丹沢主稜の美味しいところ、頂いてきました。
DSCN1731_R

 

今年のGW、5月に入ってからは山に行っていなかったこともあり気が付けばそろそろ1か月・・・。
 来週末は南アルプスを予定しているので、その前に一つリハビリというか、ガツっと山を歩いておきたい。という事で、丹沢主稜を絡めた未踏ルートと、前回の裏丹沢ハイクでも気持ちの良かった蛭ヶ岳〜姫次間を取り入れた、

神ノ川→ヤタ尾根→熊笹ノ峰→檜洞丸→臼ヶ岳→蛭ヶ岳→姫次→袖平山→風巻ノ頭→神ノ川

という、総距離およそ18kmという久しぶりのロングデイハイクを決行してきました。
参加メンバーはタカさんさいっちょさん、自分の3名!


前回同様、道志のコンビニに集合し登山口である日蔭沢橋の駐車場に到着したのは6時過ぎ。
既にトイレ前には長蛇の路駐があったたため橋の手前のスペースに車を停めました。
DSCN1680_R
ここで軽く準備を済ませます。

DSCN1682_R
DSCN1683_R
橋を渡った先にはキレイなトイレ。
ここは紙も完備、水洗式のめちゃくちゃキレイなトイレです。
ここで出発前の用足しと、準備運動を済ませます。

DSCN1684_R
6時25分、いざ出発!
・・・なのですが、どうにもテンションが上がらない。その理由はどんよりとした空模様。。。
予報ではこの日曜はばっちり晴れるって言ってたじゃん!なのに一歩間違えれば雨でも降り出しそうな気配。
取りあえず檜洞丸までは上がって、そこから主稜を行くか犬越路をまわってショートハイクに切り替えるかは考えることにします。
それにしてもなあ、うーん、天気予報・・・。

DSCN1685_R
トイレから歩いて1分ほどのところに今回のヤタ尾根の取りつきがあります。
写真右手に写っている手すり付きの階段がそうですね。
ここから熊笹ノ峰までは約2.8km。CTでは2時間半のルートです。

DSCN1687_R
DSCN1690_R
ここがいきなりの急登!
なかなかのエグイ角度で急激に標高を上げていきます。いや、嫌いじゃないけどこれは凄いw
写真ではルートは荒れているように見えますがそこまで歩きにくくはありません。
ただし、同行者がいる場合は後方のメンバーに落石が無いように注意は必要です。

DSCN1693_R
20分ちょっと登ると再び林道と合流します。
ここでさらに対面にある石階段を上って先に進むわけです。

DSCN1695_R
ところで今回初の実戦投入となったマウンテンハードウェア Fluid6とゴーストライトジャケット
どちらもかなり良い!特にFluid6はめちゃくちゃ良いです。これは追ってレビューしたいと思います。

DSCN1699_R
さて、林道での小休止を終えて先に進みます。

DSCN1702_R
こちらも緩やかな樹林帯とガレた急登の繰り返し。
お二人はピンピンしてますな・・・こちらはGWから長引いている風邪のせいで全然走ってないこともあって、エンジンかかるのに時間がかかってます・・と言うのは言い訳ですが。

DSCN1703_R
そう言えば、トレイル脇にギンリョウソウを見つけました。
丹沢で見るのははじめて。
相変わらずの目玉のオヤジ感がすごいですw

DSCN1711_R
標高も1000mを超えた辺りから、霧というかガスが濃くなってきました。
これはこれで、新緑と相まってなんだか神秘的な雰囲気。

DSCN1713_R
おお、キレイ!

DSCN1712_R
樹林帯を歩いてるので、そもそも展望は無い訳ですし。それなら、こんな雰囲気のトレイルも悪くない、いや、むしろ良いですね。雰囲気満点!

DSCN1716_R
晴れた日に太陽に照らされる新緑も良いですけど、こんな風に霧に浮かぶ姿もまたオツなものです。

DSCN1719_R
このブナ林になってからは目立った急登は出てこなくなりました。が、じわじわと標高を稼ぐ緩やかな登り。。
これはこれで地味にきつい訳です。

DSCN1729_R
だんだんと木々の高さが低くなって、熊笹が深くなってきたころ・・・

DSCN1730_R
8時17分、熊笹ノ峰に到着。
CT2時間半だったので、40分くらい巻きましたかね?

DSCN1731_R
ここで各自行動食を食べたりして小休止。
先客に女性ハイカーさんが1名休憩中でした。同じくヤタ尾根を上がってきたそうですが、この展望なので犬越路を回って降りるとのこと。結構丹沢をあちこち歩かれているようで、どこかですれ違ってるかも?


DSCN1736_R
一瞬、霧が晴れてまず目指す檜洞丸の姿が見えました。
近いようで遠い・・・。

DSCN1737_R
小休止を終えて再び出発。
ここから暫くは下り基調で走りやすいところ。この天気もあってかハイカーも居ません。

DSCN1741_R
走っているとだんだんと霧も晴れてきた様子。この分ならお昼前にはある程度展望も回復しそう!

檜洞丸山頂へと向かう木の階段が出てきたと思ったら、こんなものが。
DSCN1744_R

DSCN1747_R

もくもくと足を削られながら登っていると・・・

DSCN1752_R
「山口」にも見えるw

DSCN1753_R
「富士山」天気が良ければここから見えるのかも。

DSCN1754_R
なんてしているうちに8時57分、檜洞丸山頂到着。
2年前の山初めで着て以来、2回目の登頂。それにしてもここに来るときはいっつも天気が悪いのはなぜだろう。。。
相変わらず地味目な山頂にも関わらず大勢のハイカーが既に休憩中。
ベンチも埋まっているので早々に青ヶ岳山荘に向かいます。

DSCN1756_R
山荘に向かう途中、振り返ると青空!

DSCN1758_R
こちらも2年ぶりの青ヶ岳山荘。
前は山荘の中で休憩させてもらったっけ。山小屋の小屋番のおばちゃんも相変わらずでしたw
しばしおばちゃんと歓談、「今度来るときはビール350ml24本を歩荷してきな!」だそうで・・・
はい、気が向いたら持ってきますねw、トレーニング代わりに。

DSCN1760_R
小屋前で少し休憩し、天気も回復傾向。
という訳で、行きますか、丹沢主稜!目指すは蛭ヶ岳!