南アルプス・鳳凰三山(実際は二山だけど)最終日。
DSCN2109_R


明けて日曜。
予定通り5時に起床。夜寝ているときは寒さは全く感じず爆睡。途中テントを叩くような音が聞こえてきて起きたけど、外に出てみたら雨が降った形跡はありませんでした。
どうやら木の枝に着いた夜露などが風で落ちてきた様子。
DSCN2096_R

それにしても予想外に爽やかな朝。
もしかしたら朝から雨かな?なんて思ったけど西側には青空も多少見えるほど。
・・・あれ?
DSCN2099_R
起きた時点でテントが2張りほど減っていました。雨の予報を懸念して早出している人が居たようです。
また、早朝薬師岳方面へ向かったパーティも。
山頂からの景色はどうだったんだろう・・・?

取りあえず朝ごはん。
DSCN2101_R
DSCN2103_R
この日は朝からトムヤムクンラーメン。前日のまんものトムヤムクン鍋と被るけど、最近発売されたサッポロ一番の頂「トムヤムラーメン」。
日本向けにアレンジされている感じだけど美味しいです。本場感は日清の方が上。パクチーでも入れればもっといいのかもしれないけど、パクチー苦手な自分としてはこれで十分です。

DSCN2106_R
心配していた雨も降らず、撤収も完了!

DSCN2104_R
下山前、南アルプス天然水のアイスコーヒーで〆。

DSCN2109_R
美味しい南アルプスの天然水も豊富で、テント場も比較的フラット。
この日は気温もさほど下がらず(2〜3度程度でした)、風もほとんど無かったこともありかなり快適に過ごせました。標高が2,400mという事もあって虫も少なく、この時期の拠点としては良いかもしれないですね。
もう2,000m以下では虫がかなり出てきてますし・・・。

DSCN2111_R
予定通り7時1分、南御室小屋を出発。
まだいつ雨が降り出すか分からないので、出来るだけ早く、なんとか駐車場に着くまでは持ってほしい・・!

DSCN2113_R
DSCN2117_R
早朝のシラビソの森はとても気持ちが良いです。
高原のお散歩、といった気分。
テラス席で焼き立てパンとコーヒーなんて似合いそうなシチュエーション。

DSCN2122_R
7時26分、苺平を通過。

DSCN2124_R
そこから少し下ったとこにある火事場跡。
DSCN2126_R
空は若干どんより感があるものの、まだ白峰三山がキレイに見えていました。

DSCN2128_R
さらに火事場跡から下って・・

DSCN2129_R
8時4分、杖立峠道標に到着。
ここまで約1時間、相当良いペース。基本下り基調なのでペース自体は上げやすいんですが、前日足をグネっとやってしまっているのでかなり慎重になってます。

DSCN2131_R
杖立峠から夜叉神までが一番キツイところかな〜。
登りと同様、なかなか変わらない景色にわりとウンザリしてしまいますね。
とは言えここも比較的飛ばしやすい場所。足に気を付けながらもペースアップ。

DSCN2134_R
長い尾根筋を下って、フラットに乗ります。

DSCN2135_R
ここから少し下界が見えるところがあるのですが、下の方は雲海で隠れていますね。この辺りは標高1,900Mほど、見たところ1,200〜300m辺りに雲がかかってるようです。
この時点までまだ雨は降りだしていませんでしたが、もしかすると下界の方が先に降り出してるのかも・・・?
ああ、それはそれでイヤだなあ。

DSCN2140_R
8時36分、夜叉神峠に到着。
南御室から1時間半ほど。まだ雨も降りだしてないし、いい感じ!

DSCN2142_R
夜叉神峠からの白峰三山。
ここで彼らともお別れ。

行こう行こうと思っていた鳳凰三山には取りあえずこれたから、次はあっちかな・・・。

DSCN2150_R
ここからは前日同様、気持ちの良いミズナラやブナなどの広葉樹林の森を下っていきます。
しかしおかしなことに、標高を下げるにつれてどんどん晴れてくるという・・・?
あれぇ・・・?

DSCN2152_R
木漏れ日も差し込んで、これはこれでうれしい反面、日曜の雨予報はどうなったんだ!という思いも。
ああ、もし日曜こんなに天気が持ってくれるなら前日鳳凰小屋まで行って、今日ピストンでもよかったなあ・・・、と思うのは後の祭り。
とは言え昨日のコンディションではキツかったことに変わりはないし、結果として無事に降りてこられたのだからよしとする、ですかね。

DSCN2156_R
9時16分、夜叉神登に無事下山!
それにしても・・・暑い!

