丹沢主稜のおいしいところを満喫。
DSCN1858_R
思えば遠くへ来たもんだ・・・。



心地よい初夏の空気で賑わう蛭ヶ岳の山頂をあとにして、まずは姫次へと向かいます。
姫次までは、2か月前にも通ったルート。主稜ではここがやっぱり屈指の好トレイルだと思うんですよね。
DSCN1827_R
12時19分、蛭ヶ岳を出発。

DSCN1828_R
既にハイク開始から6時間近く。
主稜のハードなアップダウンの洗礼を受けて疲労もピークに。という事で一層気を引き締めていきますか。
とは言え、この階段は下りとは言え地味に体力を削って行きますね〜。

DSCN1829_R
途中のこの開けたところ、距離は短いけど気持ちの良いシングルトラック。
DSCN1830_R
こんなに天気も良いのにハイカーも全然いません。
時間帯なのかもしれないけど、表尾根側だとこうは行かないですね。

DSCN1831_R
あのチョンと尖がっているところが袖平山。
姫次から左手に進んだ先にあるのですが、今回はここを通過して、神ノ川まで戻るわけです。
ここまでも結構な距離を歩いてきていますが、まだまだ先は長いなぁ・・・。

DSCN1837_R
新緑と木漏れ日の気持ちよいトラック。

DSCN1839_R
比較的緩やかな下りが続くこのルート、人も少ないしトレイルは柔らかくとても走りやすいです。
もちろん、歩くにしても快適!

DSCN1842_R
12時49分、地蔵平を通過。
VRで神ノ川側から地蔵平に上がるルートがあって、結構ハードそうな感じ。
いつか1度は歩いてみたいなあ・・・もうちょいスキル上げないと厳しそうだけど。

DSCN1843_R
12時58分、原小屋平。
以前来た時より緑が増えてより心地よさそうな空間に・・・。
うーむ。

DSCN1846_R
13時13分、姫次到着。
ここで小休止。

前回はここから焼山方面へと下ったけど、今回は袖平方面へと向かいます。
この時点ですでに12km弱の行程。かなり疲労が溜まってきており、個人的には右膝の腸脛靭帯がかなり怪しい感じ・・・。
姫次から神ノ川までは約8kmほど。何とか持ってくれるといいんだけど・・。取りあえず念入りにストレッチを行い、13時21分、出発!

DSCN1855_R
袖平までのトレイルは緩やか、時折左手には檜洞丸から蛭ヶ岳までの主稜が見えます。
と言いつつ、すでに右足が・・・やばいw

DSCN1857_R
13時29分、袖平山到着。

DSCN1858_R
ここからはは今日歩いてきた主稜が一望できます。
やー、本当、よくここまで歩いてきたなぁ・・・・!そりゃ、足も悲鳴あげますわ。

そして、ここからがさらに疲れた体と足に追い打ちをかけるような・・・
DSCN1859_R
激下りの連続!!
あちゃー、これ、あかんヤツです。

DSCN1860_R
新緑がキレイだなーと眺めつつ、休み休みストレッチを繰り返しながら進みます、が、すでに右膝限界突破状態です。
ここで自分が大ブレーキに・・・。ああ、本当申し訳ない。

DSCN1862_R
袖平山からはとにかく急斜面の土嚢階段を激下り、そして細かいアップダウンの繰り返し。
中にはこんな鎖場を上がるところも。
ただでさえ疲労が溜まっているところにこの仕打ち、ドMには堪らないルートですw

DSCN1864_R
息も絶え絶えになんとか風巻ノ頭に到着。
ここまで偽ピークになんどだまされたことか・・・。

DSCN1867_R
キレイな東屋で大休止。
正直もうここで一泊しようかと。これ以上歩きたくない空気が満載ですw
さいっちょさんも自分と同じく腸脛靭帯の痛みが出てきてしまい、タカさんは心が折れてしまい・・w
肉体的にも精神的にもみんな満身創痍。

とはいえ・・・帰らないとねぇ。

DSCN1868_R
14時18分、風巻ノ頭を出発。あと3km弱!ああ、もう頑張る!

DSCN1871_R
と思った矢先、またもこの下りww
もう、イヤです先生!

DSCN1872_R
土嚢階段のその先は地獄ですかね。

DSCN1875_R
あと1.2km!
ひーーー!

DSCN1876_R
キレイな木の階段を降りたら・・・

DSCN1877_R
おお!
この橋!これを渡って・・・

DSCN1879_R
ラストの階段を登ったら、林道に出ました!
ああああ長かった・・・!

この後はだらだら〜っと林道歩き。
時間は15時過ぎ。
朝の天気の悪さはどこかへ行ってしまい、林道を歩いているときはなぜか夏休み、夕方まで遊んで夕焼けの中家に帰るような気持ちになってました。
ようするに、それだけこの日はガッツリと歩いたって事です。

DSCN1880_R
15時10分、スタート地点に帰還!!

鈍った体に活を入れたい!なんて安易な想いからスタートした今回のラウンド。
終ってみればスタートが朝6時25分、ゴールが15時10分。
実に8時間45分(休憩込)の長丁場となってしまいました。突き合せたお二人、本当ごめんなさい・・・。
でも、正直ちょっと楽しかったでしょ?また行きたいでしょ・・・?
本当長いハイク&ラン、お疲れ様でした!!

今回は新緑のキレイな時期を歩けましたが、きっと秋も紅葉が素晴らしいルートでしょうね。
なので、半年くらいしたらまた歩きに行ってみたいですw気が向いたら。


そして、このハイクの翌週は今年最初のアルプスへ!
行ってきます!(と言うか、行ってきました!)


◆登山データ
神ノ川ヒュッテ脇トイレ発(6:25)→登山口(6:27)→林道合流(6:54)→林道発(7:02)→熊笹ノ峰(8:17)→小休止→熊笹ノ峰発(8:33)→檜洞丸(8:57)→青ヶ岳山荘(9:02)→青ヶ岳山荘発(9:09)→神ノ川乗越(9:44)→小休止→臼ヶ岳(10:10)→小休止→臼ヶ岳発(10:25)→蛭ヶ岳山頂(11:25)→休憩→蛭ヶ岳発(12:19)→地蔵平(12:49)→原小屋平(12:58)→姫次(13:13)→小休止→姫次発(13:21)→袖平山(13:29)→風巻ノ頭(14:06)→休憩→風巻ノ頭発(14:18)→林道合流(15:00)→神ノ川ヒュッテ脇トイレ着(15:10)