2015年の山初め、丹沢・大山をバリエーションルートを交えながらのラウンドハイク。
DSC00897_R
山初めに相応しい青空のもと、しばし山頂でまったり。



もう幾度となく訪れた大山の山頂。
まだ人の少ないベンチに腰掛け、しばしコーヒータイム。
DSC00901_R
この日はお湯沸かすくらいしか予定無かったので、ミニトランギアではなくエバニューのチタンコッヘルを持ってきました。かなり軽量なので、今回のようなお気軽ハイクの時はこれでもありかなー。

DSC00893_R
山頂をちょっとブラリとして、新宿の都心方面。
肉眼では見えるスカイツリーも写真ではどこにあるやら・・・人の眼って、すごいですなあ。

DSC00894_R
少し北に視線を移すと、うっすらと筑波山の姿も。

DSC00897_R
湘南の海には太陽がギラギラと反射中。

DSC00899_R
海の向こうには伊豆大島のシルエット。
いやー本当展望が良い!

さて、コーヒーも飲んだことだし、あまりのんびりしていると山頂も登山道もハイカーで溢れかえりそう。
という事で、10時2分、下山開始!
DSC00903_R
実は、こっちのルートから下山するのはかれこれ10年ぶり以上・・・。
DSC00908_R
もうほとんど覚えてないけど、ああ、そう言えばこんな感じのゴツゴツした登山道だったかなぁ・・・。

DSC00909_R
下りのルートは石畳があったり湿った岩や泥濘もあって、お蔭で新しい靴の性能チェックにはもってこいでした。
DSC00905_R
SCOTT T2キナバル2.0
良いですね、これ。やっぱりアプローチシューズより足さばきが楽で、トラクションも十分。安心して足を落として行ける感じ。下りはかなりスピード出せます。

快晴の大山は大勢の登山客で大賑わい。
下山中も何回「こんにちわー」と言ったかわからないほど。つい先ほどまで歩いていた北尾根やネクタイ尾根の静けさがウソのようです。
DSC00910_R
これです、これ、下社から登り始めるといきなり出てくる石段。
下るのも慎重にしないと足を踏み外しそう。降雪後や凍結時はかなり怖いですね。

DSC00912_R
10時27分、大山阿夫利神社下社に到着!
人、多い・・・!何か、野球部?中学生くらいの部活動っぽい集団が何組かいました。

DSC00913_R
1年間、自分の足を守ってくれたお守りを神社に返して・・・

DSC00915_R
新しい足腰お守りを購入!今回は靴の色に合わせてみました。
また1年、怪我なく楽しい山歩きができますように・・!

一番の目的も果たしたので、ささっと下ります。
10時47分、下社を出発。
DSC00918_R
実は、このルートも歩くの初めてです・・・。
見晴台へと繋がるこのルート、人気もあるようですが、過去には滑落事故や熊の出没などあったり、意外と気を抜けないルートでもあります。

DSC00919_R
DSC00921_R
二重滝を過ぎて・・・

DSC00923_R
tsujioさんが見たら抱き付きそうなご神木。

DSC00924_R
DSC00925_R

それにしてもこれでもか!というくらい網が張られていたり、登山道には鉄製の柵があったりと物々しい雰囲気。
確かに柵が無いと、よそ見してたりしたら足を踏み外しやすい感じがします。ありがたいと思いつつも、何となく複雑な心境。

DSC00927_R
11時5分、見晴台に到着。
コーヒーでも飲んでのんびりしようかと思ったけど、ベンチには大勢の登山客が休憩中だったので、そのままスルー。

DSC00929_R
日向薬師方面へと下山開始。
ここからは人通りも少ないので気持ちよく走れる尾根がしばし続きます。

DSC00930_R
気持ちの良いフラット。

DSC_1023_R

DSC00932_R
何度見てもビクっとする、ちょっと大きめのお地蔵さん。
ここに至るバリエーションルートもあるみたいなので、いずれ行けたら行ってみたいですね。

DSC00934_R
ここからはひたすら九十九折の樹林帯。

DSC00935_R
11時24分、一旦林道へと出て、再び向かいの登山道へ。

DSC00936_R
赤い屋根が見えてきたら、登山道も終わり。

DSC00937_R
11時30分ふれあい学習センター下の登山口を過ぎて・・・

DSC00939_R
11時33分、駐車場に無事帰還!
だいたい5時間くらいのさっくりハイクでした。やー楽しかった!

今回のルート、距離にして約12〜3kmとお手軽な距離ながら、かなり歩き応えのあるルートでした。
ふれあい学習センターを基点としてラウンドで回れるのも良いところ。
梅ノ木尾根〜唐沢峠までは痩せ尾根が続き要注意なところもありますが、そのあとはネクタイ尾根の取りつきさえしっかりとつかめればあとは快適な広い尾根歩きを楽しめます。
何より人気の大山を山頂手前まで静かに歩けるのは貴重ですね。

ネクタイ尾根は今回はじめて歩きましたが、一部のヤブっぽいところを除いて危険と思われるところはありません。そのヤブの箇所、谷側にトラバースしようとすると結構切れ落ちているので危ないです。ヤブに突っ込んで進んだ方が安全です。
あとは、ネクタイが思ったより見つけられなかったのが残念といえば残念。。。

ともあれ、2015年の山初めとしては大満足な山行でした。
今年は昨年に引き続き、マイナールートの開拓とバリエーションへのチャレンジが、一つの目標かなー。
バリエーションルートは中には本当に危険なところや、しっかりとした読図技術が求められるルートもあるので、スキルアップを兼ねて、出来るところからチャレンジしていこうかと思います。


◆登山データ
ふれあい学習センター上駐車場発(6:25)→浄発願寺奥院入口(6:37)→日向山周遊ルート合流(7:09)→二ノ沢ノ頭(7:30)→大沢分岐(7:40)→大山三峰縦走路合流点(8:06)→休憩→唐沢峠(8:21)→石尊沢の堤(8:27)→ネクタイ尾根登り口(8:35)→大山北尾根合流点(9:12)→大山山頂(9:30)→休憩→山頂発(10:02)→阿夫利神社下社(10:27)→休憩→阿夫利神社下社発(10:47)→見晴台(11:05)→お地蔵さん(11:13)→ふれあい学習センター登山口(11:30)→駐車場(11:33)