丹沢マイナールートを歩くショート・ハイク。
DSC01124_R
さて、烏尾から、どこまで行こうか・・・。
 
「烏尾山荘」。
DSC01122_R
その独特なたたずまい、どこか懐かしい三角屋根の山荘は、ファンも多いと聞きます。
前にここを通った時は、コーヒーとか売っていたような気がするけど・・・さすがにこの時間は開いてないみたいです。基本通年、週末営業で素泊まりのみらしいです。

DSC01123_R
 先週歩いた三ノ塔の稜線
こちらから見ると、日陰になる北側は結構雪が着いてるように見えます。が、実際はあれ、凍結でしょうね。
三ノ塔から烏尾まで一気に下るガレ場がありますが、あそこはチェーンアイゼンなんかあった方が良さそうに見えます。

そう言えば、写真を撮るの忘れたのですが烏尾山荘の脇に新しく設置されたバイオトイレ。
めちゃくちゃキレイです。使った紙はビニールに入れて持ち帰りとなりますが、丹沢エリアにおいては超が付くほど快適なトイレでしょう。

DSC01124_R
さて、先へと進みます。
行き先までは決めてませんでしたが、取りあえず下山には政次郎を使うことだけは決めてました。やっぱり天神尾根はあんまり下りたくないので・・・。となると、まあ、行けて塔ノ岳くらいまでですかね。でも新大日で折り返しても良いかも・・・。
取りあえず出発!

DSC01126_R
日の当たる稜線は日中はどろどろの泥濘になり、それが夜間凍って・・を繰り返して、まるで穴ぼこだらけのトラップ・トレイルです。油断していると足を捻挫しそうですが、それでも朝の稜線はとても気持ち良くて、思わずラン!

DSC01127_R
まあ、疲れるよね・・・w

DSC01129_R
左手には大倉尾根、そして箱根連山、その向こうには富士山に愛鷹連峰。

DSC01131_R
8時41分、烏尾山荘から10分ほどで行者ヶ岳に到着。
さて、問題はこの先なんだけど・・・

DSC01132_R
DSC01135_R
行者の先にある鎖場はいずれも凍結もなく、無雪期と同様慎重に下ればOKでした。
実は先日の雪などで、日陰になりやすいこの場所はもしかしたら一番う厄介なところかも、と警戒してCANPのアイスマスターを持ってきたんです。が、結局今回も使わずじまいでした・・・。まあ、備えあれば患いなし、なので良いんですけど。

DSC01136_R
政次郎ノ頭南側の崩壊地を過ぎて・・・

DSC01137_R
8時53分、政次郎尾根との合流点。

DSC01138_R
ちょっと登って書策小屋跡のベンチ。
ちょっとここで小休止。
さて、どうしようかな、新大日ピストンにするか、塔ノ岳まで行くか・・・。
とかいろいろと考えていると、塔ノ岳方面へと向かう稜線に結構な数のハイカーが。
さっきの学生では・・・数からすると違うみたいだけど、この時間なのに割と人が多いのね。うーん。


で、結局・・・

DSC01139_R
書策小屋跡地のところでのんびりコーヒータイムにすることに。
ここからだとちょっぴり富士山も見えるし、塔ノ岳への稜線も良く見えて気持ちが良い。シカ糞が多いから気を付けないとだけどね。

DSC01141_R
Sanpoストーブでお湯を沸かして、JINCUP ULでアツアツのコーヒーを飲んで、あんぱんをほおばる。
さしてハードな山歩きをしてきたわけでは無いし、時間的にはまだまだ歩ける時間だけど、こんな風にルートの途中でコーヒーが飲みたくなったら飲む、みたいな、きままなハイクって、最高ですわ。
せっかく好きで山に来てるんだもん、目的とかなんかに縛られないスタイルがあってもいいでしょ。

DSC01145_R
30分ほど草地でのんびりして、さて、、、じゃあ、下山しよっかな。

DSC01146_R
さっき登ってきたルートを下り・・・

DSC01147_R
9時39分、政次郎尾根合流点。ここから下ります。

DSC01148_R
政次郎尾根は一部トラバースが凍結していましたが、ここの部分だけです。

DSC01149_R
上部のガレ場を通過し・・・富士山ともここでおさらば。。

DSC01150_R
植林帯のトレイルをスタコラサッサ。

DSC01151_R
DSC01153_R
10時5分、駐車場に到着!
政次郎尾根合流点から25分くらいで降りてきました。


朝7時過ぎに登山口を出発して仲尾根から烏尾、行者を通過し政次郎尾根から下山。
コースタイム的には4時間程度のルートですが、実際には2時間ちょっとで降りてきました。2時間と言うと普通の登山では物足りない感じがするかもしれませんが、登りも基本ハイペース、フラットは走って、下山ももちろんラン。これだけ動いていると、4時間歩くより結構疲れます。
また、余裕が出来た分途中でのんびり出来たり、好きなところでは立ち止まってゆっくり景色を楽しんだり。
そんな風な充実感も、この短時間で得られるとしたら十分意義のあるスタイルかなーと。

まだまだこんな風に歩けるルートはたくさんありそう。そして、もう少しこのハイクスタイルに慣れたら、ちょっとロングルートにもチャレンジしてみようかな。


そうそう、仲尾根、今回初めて歩きましたがとても良い尾根ですね。政次郎ほどガレ場も多くないです。ただややザレているところがあるので、下山より登りで使うと良いルートだと思いました。
途中の広場も開放感あるし、植林帯を早い段階で抜けるのであとは空の下の気持ちのいい尾根登り(急登だけど)が楽しめます。
展望もよし!ルートも分かりやすいので、個人的にはお勧めです。ここを登って、塔ノ岳をまわって大倉に降りるとか、良さそうですね。

◆登山データ
戸沢出合駐車場発(7:11)→仲尾根登山口(7:15)→2つ目道標(7:28)→3つ目道標(7:38)→無木立広場(7:41)→烏尾山荘(8:13)→休憩→烏尾山荘発(8:29)→行者ヶ岳(8:41)→政次郎ノ頭(8:53)→書策小屋跡ベンチ→休憩→書策小屋跡ベンチ発(9:37)→政次郎ノ頭(9:39)→戸沢出合駐車場(10:05)