎりとコーヒーを飲んでお昼替わりに。
ちなみに、山頂のトイレは大・小ともにまだ使えるようでした。
これからは大のみになるのかな?それにしても結構風が冷たくて、MHWのシェルとパタのキャプ4の組み合わせでは結構寒かったです。
初めてソフトシェルが欲しい・・・と思ったかも。

DSCN4022_R
休憩を済ませ12時24分、三条の湯へ向けて出発です。
早く温泉に浸かってゆっくりしたい・・・!