山には行けなくても道具はあるさ!
という事で、自分の持っている道具を通して語る、自分目線の山道具のうんちく話を少しばかり。
DSCN2757_R
まずは愛用シューズ SCOTT T2 Kinabalu 2.0(スコット T2キナバル2.0)から。


 
ほとんど衝動買いに近いカタチで、しかも5400円という破格の値段で購入したSCOTT T2 Kinabalu 2.0。
しかし、その購入価格に見合わないハイレベルなパフォーマンスで、今年の山行7月までの11回すべてで登板しています。
DSCN2759_R
無雪期のトレイルから岩稜帯、積雪、泥濘、木の根・・・あらゆるトレイルを歩いて、時には走ってきました。
お蔭でソールやサイドにはかなりのダメージが。
DSCN2758_R
しかし、それでも表面の塗装が剥げている程度で、剥離したり抉れたりしてしまうような事は全くありません。
アッパーも思いのほか丈夫で、時折トレイルの木の根や岩にひっかけることもあったのですが破れてしまうような事は幸い起きていません。

DSCN2760_R
購入後の使用レポートでも書きましたが、特筆すべきはそのソールのトラクションです。
流石に当初のような粘りは無くなってきましたが、それでも路面への食いつきは秀逸。
ソールパターンとプレート、つま先とセンターで異なる方さ等、かなり良く出来ています。
ブロックに多少の傷みは出てきていますが、それでもかなり荒っぽい使い方をしていることを考えれば、非常に耐久性は高いと思います。
この辺は購入後1、2回使っただけでソールが剥離してきた某マゾヒストとは雲泥の差・・・。

DSCN2761_R
インソールにはSuperfeetを組み合わせています。
このインソールも・・・そろそろ買い替えないとなあ。でもある意味ちょうど良くヘタって来てくれてるんだよなあ。


最近になって、Altra LONEPEAKが2.5にアップデートされた事からまたシューズが気になり始めました。
ただ、実際はLONEPEAKのあの幅広感がダメなんすよね・・。今までも何回も試着して試してはいるものの、どうしても好きになれない。
唯一Neoshellモデルが気にはなるものの、正直ローカットに防水構造は個人的に不要、Twitterでフォロワーさんからも意見が出てましたが、どうせならミッドカットくらいで出してくれれば低山雪山ハイク用として分かりやすいのに、と思います。
Altraがミッドカットを出すとは思えないですけどね・・・。

それにしても今まで山でSCOTTを履いてる人に会ったことがありません!
あ、一度だけ、norikazuさんに奥多摩で会ったけど・・・それ以外は見たことないです。
せっかく良い製品なのだから、ぜひ代理店さんには頑張ってもらいないです・・!
なんならモニターレポートガンガンやりますのでwいや、おこがましいか・・・。