戸沢出合から政次郎尾根を登り、塔ノ岳へ。
DSC09711_R
塔ノ岳から丹沢山へのルートは、まさに極上トレイル!
 
塔ノ岳で休憩を取り、次はいつもの通り丹沢山へ。
この日は、実はもっと調子が良ければ蛭ヶ岳まで行ってみよう、と思っていたのですが、久しぶりのハイクで予想以上に足が疲労してしまい、取りあえず丹沢山へと向かいながら考えることにしました。
それより、先行するSさんに追いつかないと!と思い、下りは基本ラン、平地も小走りで進みます。

DSC09701_R
とは言え、塔ノ岳〜丹沢山の間は、丹沢山塊でも屈指の好トレイルです。
その快適さに思わずのんびりと歩いてしまったり・・・

DSC09703_R
そして好トレイルではあるのですが、この木の階段だけはやっぱり辛い・・・。
この一定の間隔と、強制的な足上げがジワジワと足を削って行くわけです・・・。たっぷり雪が着いてくれればいいのですが、この辺りなんかは南斜面で凍結はあっても雪で埋もれてくれるってことはほとんどないんですよね。トレイルの保護のためなので仕方ないのですが、毎回来るたびに何とかならないかと思ったり。

DSC09705_R
10時38分、日高を通過。

DSC09707_R
日高を過ぎると、この展望です!
もう何度も歩いているルートですが、本当ここはいつ来てもご機嫌な極上トレイル。

DSC09709_R
兎に角気持ちいい!
走るのがもったいないくらい・・・。

DSC09711_R
相模湾を望む展望が表尾根の特徴だとしたら、この牧歌的なトレイルこそが主脈の醍醐味。
見ているだけでほっこりしてきそうな風景が広がります。

DSC09713_R
日高と竜ヶ馬場の中間点のコルから。
このヌケ感、たまりません!

DSC09714_R
この辺りはタイミングが良ければ霧氷もキレイに見られるエリア。
気温が低く、相模湾からの湿った空気が入り込むようなとき(晴れているけど山頂付近だけにガスがかかるような天気)だと、見られる確率が高いみたいです。
自分も1度、2年前のラストハイクで見ることが出来ましたが、それ以来はお目にかかれず・・・。今年は見られるかな〜。

DSC09715_R
木道を小走りに進み・・・

DSC09716_R
10時50分、竜ヶ馬場に到着。
急いだ割りには途中写真撮りまくったため対して早くもなく・・・。
そう言えば、この辺でステルスしてる人もいるって聞いたけど、そんなスペースあるのかね?と思い、ベンチの方に歩いて行こうとしたとき、

「まささーん!」

との方から声が。
なんと、前述のSさんが降りてきました!これはナイスタイミング!
ゆうさんの友人で、インスタやFBでは絡ませてもらっていたのですが、山でお会いするのは初めて。感激です。
どうやら10分くらい前に丹沢山を出発してきたとのこと、あとちょっと頑張れば丹沢山で追いつけたかもなのに・・・。日頃の運動不足が恨めしいです。
しかし、まさかこのタイミングでお会いできるとは思っても居なかったので、なんか変なテンパり方してしまいました。すみません・・・。
Sさんとしばし談笑し、一緒に写真を撮らせていただき、また、来月の奥多摩でお会いしましょう!と約束してお別れしました。
Sさん、ありがとうございました!

DSC09717_R
↑竜ヶ馬場からの眺望を激写するSさん。

DSC09719_R
竜ヶ馬場でSさんと分かれて、さらに進むこと約15分、丹沢山山頂へと到着。
お昼前とあって、少しハイカーは多め。と言っても、この日は平日ですからね・・・。結構登ってくる人いるなー。

DSC_0689_R
おなじみ、富士山と山頂標識。

DSC09721_R
奥のベンチを借りてお昼ご飯.
DSC09727_R
山頂はさすがに寒い、と思ったら気温自体は8度くらい。
そこまで極寒ではないものの、風が兎に角冷たくて体感温度ではもっと低かった気がします。さすがに生足だkでは厳しいので、持参したダウンパンツとGLMで購入したFiredballsmockを着て凌ぎます。
早速Fireballsmockは大活躍。こういう時に汗の湿気を気にしなくていいのは本当助かります。

DSC09722_R
この日のお昼は、カップラーメンの中身をジップロックに入れて持ってくる、というのをやってみました。
お湯を沸かして、ULネスティングボウルに入れて3分まって出来上がり。山でラーメン、と言うとリフィルとか、マルタイも有名ですが、このやり方なら余分なごみも出ないし、何より様々なバリエーションを楽しむ事が出来ます。
例えばジップロックだけ持参して、その土地のご当地カップラーメンを食べてみるとか。あ、それ、今度やってみようかな。

DSC09728_R
ちなみに今回は日清の麺職人の塩トマト味。これがまためちゃくちゃ美味かったです。
タバスコ持って来ればよかったとちょっと後悔。今度見かけたら買占めとこうかなw

DSC09730_R
ご飯がおいしいと有名なみやま山荘。
ここも一度泊まりで来てみたいんだよなあ。でも泊まるなら平日の方がよさそう。丹沢の山小屋は、自分が小屋嫌いになったきっかけでもあるのでどうしても腰が引けてしまうんですよねぇ。

DSC09733_R
食後のコーヒーも飲んで、結局1時間くらい山頂でのんびり。ダウンとFBSのお蔭でぬくぬくでした。
で、やっぱり蛭ヶ岳はまた今度・・・にして、12時13分、塔ノ岳に向かって下山開始です。