食べて、飲んで、たくさん笑った2日間。
DSC00559_R
12月20日〜21日と、ブログやSNSを通じて知り合った山仲間達と忘年会ハイクへ行ってきました。
ここ数年で、ブログやTwitter、Instagramなどを通じて知り合って交流させていただいているハイカーさんがとても増えまして。
非常にありがたいお話で、一部の方とは飲みに行ったり、実際に山に行ったり・・・。
そんな2014年ももうすぐ終わり。という事で、全員、とは行かないのですが参加いただけた方5名+自分の計6名で奥多摩・三条の湯へと忘年会ハイクへ行ってきました。

三条の湯と言うと、2週間前にもタカさんと行ったところ。この時、兎に角快適な山小屋(テント泊のハイカーも使える)に温泉!と、これは忘年会ハイクにはもってこいなのでは?という事で急きょ行先を変更したわけです。
当初は鷹ノ巣避難小屋か、奥多摩小屋を予定していたのですが、あいにくこの週末は天候も怪しかったので結果としては大正解でした。

DSC_0877_R
 20日土曜の朝8時過ぎにスタート地点の「道の駅だばやま」に集合。
特に決めていたわけではないのですが、今回は久しぶりのハイクのまんも、タカさんatelierbluebottleのtsujioさんと 4人での出発。今回はタカさんもatelierbluebottle PAC-03(カスタムオーダー)での参加。届きたてホヤホヤです。ブラックとホワイトのX-PACツートンがかっこいい!

先行しているYUさん、Sさんから遅れること1時間、9時過ぎに出発です。
DSC_0882_R

DSC00402_R
丹波山小学校の裏手を抜けて、まず向かうは前回は下山で使った丹波天平尾根。
そこまでは例によってジグザグの急登をハイクアップ。

DSC00421_R
ほぼCT通りって感じで天平尾根に合流します。
前回は晴れていたけど今回はちょっとどんより。

DSC00424_R
DSC00431_R
雪も2週間前よりだいぶ減っていました。雪質からおそらく何度か雨が降って、夜や早朝の凍結を繰り返した様子。とろこどろ踏み抜きがありますが、まだくるぶしが埋まるくらいですかね。
それでもやっぱりこの尾根はとても気持ちいいです。いずれここで寝てみたい、いや、本当に。
イノシシはおっかないけど・・・。

DSC00447_R
サオラ峠を過ぎたあたりから少し雪が降り出しました。
「このまま雪がずっと降るならいいのにね〜」
なんて話ながら歩きます。雪国出身のタカさんには悪いけど、やっぱり雪が降るとテンション上がっちゃうんですよね。
それにこの日は夜は雨予報が出ていたので、出来れば気温が下がって雪になってくれれば・・・とかもあったり。

DSC00458_R
幾つかの沢を超えて、三条の湯へ。

DSC00465_R
CTよりちょっと早いくらい、13時55分に到着。
山小屋から煙が上がっているのを見るとなんとなくホッとしますね〜。

DSC00466_R
テント場にはまだ1張もなし。この日は結局テント泊したのは自分とまんも、tsujioさんの3名のみ。タカさん、YUさん、Sさんは小屋泊です。
今回のハイクも、以前鷹ノ巣でやった現地集合ハイクのように、だいたいの時間と場所だけ決めておいて、あとはルートも泊まる方法もすべて自由。と言っても結果的に全員が同じルートで登ってきましたが・・・。

DSC00473_R
他のテント泊が居なかったので場所は選び放題。
テント場の水場横にあるフラットな場所を確保してテントを設営しました。

DSC00472_R
そして今回は初めてフロアレス!
HUBBA HUBBA HPはフライのみで自立できるので、これを山で試してみたい!けど夏場とかは虫が・・・。
という事で、この冬時期ならイケる、ので試してみたんです。フットプリントも使ってるので厳密なフロアレスと言っていいのかよくわかりませんが、とにかくインナーはありませんw

このスタイル、テントの広さをフルに使えるという点と、設営・撤収が楽、という点ですごく良かったです。
加えて寒さ対策をちゃんとできればとにかく快適。テントのフライとはいえ、開放感はインナーありでは味わえないものがあります。

DSC00477_R
DSC00481_R
このあとは小屋の食堂の一角をお借りして忘年会(1次会)スタート!
Sさん、まんものビールが被ってしまってすんません・・・。

DSC00487_R
温泉で温まったあとは二次会スタート。
この時点で、実は小屋の外は結構な豪雨でして・・・一度テントの様子を見に行ったまんもが「みんな何等かの濡れの被害にはあってる」との事でした。
今回フロアレスという事で当然バスタブも無い状態、一番嫌だったのはテント内が水たまりになってしまう事でしたが、一応水はけがよさそうな場所を選んで張ったので大丈夫かな・・と。
取りあえず飲んで忘れますw

