星降る、奥多摩小屋の夜。
DSCN1038_R
 
奥多摩小屋をあとにして、雲取山の山頂を目指します。
CTでは1時間ちょっとですが、地味に急登が続くので意外としんどかったりしますね。
DSCN0823_R

DSCN0827_R
日当たりの良いところではすでに雪もなく、部分的に泥濘状態。
丹沢ほどひどくはないけど、泥はねしないように歩き方も自然と慎重になります。

DSCN0834_R
それにしても天気は気持ちよく回復してくれましたね!
事前の予報でも日中はよく晴れるとありましたが、まさにその通り。春を告げる爽やかな空が、一層春山らしさを感じさせてくれます。

DSCN0843_R
小雲取のピークを過ぎると、前方には雲取山山頂直下の避難小屋が見えてきました。
山頂にはまだまだ雪が結構残っていそう。

DSCN0850_R
柔らかく空の表情を作り出す雲と、暖かい日差し。
残雪の上を歩きながら、季節の移り変わりを感じるハイキング。新緑の季節もまた、楽しみですね。

DSCN0853_R
雲取山山頂下の稜線、トレースを外すと踏み抜きがこんな感じ。ひざ下くらいまではズボっといっちゃいます。

DSCN0857_R
途中、変な中国人観光客みたいな人が記念撮影してましたw
ポーズもクラシカルでイケてますねww

さらに進むと・・・
DSCN0867_R
サングラスをかけた3人組が稜線で直立してました。
何してるんだろ?とじっと様子をみていたら・・・・

DSCN0868_R
こっち向きました。
うわぁっw

なんて遊びながら、14時38分、雲取山の山頂に到着!
結局小屋からは1時間くらいかかっちゃいました。途中で写真撮ったり、色々していたのでこんなものですかね。
DSCN0877_R
先週は神奈川県最高峰の蛭ヶ岳、今週は東京・埼玉の最高峰雲取山。
さて、次はどこの最高峰ですかね・・・?

DSCN0888_R
北側の木々の隙間からはうっすらと浅間山の姿が。

DSCN0891_R
この日の山頂は、天気の良い土曜にも関わらず人は少な目。
という事で、せっかくなので山頂で飛んでおきました。
2年前、雲取山にペロさんと来た時と同じポーズで。ジャンプ力は・・・変わってないかな??

DSCN0930_R
避難小屋に移動して休憩。
避難小屋では数名のハイカーが休んでいました。

DSCN0931_R
そう言えば会話に夢中になってしまい、新しくなったというバイオトイレをチェックするのを忘れました・・・。
小の方は冬季使用禁止なのですが、利用者が多かったようでガチガチに凍って使えなくなっていると聞きましたが・・・その後どうなったんでしょうかね。

DSCN0932_R
コーヒーも景色も楽しんだら、小屋に向けて下山開始。

DSCN0939_R
『ビィィィィィィルっ!!!!』
とみんな叫びながら下ってますw

DSCN0941_R
奥多摩小屋に帰ってきました。
よく見るとテントが数張増えている様子。それでもまだまだ少ないですね。
本格的な登山シーズンは、一般的にはGWくらいからなんでしょうね。自分らはもはや通年ですが。。。

ともかくテントに戻って・・・
DSCN0943_R
カンパイ!
お疲れ様、この瞬間を待っていた・・・。
我慢して山頂ピストンして良かった〜。

DSCN0948_R
あとはもうゆっくりまったりと宴会です。
お腹が空けば各々で好きなようにご飯を食べて、飲んで。
下界の居酒屋も良いけど、やっぱり山だと景色も楽しめますからね〜。

DSCN0950_R
お腹が空いた!と言って作っていたタカさんのタコライス。
いつの間にこんなオサレなものを。。。
うーん、おいしそう。

DSCN0955_R
徐々に日が傾いて、飛龍山の向こうへと沈もうとしています。
夕焼けも今日はキレイにみられそう。

DSCN0958_R
途中、u10さんのテントを拝見しに行きました。
手前がu10さんのTERRA NOVA LASER PHOTON2。その奥はMITSUさんの同じくTERRANOVA Superlite Voyager。TERRANOVA村、かっこいいなあ。
特にLASER PHOTONは、自分は1が欲しいな〜と思っていたところなんですよね。なかなかテン場でもお目にかかる事が無いので、実物(2ですが)を見られたのは良かった〜。
Superlite Voyagerは耐風性も高そうで良いですね〜。NEMOの派手目のグリーンより、自然になじむカラーも好感が持てます。

その後もテント場をふらふらと歩いて写真を撮ったり。
DSCN0972_R
ヘリポートにはキャプテン・アメリカな人が居ましたよ。

DSCN0975_R
やがて、飛龍の奥へと太陽は沈み・・・。

DSCN0979_R
みんなで集まって山談義とか、しょーもない話とか。
山に来るとなぜかちょっとした話題が楽しいんです。この日の奥多摩小屋は風もほとんど無くて、今までのテント泊でも屈指の快適さ。

DSCN1020_R
自分もお腹が空いたので晩御飯の準備。
この日は寒い時期の山飯恒例、鍋キューブ(キムチ味)の鍋。ブロッコリーはタカさんの余った具材を投入。

DSCN1014_R
ちょっとブレちゃったけど、お気に入りの1枚。

DSCN1030_R
そうそう、先日購入したBlackDiamond Mojiも実戦投入。
これ、めちゃくちゃ明るいです。パーティ登山では絶対合った方がいいです。手前の自分はヘッドランプ着けてますが、それ以外もすごく明るい。欲を言えば上から吊るせるともっと良かったですが、下においてもまぶしいくらいです。4人くらいの距離感ならちょうどいいのではないでしょうか。
詳しいレビューはまた別途。

DSCN1037_R
その後、サイッチョさん、タカさんは先に就寝。
しばらくユウさんのテント内で飲み直ししてました。
そう言えば、3年前のハイクでは自分のHUBBA HUBBA HPで夜一緒に飲んだのを思い出しました。
あれからもう3年ですか。早いもんですなあ・・・。

DSCN1039_R
ユウさんのテント飲みを終えてからは、しばらくテントを撮ったり、星を撮ったりしてカメラで遊んでました。
DSCN1033_R
(ちょっとPhotoshopで加工)

それにしても、先日買い換えたNIKON P340は優秀。
コンデジ15秒露光でこれだけ撮れるんですね〜。
マニュアルモードにしてもっと長時間露光にすれば、さらに星もキレイに取れそう。
そのためにはちゃんとした三脚がやっぱりあった方が良いんだろうけど・・。
でも満足の写りですね!

DSCN1042_R
なんだかんだで、結局22時20分ごろ就寝。
山でこんなに寝るのが遅いのは久しぶりかも。
翌日曜は朝7時出発予定。まずはたっぷり歩いた土曜日の疲れを取らないと。
気が付くと、隣のテントからはもう気持ちよさそうなイビキが・・・。
自分も、夢の世界に出発しますかね。


<就寝時のウェア>
ミズノ ブレスサーモ エアロフトハイブリッドジャケット
Patagonia キャプリーン4フーディ
Patagonia エアフローTシャツ
ユニクロ ヒートテックタイツ
MP ダウンパンツ
atelierbluebottle Hiker'sSocks

シュラフ ナンガ 250DX
SeaToSummit サーモライトリアクター(途中から) 
マット:NEMO ZOR ショート