なんとなく「だろうな」と思っている方も多いと思うのですが・・
DSCN1672_R
悩みを一気に解決してきましたw

 
先の記事であーだこーだと色々と書きましたが、結局こうなりました。
DSCN1650_R
ウィンドシェル→マウンテンハードウェア:ゴーストライトジャケット
ベストパック→マウンテンハードウェア:Fluid6

まずはベストパック。
DSCN1664_R
Fluid6。
こちらはほぼ決まっていたようなものでした。比較としていたULTIMATEDIRECTIONのRunnersVestも良かったのですが、まず現物が見られないこと。あと、細かいところでは行動中のカメラの収納箇所が不安だったこと(サコッシュを使わないので、出し入れが容易なポケットが欲しかったんです)。ハイクならもちろん、ランであっても写真はやっぱり撮りたいので、ここは結構譲れないポイントでもありました。
現物を見られればまた印象が変わったのかもしれませんが・・・。

DSCN1658_R
背面はパットなしのフルメッシュ。
汗抜けは良さそうですがパッキングしたものが濡れる事がありそう。これはある程度防水対策を必要とするのはLASER20と同じですね。

DSCN1678_R
ポイントはこのメッシュ部分。
強度も十分で、コンデジを入れてもある程度安心できそうで、唯一心配なのは泥濘とかを走った際の跳ね返りですね。これについては何か考えないとかも。
このポケットは左右両側からアクセスが可能で、ベルクロで口を留める事が出来ます。

DSCN1673_R
パック自体はシンプルな1気室構造で、ハイドレーション用のポケットとループが付属しています。

DSCN1675_R
実測値で270g。カタログ値では311gとあったので個体差ですかね。

DSCN1666_R
DSCN1668_R
ざっと日帰り想定のアイテムを収納してみました。
実際のところMONTANEのFireballSmokはこれからの季節使う事はないでしょうけど、これにプラスして水1L、あと食料ってところでジャストサイズですかね。トイレキットは少し小さくしたいところかも。
それにしても、公式では6Lと記載されているのですがどうみても6L以上ある!ですよねぇ。実際同じ容量のFluidVestPackと比べてみても倍くらい大きさが違います。実質容量は10L前後ってところでしょうか。

DSCN1670_R
前面のバンジーコードにはこんな風にウィンドシェルを括り付けられます。
ちなみに先の写真にある通り、ボトルについては手持ちのセイシェルとOSPREYのボトルがばっちりハマってくれました。ショートハイクならこの2本で事足りそうな感じですね。

DSCN1663_R
DSCN1659_R
実際に背負ってみると、店頭でも感じたのですが縦長の形状とベスト型のハーネスの相乗効果でフィット感は相当良いです。派手に揺らしてみてもブレはほとんど感じません。

DSCN1661_R
また、マウンテンハードウェアのバックパックの特徴でもある「オン・ザ・フライ」システムによって、脇下のストラップを引っ張る事でバックパックと背面のフィットと、同時にバックパック内自体をコンプレッションしてくれるので収納したアイテムが振れることも抑えてくれます。これの安定感は本当に素晴らしい。
早いところトレイルで試してみたいです!


続いてはこちら。
DSCN1651_R
ゴーストライトジャケット。

昨年まであった、「ゴーストウィスパージャケット」の後継に当たるモデルで、ゴーストウィスパーが7Dだったのに対しこちらは15Dと強度面の強化を図っています。このため重量自体は87g(カタログ値)と30gほど増加していますが、個人的にはトレイルランニング以外にもハイクでの使用を想定していたので、この変更は大歓迎です。
そして、最後まで本当に悩んだのがPatagoniaのフーディニジャケットですが、結局どうしてもド定番にすることに抵抗があったのと、再度試着して色々考えてみたら、Mサイズでも裾のドローコードで調整すれば何とかなるし余裕があってもレイヤリングの事を考えればまあいいか・・・と言う事でこちらに決定しちゃいました。
いや、自分もてっきりフーディニにするかと思ってたんですけどね・・・(実はもう一つ大きな理由もあるのですがw)。

DSCN1653_R
背面。
首筋の辺りにロゴのリフレクターあり。

DSCN1652_R
胸の部分のポケット。ここがパッカブルになっています。

DSCN1654_R
背面首筋のロゴマーク上にベルクロ付のストラップが収納されていて、これで風が強い時などフードが不要な時、丸めて固定しておけます。

DSCN1655_R
こんな感じで。

DSCN1656_R
右側裾のドローコード。
ちなみに手首周りはゴムシャーリングのみです。

DSCN1657_R
パッカブル状態。
結構余裕がある感じで仕舞えます。変にキツキツでない方がいいのでこれは良いポイントですね。

DSCN1674_R
実測値で86gでした(Mサイズ)。


もろもろと一気に悩みを解消したわけですが、それも1つはたまたまこの週末、原宿の石井スポーツに行ったら会員限定の10%OFFをやっていたこと、そしてタカさんのお蔭で臨時収入があったこと・・・いや、ありがたやありがたや。
大事に有効活用させていただきたいと思いますよ!
早速、次の週末どこぞの山に実戦投入してきたいと思います!