久し振りの政次郎尾根から、塔ノ岳〜丹沢山をピストンしてきました。
DSCN0250_R


飛び石となっていた2月11日、休みは1日だけなのでのんびりしようかと思ったのですが、今週末は所要で山には行けないので、寝不足のアタマに気合を入れて行くことに。向かうは政次郎尾根からの塔ノ岳〜丹沢山ピストン。お目当ては霧氷なのですが、条件がある程度そろわないとみられない貴重な現象。果たして、見れるかどうか・・・。
実は前日からどうにも頭痛が取れず、たぶん寝不足だろうから一晩たてば治ると思ってたんですよね。
でも当日朝起きてみてもどうにも頭が痛い。。。山、やめようかと思いましたが、取りあえず動き出せば良くなるかもだし、最悪登らないで引き返すつもりで自宅を出発。

DSCN0213_R
 6時42分、戸沢出合に到着。
もうね、このモルゲンロートを見たら頭痛も吹っ飛びましたwという事で、準備運動を済ませて出発です。

DSCN0216_R
 6時58分、今回は政次郎尾根から。
以前のハイクでは下山で使いましたが、今回はここをピストンの予定。

DSCN0220_R
政次郎尾根も初っ端っからなかなかの急登ですが、向こうに見える仲尾根もやっぱり急ですなあ・・・。

DSCN0224_R
丹沢の中でもこの政次郎尾根はもう何度も歩いているお気に入りのルート。
急登だし、展望も1140mくらいを超えるまではあまり無いのですが、何ですかね・・・何かいいんですよ。
一番は静かなところかな。あと、こんな感じでこれから行く山が見えるのもまた好きなポイントかも。

DSCN0227_R
標高800mを超える辺りから雪がちらほら。

DSCN0231_R
900mを過ぎるとトレイルが雪道に変わります。
所々凍結しており、ガチガチなので下りはアイゼンがあった方がよさそう。

DSCN0234_R
樹林帯なのでそれほど積雪は無いかと思っていたら、そうでもなかったですね。
5cmちょっとくらいです。

DSCN0235_R
この辺りで植林帯は終わり。
今日は展望も期待できそう!

DSCN0238_R
奥には三ノ塔、烏尾、手前に行者岳。

DSCN0240_R
雪化粧した大倉尾根の向こうには、先日なかなかお目にかかれなかった富士山!

DSCN0242_R
7時58分、ちょうど1時間で政次郎の頭に到着。
途中写真撮るのに10分くらい何度も取り直し。まだ新しいカメラは勉強が必要そう。
稜線に出ると結構雪がありますねえ。

DSCN0250_R
書策小屋跡のベンチから表尾根を望む。
今年はどっかで表尾根から主脈縦走とかやってみたいな・・・。小屋泊か避難小屋泊必須だけど。
それにしてもこの時期の三ノ塔の鎖場はおっかなくて行きたいないルートNo.1ですなぁ。

DSCN0251_R
さて、今回行くのはこっち。まだ朝早いので悪名高き田んぼ雪の下です。

DSCN0252_R
昼間の太陽を浴びて溶けた雪が、夜間に凍ってガチガチに、
今はまだ歩きやすいですが、下山の時間帯になるとまた溶けてぐちゃぐちゃになってるんでしょうねえ・・。

DSCN0257_R
8時20分、新大日到着。
ちょっとここで小休止と・・・・

DSCN0258_R
この先凍結路も増えそうなのでCAMP アイスマスターを装着。

DSCN0265_R
今回も通過でごめんなさい、の木ノ又小屋。

DSCN0271_R
前方に塔ノ岳山頂、尊仏山荘が見えてきました。その左手奥には富士山の姿も。
この塔ノ岳と富士山のツーショットが見られるこのポイント、おすすめです!

DSCN0273_R
新大日から塔ノ岳までの稜線は、ちょうど先日歩いた鍋割山稜によく似ています。
積雪はこちらの方が多いので、スノーハイクには持って来い。塔ノ岳から丹沢山までの間も魅力的なのですが、そこまで行けない人にもこのルートなら歩けると思うので、雪山に慣れてない方でもぜひ軽アイゼン持参で歩いてほしいですね。

DSCN0275_R
山頂手前のラストの急登を登りきると・・・

DSCN0277_R
8時54分、塔ノ岳山頂に到着!
さすがにこの時間、まだまだハイカーまばらですね。
コーヒーの一杯でも飲みたいところですが、今日は先まで向かうのでちょっとだけ休憩して、丹沢山目指して出発!