2015年も明けて早10日。
最初の3連休の初日、今年最初のハイクへと行ってきました。
DSC00829_R

 
2015年の最初のハイクの行き先は「丹沢・大山」。
4年前から毎年、お正月の初詣に大山阿夫利神社へ行き、「足腰お守り」を購入していたのですが、 今年は寒川神社に行ってしまったため購入できず。
ならば、最初のハイクの行き先にして、その際にお守りを購入しようかと。それならいっそ、歩いたことのないルートがいいなあ・・・・と言う事で、ルートは

日向薬師→梅ノ木尾根→ネクタイ尾根→大山北尾根→大山→阿夫利神社下社→見晴台→日向薬師

の、バリエーションを交えたラウンドで。
そして、先日購入したSCOTTのT2キナバル2.0と、atelierbluebottle Hikers Socks(仮)のフィールドテストも兼ねたいので、部分的にRUNを交えた「ハイク&ラン」で行ってみることにしました。


自宅からだとだいたい1時間くらいで登山口となる「日向ふれあい学習センター」の先の駐車場に到着。
DSC00795_R
 東の空が徐々に明るくなり、夜明け間近。
今日はここに車を停めて、登山道の入り口となる浄発願寺へと向かいます。

DSC00799_R
 駐車場から200mほど下ったところにある「浄発願寺奥院」への入り口。
6時37分、2015年最初のハイクはここからスタートです。

DSC00801_R
石灯籠の間の階段を登り・・
DSC00803_R
 DSC00804_R
本堂跡。
ここを左手に進みます。
さらに少し進むと岩屋跡があり、その先100mほど進んだところで
DSC00805_R
こんな感じの、トレイルが倒木で塞がれている箇所があります。
その手前、写真中央辺りの木になにやら矢印?のようなものが着いてるんです。これを梅ノ木尾根への取りつきと思って登ってしまったのですが、ここは左手まっすぐに進むのが正解ですね。
DSC00806_R
こんな感じで、ところどころテープはあるのですが兎に角歩きにくい・・。
地図上ではショートカットですが、結果的に大回りするより時間食っちゃったかも。岩も脆くて剥がれやすいのでここは使わない方がよいと思います。

DSC00810_R
そんな感じでいきなりヒーヒー言いながら破線ルートを登っていると、湘南の海の向こうから朝日が昇ってきました。
DSC00807_R
あっという間にトレイルも真っ赤に!
 
DSC00811_R
 そんな中、上部に尾根ルートが見えてきたので頑張って直登!

DSC00813_R
 本来のトレイルに復帰、やーキツかった・・・。

DSC00815_R
 ここから暫くは木の根の張り出したトレイルが続きます。
今回のルートは、どこも基本的に尾根筋を外さないのが大原則。

DSC00816_R
 朝日が照り付けるトレイル。
そう言えば、山で見る今年最初の日の出ですね。

DSC00818_R
 暫く進むと道標。
某レコではこの道標の裏手を直登していたのですが、ちょっとルートから外れたくないのでここは素直に一旦右手、日向薬師方面へと進みます。

DSC00819_R
 数分歩くとベンチのある分岐に差し掛かります。このベンチの左手方向が梅ノ木尾根ルート。

DSC00820_R
 この立札の根本に小さく「大山」と書いてあります。
分かり難い・・。

DSC00823_R
 しかし一旦尾根に乗ってしまえばさほど難しくありません。
トレースもしっかりしてるし、多少分かりにくいところでは尾根筋を外さないという原則に従えばすぐにルート復帰できます。
また右手に大山三峰が見えているので、自分の位置確認も出来るかと。

DSC00826_R
梅ノ木尾根は、最初は尾根が比較的広くて歩きやすいのですが、この辺りから徐々に尾根が狭くなってきます。
また、マイナールートのためややトレイルは荒れており、部分的に通過注意の箇所ありです。

DSC00829_R
湘南の海の上に姿を現した太陽。
雲一つなく、水蒸気も上がってきていないこの時間帯は色んなものが良く見渡せますね。早く山頂に着ければかなりの展望が期待できそう!

DSC00830_R
7時30分、二ノ沢の頭に到着。スタートから53分。
ここからは下り基調の緩やかなアップダウンなので、RUNに切り替えます。

DSC00831_R
木の根が張り出してますが、朝日も入り込んで気持ちの良いトレイル。
冬の冷たい空気がちょうど心地いい感じです。

DSC00832_R
途中ぽっかりと開けたところから、目指す大山山頂が見えました。
近いようで、まだまだぐるっと回り込んで行かないとです。

DSC00834_R
二ノ沢の頭を過ぎた辺りから、トレイルが砂状のザレに変わってきました。
これ、非常に滑るので歩くのでも要注意。さらにこんな感じのナイフリッジも頻繁に出てくるので結構神経使います。

DSC00835_R
場所によってはこんな感じでトレイルが抉れて崩壊してるところがあります。
調子に乗って歩いてると右側踏み外したりしそう・・・。

DSC00837_R
尾根は細いですが、これだけはっきりしていると迷いようも無いくらいですね。
本当、足元だけ要注意。

DSC00839_R
大沢分岐。
この場所ですが、中央の木にルートを示す案内が書かれています。
なんとなく左手に進みたくなるのですが、実際のルートはこの右手奥へと向かっています。
左手に進むと日向キャンプ場へと降りてしまうので要注意です(某レコに記載ありました)。

DSC00843_R
何度もアップダウンとガレ場なんかも通ります。
このルート、マイナールートなだけあって色んなシチュエーションが出てきて楽しいです。

DSC00844_R
徐々に尾根が広くなってきました。
ここがまた急登なのですが、ここを登りきると弁天御髪尾根ルートとの合流ポイント、大沢分岐です。

DSC00846_R
梅ノ木尾根方面のロープが見えてきて・・

DSC00847_R
大山三峰からの縦走路に合流!
ここで時間は8時6分、スタートから約1時間半ですね。
小休止を取ってから、不動尻方面へと向かいます!