雪の丹沢スノーハイク。
DSCN0317_R
雲もすっかり取れて、富士山もキレイにお目見えです。

丹沢山を後にして塔ノ岳へ。
DSCN0315_R
もう幾度となく歩いたこのルート、それでも毎回通るたびに新鮮な感動があります。
登る前には、地図と睨めっこしながら「このルートは何度も歩いたしなあ・・・」なんて思う事はありますが、いざ登ってきて歩いてしまえばやっぱり来てよかったなーと、毎回思う訳です。

DSCN0318_R
山頂に被っていた雲もなくなってすっきり!

DSCN0319_R
2年前はここが一面霧氷でキレイだったなぁ。
またあの景色みたい・・・。次のチャンスはいつだろう?

DSCN0324_R
10時24分、竜ヶ馬場通過。なだらかな稜線の先にグンとそびえる塔ノ岳。

DSCN0326_R
竜ヶ馬場の先の階段を抜けたところの風景がこのルート上では一番好きかも。
今日も雲の表情があって良い空です。

DSCN0330_R
ああ、気持ちいい。
こんな稜線ならずっと歩いていたい。

DSCN0333_R
ほんのりと残る霧氷も、徐々に上がってきた太陽と気温でパラパラと音を立てて落ちていきます。

DSCN0334_R
塔ノ岳北側の、登りに入るちょっと手前のフラット。
ここで再度チェーンアイゼンを装着します。

DSCN0335_R
10時52分、再び塔ノ岳山頂に戻ってきました。
朝来た時よりさすがにハイカーも増えて、いつもの塔ノ岳の風景と言った感じ。

DSCN0336_R
そして再び塔ノ岳からの富士山。丹沢に来ると富士山の写真がいっつも多いんですよねぇ。しかも同じようなアングルの。これだけヌケの良い風景なので何回も撮りたくなっちゃうんですよね。

DSCN0340_R
そして最近噂の塔ノ岳山頂に居ついている野良猫も発見!
塔ノ岳に来るハイカーからエサを貰っているようで、聞いた話では蛭ヶ岳でも目撃情報があるとか・・・。
凄いなこの猫。

さて、富士山もキレイに見えたし猫にも会えたし、そろそろ下山するかぁ、と思ったところに1人のハイカーさんに声をかけられました。
なんと、インスタのフォロワーさんにばったり遭遇!しかも話を聞いていたら、そのフォロワーさん、2年前の鷹ノ巣で同じところにテント張っていたハイカーさんだったことも判明!いやーびっくり、全然繋がらなかった・・・。
あの時は学生が多くてうるさかったですねぇ〜と当時の思い出話でしばし歓談。
DSCN0342_R
フォロワーさん、atelierbluebottleのマルチカムのサコッシュを使ってました。これ、タカさんと一緒ですね。
そしてもうすぐカスタムオーダーしたPAC-03も届くそうです!にわかにPAC-03が周辺で増殖中、PAC-03ハイクやりたいっすね!

暫くフォロワーさんとお話させていただきましたが、結構近所に住んでいることも分かったので、いずれハイクご一緒しましょう、と約束してお別れしました。
いやー、さすが人気の丹沢、こんな事もあるんですね〜。

DSCN0343_R
11時12分、塔ノ岳を出発。
下山ルートは大倉から天神にするかも考えましたが、続々と大倉尾根方面から登ってくるハイカーを見て断念。行きと同じく政次郎尾根から下山することにします。

DSCN0345_R
そう言えば途中の北側斜面のトラバースは柵も着けられて歩きやすくなっていました。
以前の状態に比べればだいぶ安心ですが、トレイルは細いので通過はやっぱり慎重に。すれ違いは危ないので、上で待った方がいいでしょう。

DSCN0346_R
お昼前になっても、賑やかな大倉尾根とは違ってしずかなトレイル。
雪の時期は神奈中バスが蓑毛までしか行かないので、表尾根を登って歩いてくるハイカーもあまり多くはないんですかね。
人が全然いないので、快調に下りを走っていたところ、右足に何やら違和感。
何だろうと思ってみてみると・・・なんと、アイスマスターのチェーンが切れてる!!!
ええええ!ま、マジか・・・。
取りあえずすぐに外れる感じではないので新大日まで行ってみることに。

DSCN0351_R
11時28分、新大日到着。
早速ベンチに腰掛けてチェーンアイゼンを見てみると・・・
DSCN0353_R
あちゃー。。。。
切れている切れてる。。。最近知り合いのハイカーさんも同じくアイスマスター使ってて壊れたって言ってたけど、なんだろう、やっぱり壊れやすいのかなあ。。。
なんとかまだ歩けそうなので、しばらくは着けて歩いてみることに。

DSCN0355_R
新大日下のルートはすっかり雪も緩んで所々で泥濘発生中。
しまった、アイゼン外しておけばよかったかも・・・・

DSCN0356_R
11時42分、政次郎尾根の分岐を通過。
ここからちょっとだけはトラバースに雪が多いのでやっぱりチェーンアイゼンあった方が安心。

DSCN0357_R
結構細いので右側が要注意。トレースがあっても踏み抜くところがあるので気を付けないとですよ。

DSCN0359_R
標高1000mを過ぎて樹林帯に入っても時折凍結箇所が出てきます。
ので、もうしばらくはチェーンアイゼンがあった方が安心です。

DSCN0360_R
標高900mを過ぎたあたりでやっと雪もなくなってきたのでここでチェーンアイゼンを外して、壊れた部分を見てみます。
ああ、チェーンの部分が伸びて切れちゃってますなあ・・。なんとか直せそうな気もするけど。

DSCN0362_R
あとは快適な植林帯を進み・・・・

DSCN0363_R
12時11分、政次郎尾根の取りつきに到着。

DSCN0364_R
駐車場に戻ってきました!


朝7時くらいから登り始めて、12時過ぎに下山完了。正味5時間のハイクで丹沢ピストンなので久し振りにガッツリと歩けましたかね。
いずれもう少し時間を取って、丹沢の先まで行ってみないと。
目的だった霧氷は残念ながら見られなかったけど、猫にもフォロワーさんにも会えたし、結構歩けたし満足ハイクでした。
※実はこのあと、帰宅中にも林道でインスタのフォロワーさんとニアミスでした!次はちゃんとお会いしたいですね〜(^^

それにしても・・・アイスマスター、どしよ。
取りあえず修理方法調べよう・・・。

◆登山データ
戸沢駐車場発(6:58)→政次郎尾根・表尾根合流(7:58)→新大日(8:20)→木ノ又小屋(8:35)→塔ノ岳(8:54)→日高(9:11)→竜ヶ馬場(9:19)→丹沢山(9:34)→休憩→丹沢山発(10:10)→竜ヶ馬場通過(10:24)→日高通過(10:33)→塔ノ岳(10:52)→塔ノ岳発(11:12)→新大日(11:28)→政次郎尾根合流点(11:42)→政次郎尾根登山口(12:11)→戸沢駐車場(12:12)