DSC00489_R
DSC00490_R
今回はキムチ鍋。
冬という事で鍋率高めでしたね〜。

DSC00491_R
これだけの人数で、山でご飯を食べる、というのは実は初めて。
4人くらいまでなら過去にありましたけどね・・・。とにかく、爆笑につぐ爆笑w山でこんなに笑ったのも初めてだったかも知れません。
そして山好きが集まっているにも関わらず、山やギアの話がほとんど出ないというwこれまた珍しい忘年会でした。

DSC00493_R
まんもが盛大に、しかも2回も鍋返しを披露したり、タカさんは実はとにかく2回wだったり・・・。
本当、この様子を動画に撮って編集したらお笑い登山と言いう新しいジャンルが出来るのではないかっていうくらい、楽しかった!

21時過ぎ、食堂を片づけて撤収。
小屋泊組みは就寝部屋へ、テント泊組はテント場へ。
このころになると雨も小降りになっていて、ほとんど降っていない状態でした。

DSC00496_R
テント内は水が流れたというよりは跳ね返りがすごかったですね。
シュラフが撥水加工されていたので大丈夫でしたし、荷物はほとんど食堂に持ち込んでいたので特に被害はありませんでした。

DSC00503_R
DSC00505_R
念のため、夜半にまた降り出したらイヤなので装備などはパックライナー、ザックのレインカバーに収納。
その他はザックに入れて、頭の部分だけ傘をさして立てかけておきました。

DSC00501_R
tsujioさんはシュラフに入った途端オチたようでテントも真っ暗。
ちなみにまんものハイライトもランプが着いてるのですが・・・

DSC00497_R
こちらも恒例、靴履いたまま前室に足を出してオチてました。
期待を裏切らない男ですよ、やつはw

DSC00506_R
自分もテント内でちょっとだけ飲みなおして・・・

DSC00508_R
22:00、おやすみなさい・・・。


-------------------------------------

明けて日曜日。
DSC00512_R
5時過ぎに起床、外に出てみると空は晴れて星がたくさん出ていました。
さらに夜半少し風が出てくれたようで、昨晩の雨でぬれていたフライやフロアもだいぶ乾いていて、これはラッキー。寝たあとは特に雨も降らずそのまま晴れてくれたみたいでした。
テント内の温度も-2度くらい。冷え込みもほとんどなく、シュラフも全然濡れていなかったので寒さも感じることなくアラームが鳴るまで爆睡。
5時くらいから食堂を使えるとのことでしたので、軽く甘酒1杯だけ飲んで早々に撤収。
まだ起きてこないtsujioさんとまんもを起こしてから、小屋へと向かいます。

DSC00527_R
小屋に着くともう小屋泊組は朝食を済ませて撤収の準備中でした。
ので、一人食堂に向かい朝ごはんの準備。と言っても、菓子パンにバウムクーヘン、コーヒーだけ。

DSC00528_R
tsujioさんにまんもも合流。
まんもは昨晩酔っ払い過ぎて全然消費していなかった鍋具材を朝ごはんに全投入。
朝からヘビーなもの食べてましたw

DSC00539_R
8時過ぎに小屋を出発。
この日は後山林道をひたすら歩いてお祭りへ。
お祭りからバスで道の駅に向かって車を回収する、というプランでした。

DSC00552_R
途中、まんもとザック交換。
来年の忘年会ハイクの時は、YUさんにSさん、そしてまんももPAC-03軍団仲間入りかな?

DSC00558_R
以前まんもと歩いた時の後山林道は、夕方前でしかも疲労困憊だったこともあり、かなりネガティブなイメージでした。
が、今回歩いてみて、大幅に林道が整備されていたこと、何よりメンバーが賑やかだと長い林道歩きも救われますね。とにかく終始キャッキャウフフな感じでしたよ。

このあと、お祭りのバス停からドライバー3名だけバスで道の駅に向かい、車を回収してくる予定だったのですが、なんとtsujioさんと自分が車のキーをザックにおいてきてしまう(ザックはお祭りにデポしていた)という大失態。最後の最後でハプニングでした・・・というか、待たせたタカさん、まんも、そして何よりお祭り↔道の駅を往復させてしまったSさんYUさん、ホントごめんなさい。
今度1杯おごります。
DSC00559_R
という訳で、忘年会ハイクも無事に終了。
参加した皆さん、本当にお疲れ様でした!また、来年やりましょうね。
三条の湯は定番になりそうですね。
そして参加できなかった皆さん、是非とも来年はご一緒しましょう!こんな楽しいユルハイクなかなかないっすよw

あとは行けたら、2014年のラストハイクを持って登り納めですかね。
昨年のラストハイクはとても良かったのですが、今年はさて、どこに行こうかなあ・・・。