Instagramのイベント「MeetMeJapan_Tanzawa」の皆さんと分かれ、ここからはソロハイク。
DSCN0186_R


花立山荘を出発したのが11時40分。
本来なら塔ノ岳まで行く予定ではあったのですが、残念ながら天気もイマイチ。山頂からの展望もあまり期待できない事と、たぶん大混雑だろう・・という事で、今回は塔ノ岳はパスすることにしました。
そうと決まれば目指すは鍋割山。
特に鍋割山稜は程よく雪が積もっていて、スノーランにはちょうど良さそう。

DSCN0169_R
花立山荘を出発すると、積雪が一気に増えてきました。
日の当たる尾根筋はところどころ溶けて嫌な感じですが、

DSCN0171_R
北側の日陰になる尾根は雪がたっぷり。
凍結もほとんどないのでノーアイゼンで楽に歩けます。
(とは言え、雪道に慣れていない方などはアイゼンを装着した方が安心です)

DSCN0173_R
11時50分、金冷やしを通過。
ここから左に進み、お待ちかねの鍋割山稜です。

所で。
この金冷やしを鍋割側に曲がってすぐの角で用を足している中年(と言うか初老)の男性登山者がいました。
もう、登山道のすぐ脇、というかほぼ登山道上です。
あんな人通りの多いところで、隠すような素振りもなく・・・。ちょっと神経を疑います。
もしかしたらその跡を見かけた方もいたんじゃないでしょうか?
生理的なものなので時と場合によっては仕方ないと思いますが、もう少しトレイルを外れるとか、人目につかないところで済ませるとか無いんでしょうか??
登山マナー云々ではなく、人として、のレベルです。ちょっとひどいですね。



DSCN0177_R
それはさておき、さすがに大倉尾根と打って変わってハイカーもまばら。
雪質も程よく締まっていてグリップもよく効きます。鍋割山稜の魅力は何と言ってもアップダウンの少ない快適なトレイル!雪があれば泥濘も気にならないし、もう本当快適!

DSCN0176_R
大丸通過。
積雪の感じとしては30cmくらい、と言ったところでしょうかね。

DSCN0178_R
とにかく快適なトレイルが続くので走っても歩いても気持ちが良いです。
青空もちょっと恋しいけど、曇っているお蔭で雪がグズらないでいるので、これはこれでOKですかね。

DSCN0180_R
こんな感じでなだらかなトレイルが続きます。

DSCN0182_R
トレイル脇の踏み抜き具合はこんな感じ。
新雪の積もり具合は10cm強といったところでしょうか。

DSCN0186_R
鍋割山稜も結構日当たり良いだろうなあ、と思っていたので雪はあまり期待していなかったのですが、予想以上にしっかりと積もっていました。
大倉尾根よりハイカーが少ないこともあって、トレイルの圧雪具合もほどほど。凍結箇所も今のところほとんど無かったので安心して快適なスノーハイクを楽しめます。

DSCN0189_R
ちょっと開けたところから、蛭ヶ岳方面。
蛭ヶ岳の山頂は雲がかかっていて、もしかしたら雪が降っているかも。
今年こそは蛭まで行こう・・・。

DSCN0183_R
南側に出ている尾根はやっぱり若干の泥濘。と言ってもこの区間は短いです。

DSCN0190_R
12時20分、鍋割山荘・鍋割山山頂に到着!
さすがの鍋割山、ハイカーで大盛況。こんな寒い日は鍋焼きうどんおいしそうだよねぇ・・・。と思うけど、今日は時間制限ありなので断念。鍋割山は何度も来てるんだけど、鍋焼きうどんって1回しか食べたことないんだよね・・・。

DSCN0191_R
富士山はすっかり雲の中、だけど一応一枚。

さて、富士山もないし鍋焼きうどんも食べないのでさっさと下山!
DSCN0193_R

DSCN0195_R
さすがに南側斜面になる後沢乗越からのルートは泥濘がひどい・・・。
汚れもそうだけど、スリップが一番怖いので慎重に、かつ急いで下ります。

DSCN0196_R
まだ時間もお昼すぎなので、登ってくるハイカーで渋滞するかな・・と思っていたのですが、この日はびっくりするくらい人が少なかったです。
お蔭で途中からほとんど人に会わず、あっという間に後沢乗越が見えてきました。

DSCN0197_R
ちょうど北側になる栗ノ木洞への登りからは積雪が残り、その手前の陽が当たる箇所はキレイに雪が溶けています。ちょっと面白い。

DSCN0198_R
一気に沢沿いのトラバースを抜けて、樹林帯を通過。

DSCN0199_R
歩荷用の水が置いてある渡渉ポイントまで降りてきました。

DSCN0201_R
西山林道を二俣へ向けてジョグ!

DSCN0203_R
12時58分、二俣に到着!
道標の上にシカの骨が・・・・。

DSCN0205_R
さらに走ってゲートへ。

DSCN0206_R
勘七橋を渡って、さらに歩いて、13時9分、駐車場に帰ってきました!
花立を出たのが11時40分なので、1時間半くらいですかね。林道もほぼランだったので良い時間に降りてこれました。

DSCN0207_R
お蔭で足元はどろどろ。


Instagramのイベント「MeetMeJapan_Tanzawa」に参加する、と言うのがきっかけで、久しぶりの大倉尾根をのんびりと登ったり、新しい山繋がりが出来たり、鍋割山稜のスノーランも気持ちよかったし!と充実な1日でした。結構体は疲れましたけど・・・。お蔭で若干、まだ筋肉痛が残ってたり(^^;
イベントに参加された皆様、お疲れ様でした!ぜひまた次回があれば、今度は山頂までご一緒しましょう!


それでも、ここのところショートハイクメインで、やっぱり歩ける距離も限られていたので久しぶりにたっぷり山歩き出来た感じです。大倉尾根、近いうちにもう一度来ることになりそうなので良いリハビリにもなりました。
鍋割山稜はやっぱり歩きやすくていいですね〜。今度来るときこそ、鍋焼きうどん食べよう・・・。

そして、今回は「ランとハイクを交えたルート構成」と言った意味では、駐車場から登山口までの林道を走る事で時間の短縮と、公共機関が無いところでもある程度ラウンドを組める、という点では今度のショートハイクにも取り入れられそう、という方法が一つ増えたのが収穫でした。
今までよりももう少しルートの幅が広がりそう。
ここのところ丹沢どっぷりですが、まだまだ色んなルート楽しめそうです。


◆登山データ
県民の森駐車場発(6:19)→大倉バス停(6:58)→MeetMeJapan_Tanzawa参加→大倉バス停発(7:29)→のんびりハイク→花立山荘着(11:03)→休憩→花立山荘発(11:40)→金冷やし通過(11:50)→大丸通過(11:56)→小丸尾根分岐通過(12:03)→鍋割山山頂(12:20)→鍋割山発(12:21)→後沢乗越(12:39)→二俣(12:58)→県民の森駐車場着(13:09)