先日書かせていただきました、atelierbluebottleさんのHikers Socksについて、先週のハイクでフィールドテストしてきましたのでそのレビューなどを。
DSC00945_R

本当は今日(土曜)にもう一度ハイクしてから書こうと思っていたのですが、睡魔に勝てず・・。
すんませんw 

先日の記事にもある通り、atelierbluebottleさんのHikers Socksのテスターをさせていただいています。
形状や特徴についてはこの前の記事を参照いただければと思いますが、簡単に書きますと、足袋型・ヤクウールを使った化繊混合のソックスです。

フィールドテストとしては、大山を中心とした無雪期の一般登山道(痩せ尾根、ガレ・ザレ場、石段、泥濘)のルートです。
DSC00905_R
DSC00817_R
DSC00850_R
→ルートなどについてはこちらの記事にて


DSC00917_R
汚い足ですんませんw

実際履いて歩いてみた感想としては、

・クッション性については必要十分。
・靴の中で滑りにくく、踏ん張りが効きやすい。

というところが印象的でした。
クッションについてはスマートウールのミッドウェイト程度と前回書きましたが、だいたいそのくらいでしょう。
一般的なハイクではかなり快適だと思います。
DSC00946_R
特に気に入ったのが2点目のところで、靴の中で変に滑らないので、要所要所で力が入れ易く、また安心してグリップコントロールが効くので個人的には非常に好印象でした。
かと言って滑りが悪い訳ではなくて、と言うのは今回のフィールドテストでは新しい靴+新しいソックスという、割と足のトラブルが起きやすい組み合わせで挑んだのですが、いわゆる靴擦れなどのトラブルは一切なし。
力を入れる部分ではしっかりとトラクションが効き、それ以外の踵などでは足の動きを妨げないような適度な滑りがあるため、足運びにストレスを感じることはありませんでした。

また、一番気になっていた「足袋」形状についてですが・・・
DSC00947_R
恐らくこれについては賛否両論あるかと思いますが、個人的には非常に良かったです。
5本指ソックスも使っていましたが、僕自身の感想としては、5本指ソックスよりも足先に力が入れ易く、トレイルを掴む感が強かったと思います。
よく考えてみると、「親指だけ」で力を入れて踏ん張る事はありますが、例えば「中指」1本だけで踏ん張る事って、無いですよね。親指以外の4本は、多くの場合一緒になって力を入れようとするはずです。
なので「親指」と「その他4本」で分かれていることは、実に合理的で効率の良いスタイルだと思います。

「足の指と指の間の汗のペタペタ感が気になる」という人は、やっぱり5本指ソックスを使った方がいいと思います。が、僕自身では足先のムレ感などは少なくとも今回のハイクでは気になりませんでした。
シューズが非防水だったという事もありますが、脱いだ時の汗ヌケも良かったですよ。


気になったポイントとしては、ソックス自体のグリップが強いので、トレイルランなどで、下りでは靴の中で足をある程度滑らせたい、という人には不向きかも知れません。
また、今回はトレランシューズとの組み合わせだったのですが、これが固めの登山靴の場合や、積雪時の保温性、濡れた場合の軋み感などは、今後のハイクで改めてテストしてみたいと思います。

最初の使用としてはかなり良いです。個人的に踏ん張りやすい、グリップの強いタイプが好みなので、同じようなスタイルの方、後は足先に力を入れたいクライマーの方なんかにも良いかもですよ。