霜月のはじめは、低山ランから。

 DSC_0456motiage_R


相州アルプス。
宮ケ瀬ダムの東側にある高取山〜仏果山〜経ヶ岳を結ぶ稜線をそんな風に呼んでいるそうです。
『●●アルプス』と言うと、もちろん北や南や中央が入る事が多い訳ですが、そんな雄大なアルプスにあやかってつけられている、いわば『ご当地アルプス』とでも言った感じでしょうか。
『沼津アルプス』や『飯能アルプス』、『須磨アルプス』辺りは『ご当地アルプス』でも有名どころ。
そんなご当地アルプスが自宅から3〜40分のところにあり、それが今回の相州アルプスという訳です。
以前、ペロさんのインスタでめちゃくちゃ気持ちよさそうに里山ランをしている写真が上がっていて、それ以来行ってみたいと思っていたのですが、11月の最初の日、そのペロさんのお誘いで機会を得ました。

今やウルトラランナーと言っても過言ではないペロさん。
もちろん最初から食いついていこう、などとは思わず、むしろ後からペロさんのラン姿を見て色々と盗ませて頂こうというのも目的だったりw
それにしてもペロさんと山を歩くのは本当久しぶりで、去年GWの鷹ノ巣以来。
お互い子持ちで忙しい身でもあるわけで、日曜の早朝5時に現地近くのコンビニで待ち合わせ、1台を下山口にデポしてもう一台で登山口へと向かいます。
DSCN3606_R
まだ薄暗いスタート地点。
ヘッドランプを装着して5時32分、出発です。

DSCN3613_R
暫くは樹林帯をスイッチバックで登り、途中林道を抜けたあたりでだいぶ明るくなってきました。
DSCN3615_R
さらに登ると東の空が徐々に赤く。

DSCN3621_R
最初のピーク、高取山の手前にはとても雰囲気の良い広葉樹のトレイルがあります。
あと半月も経てば見事な紅葉が見られそう。

DSCN3633hosei_R
稜線までの登りはさほど飛ばさず。
6時14分、高取山山頂に到着。
ちょうどいい感じに太陽が顔を出してくれました。

DSCN3638_R
相州アルプスのモルゲンロート。
街並みも徐々に明るくなってきました。

DSCN3641_R
高取山の山頂には展望台があって、登ってみるとなかなかに見事な展望です。
ここはぜひ登ってみてほしいところ。
DSCN3643_R
宮ケ瀬ダムと大山〜丹沢の山並み。

DSCN3650_R
高取山からは変化に富んだ稜線が続きます。この辺りからラン開始。

DSCN3660_R
走ってるとあっという間の仏果山。
ここで小休止してさらに進みます。

DSCN3666_R
仏果山の先はややタイトな痩せ尾根が続きます。
写真ではわかりにくいですが、ザレている上に尾根も細く、ここは慎重に。
相州アルプス全体でいるのは、ザレ場が多い事。特に下りでは結構足を取られるケースが多かったので油断は禁物です。

DSCN3668_R
南側の斜面は徐々に色づき始めている感じ。もう少しすれば色鮮やかな山肌を眺められそうですね。

DSCN3672_R
フラットもあり、ダートもあり、岩場もあり。低山だからといって甘く見られません。かなり楽しいコース!

DSCN3676_R
激下りもあります。しかもスリッピー。

DSCN3680_R
半原越。ここで一旦林道と交差します。
ここから経ヶ岳方面へと向かう訳ですが・・・

DSCN3683_R
この日イチきつかった、階段!
温存していたつもりの下半身のHPが一気になくなりましたwにもかかわらずグイグイ登っていくペロさん。
なんていうか、馬力、というかトルクが違いますね。同じ100馬力だったとしても、排気量が1,000cより2,000佞諒がトルクがあって余力がありますし・・・そんな感じ。

DSCN3689_R
激登りを過ぎるとご褒美フラット。
短いですが気持ちの良い尾根筋です。

DSCN3706_R
DSCN3721_R
もっと秋が深まれば、落ち葉をサクサクと踏み鳴らしながら走れるんでしょうね〜。

DSCN3724_R
再びの激登り。
これがかなりの試練でした・・・。

DSCN3726_R
で、経ヶ岳に到着。7時39分です。
DSCN3728_R
経ヶ岳山頂からの風景。
稜線は木々に覆われているので展望はあまりありませんが、所々こんな風に開けたところがあって、ふっと一息つけます。

DSCN3730_R
この日は経ヶ岳から田代方面へと降ります。
この先、さらに南側に伸びる尾根を進むと厚木の荻野市街へと抜けられるそうで。
いずれ走ってみても楽しそう!

DSCN3733_R
8時11分、下山口にデポしたペロさんカーのところへ戻ってきました。

相州アルプス、低山とはいえかなり変化があって走りごたえのあるルートでした。
特に早朝に2時間ちょっとで降りてこられるのはお手軽だし、人の少ない時間帯なので気持ちよく走れます。
以前から気になっていたルートだけに、ペロさんに誘われて開拓できたのは大きな収穫。

自分としては、いよいよ1年を通して一番好きな季節に入ってきました。
この時期は低山が本当に楽しい。紅葉と落ち葉のトレイルは大好物です。丸一日かけるのもなかなか難しいのですが、このくらいの短時間で回れる、ランというかスピードハイク的なスタイルはやはり自分のような子持ちハイカーには親和性抜群ですね。
こういったルートをもっと、今後も開拓していきたいです。
ペロさん、ありがとう!また近郊の里山ラン、走りにいこう!


◆登山データ
高取山登山口発(5:32)→高取山山頂(6:14)→仏果山(6:41)→半原越(7:20)→経ヶ岳(7:39)→下山口(平山坂下付近:8:11)
距離8.44km 行動時間:2:04:04