久しぶりの奥多摩オーバーナイト・ハイクもあっという間。
DSC_1117_R
鴨沢へ向けて下山開始です。
この週末は、気温も高めとの予報だったので若干装備も軽くしてきました。
ところが、夜は結構冷え込みましたね・・・一度眠りについては寒くて目が覚め、またウトウトしては目が覚め、の繰り返し・・。
夜中3時40分ごろに『そう言えばサーモライトリアクター使ってない!』という事に気づいて、シュラフインナーを入れてからは比較的良く寝られたみたいです。それでも夜間もほとんど風もなく、非常に過ごしやすい夜でした。
何となく奥多摩小屋って風が強いイメージがあるのですが、天気次第でそれほどでもないんですねぇ。。。

DSC_1081_R
朝5時過ぎに起床。テント内の気温は3〜4度程度。

DSC_1083_R

DSC_1084_R
東の空は朝焼けで赤から紫へと、美しいグラデーション。
DSC_1085_R

西の空には夜明けを待つ富士山の姿。
この日曜は、お昼過ぎから天気が崩れるとの予報で、もしかしたら山の上はもっと早く雨が降り出すかも、と思っていました。が、幸いまだ空は晴れているようす。これなら下山まで天気も持ってくれそうです。

DSC_1089_R
テント前のトレイルには氷が張っていました。ぬかるんだトレイルも固く締まり、ちょっとは歩きやすいかな・・・。
ただ、固くなっていると捻挫しやすいのでこれはこれでまた気を付けないとです。

DSC_1087_R
メンバーも起きてきました。
サイッチョさんは寒くて寝られなかったそうで。。。タカさんとユウさんは多分爆睡でしたよね?
イビキすごかったもん。

DSC_1092_R

DSC_1095_R
朝ごはんは海老のビスクを使ってクスクス。
今までお茶漬けとかで食べていたけど、スープとの組み合わせは縦走時に味のバリエーションを付ける意味でもアリですね。今後の参考になりました。

DSC_1091_R
今回のハイクでもatelierbluebottleのHiker's Socksを使用。
SCOTTOのキナバル2.0との組み合わせはオーバーナイトハイクでも快適でした。
何となくの感想ですが、ザレたトレイルも良いのですが、固く不安定な岩場なんかで良い感じな気がします。
いずれにしても力の入れ易さは特筆もの。

DSC_1094_R
1番過ごしたNEMO村。
各自朝ごはんを済ませたら、撤収準備に取り掛かります。

DSC_1096_R
DSC_1097_R
朝陽を浴びて明るくなった富士山に、奥多摩の山並み。さらに奥には南アルプスの姿も見えています。

DSC_1106_R
キレイに撤収完了!

DSC_1101_R
パッキングも完了。
結局持ち込んだお酒はほぼ飲みきり、食材もあまりは無かったのでかなり軽くなりました。
少なくとも2kgは軽くなっているはずなので、パッキングウェイトは8〜9kgくらいですかね。。

DSC_1111_R
出発前にu10さんMITSUさん一行も顔を出してくれました。
子供たちも朝から元気いっぱい!また、どこかでお会いできると良いですね!

DSC_1113_R
さて、こちらも下山しましょうか。
7時18分、奥多摩小屋を出発!

DSC_1117_R
やや雲の多い空ですが、遠くの山まで良く見えています。
左手奥には丹沢山塊、右手には富士山。
まるで水墨画のようなしっとりとしたグラデーションにしばしうっとり。

DSC_1122_R
解放感抜群の石尾根。
朝の心地よい空気を吸い込みながら歩きます。

DSC_1127_R
7時42分、ブナ坂分岐着。
寝覚めの一発、七ツ石山へとGO!

