ずっと探してました。
DSCN3572_R
折り畳み式のスポーク。

 


山へ持っていくカトラリーとしては、定番モノとしてLight My Fire、GSIやMSRのスポークなどがありますが、どれもフォーク、もしくは先割れのスプーン形状、またはスプーンのだったり、Light My Fireのスポークはフォーク・ナイフ・スプーンが1体となってますが、その形状からクッカーなどへのスタッキングは難しいです。
この3つの機能が一体となり、かつコンパクトになるものはないだろうか・・と探していたときに見つけたのが、Primusのノベルティで下北沢のBOZEMANで購入した折り畳み式のスポークでした。
c7432de6
a3ce5f4f
もうかれこれ4年近く前のお話。
それ以来、使い勝手の良さから山へはこれ1本で行っていたのですが、2年ほど前に嫁さんの(写真上)が、そして去年の裏銀座で自分のスポークがポッキリと折れてしまい・・・。
その後もこのスポークを探していたのですが、もともと国内流通しておらず、海外通販では購入できるもののこれのみを買うとなると送料や関税などで割高(たしか1,000円前後になったはず。下北で買ったときは800円くらいだった)となってしまい泣く泣く断念。
BOZEMANの店員さんや練馬のSokitさん、もちろん三鷹のHiker'sDepotやODBOXなんかも探しましたが見つからず。
諦めてPrimusのチタンフォークを代用品として去年から使っていました。

ところが。
実は今週水曜に、今度海老名に新しく出来たららぽーと海老名のプレオープンに行ったときに立ち寄ったモンベルで、嫁さんがたまたま、偶然このフォールティングスポークを発見。
あれだけ探し回った念願の折り畳み式スポークをまさか国内メーカーのモンベルが販売しているとは完全に盲点でした。。
DSCN3579_R
もう見つけたときは二人して大フィーバー!wしかもお値段290円と激安です。
カラーは写真の2色に加えて水色・赤の4種類。全色買おうか、と嫁さんは思ったらしいけど、取りあえずこの2本を購入。
いやあ、全く持ってこれですよ、ずーっと探していたもの!

DSCN3580_R
形はPrimusのスポークと全く一緒。
何だろう、製造の特許とかが自由化されたとか?

DSCN3573_R
DSCN3574_R
モンベルのサイトでは、肉抜きされている穴には紐を通す事ができます、と書いてあるけど、この位置に紐を通したら使いづらいような気が。

DSCN3582_R
フォーク側。側面に歯が着いていてナイフ代わりになります。

DSCN3583_R
スプーン側。結構大きめで、汁物をすくうにも使いやすいです。

DSCN3576_R
Primusのチタンフォークと比べるとこんな感じ。

DSCN3577_R
重量11g。Primusのフォークが16gなので、3つの機能がついてなおかつ5g軽量。さらに言うと値段は3分の1程度。

DSCN3578_R
しっかりクッカーに収まります!
スタッキングLOVEにはタマリマセン。


気になるのはやはり折り畳み部分の強度でしょうか。
個人的に、以前使っていたPrimusの折り畳みスポークの時は、山でご飯やラーメン、パスタ、肉、鍋、デザート、汁物かなりのバリエーションを食べたりしましたが不安を感じる事はありませんでした。
もちろん、無理な力を加えればポキっと行くことはあるでしょう。
前は、もう買えないかも・・と緊張しながら使っていたから数年持った?のかもしれませんw
それでも、軽量、かつコンパクト、3つの機能がついてクッカーへの相性も良し。何といっても値段も安くて、モンベルで簡単に手に入ると考えると相当コストパフォーマンスの良いギアじゃないでしょうかね?

290円(税別)。
だまされたと思って、ぜひ試してほしいです。
個人的には超オススメです。