5年ぶりに仕事道具を新調しました。
 DSC_1076_R
Nikon COOLPIX P340.

先に記事にも書きましたが、あれこれ悩んでいたカメラを買い換えました。
選んだのは「Nikon COOLPIX P340」。
自分のようなブロガーにとってはカメラは仕事道具のようなもの・・・と言われまして、ああ、そうだよなあ、と思ってからまー結構悩みました・・・。
 DSC_1080_R

最後まで迷ったのは富士フィルムのXQ1。
先日海外で後継機種のXQ2が発表されたこともあり、一気に値段が下降しかなり心が揺れ動きました。
動作の機敏さは捨てがたいとは思いましたが、調べてみると、XQ1は広角側の最短撮影距離が3cm、望遠側が50cm。対してP340は広角側が2cm、特筆すべきは望遠側が30cmと使いやすいレンジであること。
背景ぼぼかして撮影したいときに、マクロでもいいんですけどレンズ収束をうまく使うとコンデジでも結構雰囲気ある写真が撮れるのですが、この時望遠側の最短撮影距離が短いほど使いやすいわけです。
また、実機で撮影したサンプルを見比べて、強い光源(太陽や電灯など)を写した場合のフレアの出方がP340の方が好みだったこともあり、やはりこちらに決定、となったわけです。

DSC_1077_R
 5年間愛用したCybershotTX-5との比較。
一回りサイズは大きいです。

DSC_1078_R
 厚さもP340の方がありますね。まあ、性能を考えれば問題にするところではないですが。

DSC_1079_R
 ディスプレイは92万ドット広視野角3型TFT。見た感じでは十分なきれいさ。
直射日光の下でどのくらい見やすいか気になるところ。

DSC_1082_R
レンズは光学5倍ズーム、NIKKORレンズ。f/1.8-5.6と望遠側でやや暗いですが、まあ、いいかな。

DSC_1083_R
 念願のWi-Fi搭載!
設定も超簡単、デジカメで撮影した画像を転送できるってステキ・・・w

DSC_1085_R
電源ボタンがやや押しにくそう。
素手ならいいんですけど、グローブしてると結構キツイですね。長押しで電源ON、というところが動きが遅い、と言われている所以かも。でも起動してしまえばそれほどもっさりしている印象はありません。と言うかTX5に比べればすべてが快適w

DSC_1084_R
 コントロールリングにFnボタン、そしてコマンドダイヤルと、それぞれ機能を割り振る事が出来るのは便利です。
ただ、使用しているモードによって使える機能が異なるのはちょっと分かりにくい・・・。共通で良かったんじゃないの?とも思ったり。

DSCN0007_R
届いた日の夜、ちょっと外にでて手持ちで撮影してみたのですが。。。

凄いですな!
やっぱり1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーとF1.8の明るいレンズは強力!
手持ち1秒でこれだけ撮れたらもう文句言いませんw
ノイズも少な目だし、暗部はややベタっとしているけど解像感はそこそこ出てるし。


自分は本来CANON党で、本当はPowerShotが欲しかったんですよね(昔CCD時代のS60やS80を使ってましたし)。その後しばらくマニュアル撮影が出来るカメラから遠ざかっていたのですが、やっぱりマニュアル機は写真撮るというより、作品を作る、といった雰囲気があってワクワクします。
早いところ外に撮影に行きたい・・・!
ああ、この週末はのんびりする予定だったけど、行っちゃおうかなあ、山・・・。
もうウズウズして仕方ありません。

そう言えばあの人も同じカメラだったなあ・・・w