3,000mの稜線から再びキャンプ地へ。
DSCN3323_R

 


DSCN3309_R
富士ノ折立から内蔵助分岐までの稜線は、左手には雷鳥沢方面、みくりが池に地獄谷、そして奥大日の堂々たる姿を眺めながらのハイク・・・のはずだったのですが、とにかく風がすごい訳です。
風にのって細かい砂が飛んでくるし、体も煽られるし・・・で、急いで風の影響の受けにくい大走谷方面の尾根へ向かいます。

DSCN3310_R
時間があれば真砂〜別山も回ってみたかったけど、今回はこのままキャンプ地へ降ります。

DSCN3311_R
内蔵助カール。
中央のキレイな尖がりは鹿島槍ヶ岳、左には五竜、唐松、天狗ノ頭、杓子、白馬・・・と続いています。
今回のメンバーはこのルートを不帰以外は歩いてるんですよね。
自分もいずれ時間が出来たら後立縦走はやりたいなぁ・・。
写真左上には内蔵助山荘もちらっと写ってます。この週末(10月3日)で小屋締めだったかと。結構早いですな。
そして内蔵助ルートはこの雪渓をトラバースし、右手奥の尾根の向こうへと進んでいきます。
これもいつか歩きたい。・・・ああ、山に来るとどうしてこうも歩きたいルートが増えてしまうんだろう。

DSCN3312_R
内蔵助分岐から大走方面へと入りました。
背後の富士ノ折立から雄山までの姿がまた勇ましい。

DSCN3315_R
大走への下りの尾根はザレていて結構歩きにくいです。
上部は急こう配、一旦緩やかになってハイマツ帯に入るとトレイルも狭くなり、かつ岩がかなりゴロゴロ・・・。
足首要注意です。
(と思っていたらどうやらYUさんがグネってしまったらしく。。。)

DSCN3316_R
下り始めて10分、結構標高下げてきました。
ここで風もだいぶ弱まったので、シェルを1枚脱いでレイヤリングを調整。・・と、その時サングラスを見てみたら、なんと左のフレームがポッキリと折れてしまってました・・・。ああああ、オークレーのお気に入りだったのに!
なんだろう、暴風のせい?

DSCN3317_R
ひーひー言いながらガレ場を下る事さらに20分、何とか賽の河原まで降りてきました。

DSCN3323_R
辺りにはチングルマの群生地が。
夏場には可愛らしい花を咲かせてハイカーの眼を楽しましていたんでしょうね。
今は綿毛をまとって、冬の装い。アルプスではもう、初冬を迎えているわけです。

DSCN3325_R
標高を下げると一部で赤く染まったナナカマドが残っていました。
でも、前日までの暴風でだいぶ葉は落ちてしまっていたみたいですね。

DSCN3327_R
雄山方面を振り返ると、空には散り散りになった雲。
これ、上空にはかなり強い風が吹き荒れてる状態です。こんな雲の時はだいたい稜線は荒れてますね。

テント場に戻ると先に降りていたtsujioさん、nineさんと合流。
二人は既に温泉に入ってすっかりリラックスモード。高山病の症状も良くなったみたいでなにより。
tsujioさんが「絶対入った方がいい!」と超絶Pushだったこともあり、せっかくなので雷鳥沢ヒュッテへ汗を流しに。

DSC_0371_R

雷鳥沢ヒュッテ、結果から言うと最高でした!
まず、
DSC_0372_R
こーんな景色を眺めながら温泉に入れます。もれなく登山道からも丸見えなのでそこは要注意ですが。
なんといっても暖まりますね〜。やはり稜線であれだけの暴風にさらされていたので、結構体は冷えていたみたいです。じわじわとちょっと熱めのお湯が染み入ります。
さらに600円という値段も良心的。さらにさらに!これはかなり驚きでしたが備え付けの石鹸・シャンプーがありました。
うーん、これは良いのか悪いのか、何とも言えませんが・・・山小屋と言われるところの温泉で石鹸もシャンプーも使えるとは予想外。ありがたく使わせていただきましたが。

DSC_0373_R
温泉でしっかり体を温めたら、テント場に戻って乾杯!
tsujioさんnineさんが近くの川でビールを冷やしておいてくれていたお蔭でキンキン!

DSCN3331_R
DSCN3333_R
今日歩いてきた稜線が夕日に染まっていくのを眺めながら宴会は続きます。

DSCN3338_R
DSCN3337_R
やがて見事なアーベントロートに。
同時に気温も急降下。日陰になると微風でもかなり寒く感じますね。慌てて持ってきたインサレーションを着込みます。
DSCN3341_R
ここから先、寒さと眠さで写真があんまりないことに後で気づきました・・・。
この時、持ってきた缶ツマを盛大にひっくり返すという大失態をしていたわけですが、写真撮り忘れましたよ。

あとは暗くなりきる前に晩御飯。
DSCN3339_R
今回の晩御飯はパスタ。
右上のパスタソースはカルディで売っているもので、これ、めちゃくちゃ良いです。パッケージは薄いので嵩張らないし軽量。そして味は美味しかった!オリーブオイルを大さじ2杯分加える必要がありますが、そのくらいなら問題ないし。

DSCN3342_R
作っているうちにだいぶ暗くなっちゃいました。これは今後の山メシの定番に加えたいですね。

この日は夜空もかなり晴れていて、nineさんは担ぎ上げてきた一眼レフで星の写真とかバンバン撮ってました。
あとは長時間露光で遊んだり・・ちょっとblogには載せられないけどw

流石に全員睡眠不足もあってこの日は早々に解散。
2日目は6時出発予定という事で、だいたい4時半起床としました。
DSCN3350-n02_R
ちょっとノイズが多いけどギリギリなんとか見られるかな。中央には天の川もほんのり見えてます。

自分もお酒を飲んだ後、多分寝不足から来る頭痛があり、半ば倒れるようにシュラフへ。
この日のウェアは以下の通り。

[下半身]
ユニクロ ヒートテックタイツ
ダウンパンツ

[上半身]
OR イグナイターTEE
Patagonia キャプリーン4 フーディ
MONTANE FireballSmock

[シュラフ]
NANGA オーロラ450DX