DSCN2154_R
まるで夏じゃないかw
雨が降ってるよりは全然いいんだけど、複雑な気分・・・。

DSCN2157_R
車まで戻ってきました。
ここまで降りてくるので結構飛ばしたお蔭で汗だく。早速温泉入ってさっぱりしよう・・と思ったのですが、芦安の温泉郷はほとんどがまだ営業してませんでした。たぶんまだ本格的な登山シーズン前なのでやってないんでしょうね・・・。1つ、金山沢温泉というところに行ってみたのですが、まだ開店まで入れませんでした。
結局調べに調べて、甲府昭和にある「フカサワ温泉」というところに。
DSCN2158_R
いかにも地元の方が「入る温泉。料金も銭湯並みの430円!ただし、シャンプーやボディーソープはありませんでした(石鹸となぜかコンディショナーだけ置いてありましたw)。
インターからも近いし空いてたので、シャンプーとか容易だけしていけばこれはこれでありかと。
泉質はやや軟質ですかね。

DSCN2159_R
その後せっかく甲府に来ているのだから・・という事でエルクへ。
ここれは前回の甲斐路の春旅以来です。この日は月一?かなにかのイベントらしくコーヒーの試飲会みたいなのを開催してました。

DSCN2160_R
さらに前回行けなかったSUNDAYさんへ。
ここは面白いお店ですね〜。andwander好きな人にはお勧めです。あと、アイスコーヒー100円で飲めますw

DSCN2161_R
屋根裏みたいなところにはトレラン関係のグッズが。
そしてここでなかなかお目にかかれなかったULTIMATEDIRECTIONのRunnersVestを発見!
DSCN2162_R
公称9Lとのことでしたが実際はFluid6よりも小さ目に感じました。
背負った感じの包まれ感はFluid6の方が好みかな・・・。トレイルで使ってみないと分からないけど、取りあえずFluid6で良かったかなと。でもデザインはこっちのがカッコいいかなw

DSCN2163_R
その後、甲府の地ラーメン「膳次郎」でお昼ご飯。
ラーメンももちろん美味しかったけど、ここはお酒のみに来てみたいお店。コストパフォーマンスはかなり良さそうでした。今度甲府に泊まる機会があったら来てみたいかも。


こうして1泊2日での鳳凰三山、結果は薬師岳・観音岳の二山となってしまったけど充実の山行でした。
地蔵岳とオベリスクは、また次の機会に取っておきますw
南御室小屋もとても過ごしやすく快適でした。水がおいしいのはもちろん、トイレもいわゆる工事現場にあるようなものだけど、臭いもなくキレイでしたよ(紙もあり)。
次に来るときは多分青木鉱泉から登ることになると思うけど、南御室はのんびりとまた泊まりに来ても良いかも。
冬場でも水は枯れないそうなんで、雪の時期にくるのも良いかもですね。寒そうだけどw

ともあれ、まんもも久しぶりのハイクお疲れ様!また鍛え直して地蔵岳リベンジしよう!
いつの日かw


◆登山データ
・5月23日
夜叉神の森登山口(6:36)→夜叉神峠小屋(7:23)→小休止→夜叉神峠小屋発(7:35)→杖立峠道標(8:42)→小休止→杖立峠道標発(8:48)→火事場跡(9:29)→小休止→火事場跡発(9:41)→苺平着(10:08)→苺平発(10:11)→南御室小屋着(10:35)→幕営→南御室小屋発(11:41)→薬師岳小屋(12:29)→休憩→薬師岳小屋発(12:43)→薬師岳(12:50)→観音岳(13:11)→観音岳と鳳凰小屋分岐の間で折り返し(13:26)→観音岳通過(13:41)→薬師岳通過(14:01)→薬師岳小屋通過(14」10)→南御室小屋着(14:48)→21:04就寝。

・5月24日
起床(5:00)→朝食・撤収→南御室小屋発(7:01)→苺平(7:26)→火事場跡(7:42)→杖立峠道標(8:04)→夜叉神峠(8:36)→夜叉神の森登山口(9:17)