DSC_1128_R
だいたい、朝イチで登る事の多い、北側からの七ツ石山。まだ完全に起きてない体にムチ打ってひたすら登ります。

DSC_1130_R
山頂近くになると残雪と凍結箇所が。
それでもステップ切られているのでしっかりと足を乗せていけばアイゼン無しでも大丈夫。
ただ、下りの場合は装着した方が安全です。

DSC_1132_R
ひー!
や、やっぱりキツイ・・・。

DSC_1134_R
黙々と登ること10分、七ツ石山山頂に到着。

DSC_1137_R
山頂から振り返ると、青空に浮かぶ雲取山の姿。

DSC_1140_R
七ツ石から下って、鷹ノ巣方面と七ツ石小屋方面の分岐点。
鷹ノ巣方面の石尾根はまだ残雪があるみたいですが、量は多くないですね。
踏み抜きだけ要注意ですが、この記事が上がるころには雪も無くなっているかも知れませんね。

DSC_1142_R
8時14分、七ツ石小屋到着。

DSC_1143_R
小屋前のベンチで小休止。
ここからも富士山は良く見えます。トイレが新設されて、多少広くなったみたいですね。
そう言えばさんぽさんがここでテント張ってたなあ。雪の時期にいつか来てみたいかも。

DSC_1147_R

七ツ石を後にして、さらに下ります。
ここまでは快調・・・だったのですが。

突然、タカさんが『あーーーーーッ!』

と、声を上げて立ち止まります。
なんだ?どうしました??と聞くと・・・

『車の鍵を・・・ハスラーの中においてきちゃいました・・・』

なんとー!

留浦にデポしたタカさんカーの鍵が、片倉橋手前のハスラーにあると・・・!
何でも、前日の土曜、朝少し寒かったので着込んでいたダウンジャケットのポケットに入れたまま、そのダウンをハスラーにおいてきてしまったようで。。。
まさかの、昨年末の忘年会ハイクに続いて2度目の鍵忘れ事件勃発ですw

取りあえず、急いで鴨沢まで下山して、バスでお祭りに向かい林道を歩いてハスラーを回収するしかなくなりました。
という事でここから先はほぼトレラン状態。急いで下ります。

DSC_1149_R
途中、u10さん一向を追い抜き・・・

DSC_1152_R
あっという間に小袖の登山口。

DSC_1153_R
10時ごろ鴨沢に到着。
したのですが、バス停の時刻表を見みると、なんと次のバスは鴨沢西どまり。お祭りまで行くバスはさらに1時間40分くらい待たないと来ません・・。
という事が分かった時点で、
『よし、走ってハスラー回収しに行こう!』
と、迷いはありませんでした。
ハセツネに向けて鍛えたいというユウさんと自分の2人で、鴨沢を出発。
鴨沢→お祭り→後山林道を走れるところは走って、10時43分ごろにハスラーに到着。
無事に鍵を回収して、鴨沢に戻り、全員を乗せて留浦へと向かいました。

結局、当初の予定通り鍵があった場合と比べてみても20分くらいしかロスにならなかった事を考えれば、下山ランと鴨沢から走れたのが大きかったですね〜。

という訳で。
今年最初のハイクは最後にちゃんとオチもついてwとても楽しいオーバーナイトハイクでした。
そして、一度山で寝るとやっぱりいいなあ、また行きたいなあ、となってしまいますね。。
これからGWなんかも控えてますし、ぼちぼち縦走の計画とかも立てないと。

それから、u10さん、MITSUさん、お会いできてうれしかったです。
またぜひどこかの山でお会いできたら・・・と思います。
タカさん、ユウさん、サイッチョさんも、また山歩き行きましょう♪


◆登山データ
<03/28>
片倉橋発(07:05)→ 塩沢橋(07:43)→奥後山・三条の湯分岐(08:42)→木に奥後山(09:57)→休憩→奥後山(10:25)→水場(11:45)→奥多摩小屋(11:59)→幕営→奥多摩小屋発(13:47)→小雲取(14:11)→雲取山(14:38)→避難小屋で休憩→避難小屋発(15:22)→奥多摩小屋(16:00)

<03/29>
起床(05:00)→奥多摩小屋発(07:18)→ブナ坂(07:42)→七ツ石山(07:52)→石尾根分岐(08:06)→七ツ石小屋(08:14)→休憩→七ツ石小屋発(08:24)→堂所(08:53)→廃屋(09:29)→小袖登山口(09:36)→鴨沢バス停(09:59)