秋旅の二日目、この日は美ヶ原へとゆるハイクの予定。
前日の天気予報では、長野県中部は午前中は曇りで、時折晴れ間ものぞくものの天気は下り坂、とのこと。
という事は早い時間帯が勝負・・・!
DSC09579_R

7時前に宿を出発し、登山口となる美ヶ原・山本小屋を目指して出発。
途中で立ち寄ったコンビニからこれから向かう方面を見ると、なんと青空が覗いているじゃないですか!
これは期待できそう・・・!

DSC09580_R
霧ヶ峰を抜けて美ヶ原へと向かう道中でも、時折青空が前方に。さらに道路をよく見ると、なんと鹿が。

DSC09581_R
こちらが近づくと、なぜか同じ方向へと走っていく鹿・・・。
 50mくらいは追いかけっこ状態、この後彼(彼女?)は左側の森の中へと消えていきました・・・。
何が怖いって、↑の写真では結構ちゃんと道路が見えてるのですが、途中視界20mも無い状態の濃霧で、そんな時に前方に鹿が突然出てきたら避けようがないですよね。もうそればっかりが本当に怖かった・・・。

DSC09582_R
霧ヶ峰の湿地帯付近は唐松の紅葉もキレイで見応えあり。
この辺りがこの日一番の天気だったとは・・・。

DSC09583_R
 予定通り山本小屋には8時前に到着。しかしながら、標高を上げるにつれて霧は濃くなり、到着時点ではこの状態・・・。
 
DSC_0629_R
取りあえず一旦小屋の中で準備しながら待機。
そうそう、この時てっきり小屋で水を確保できるかと思ったのですが残念ながら水場は無しでした。下調べ不足・・・。仕方ないので500mlのペットボトルを2本購入。
待機しているとやや空が明るくなってきたので、回復傾向にあると都合よく解釈して、山本小屋を出発!

DSC09589_R
なんとなく明るいし!
でも、風が物凄く強くて霧、と言うか雲の流れも速く、一瞬で天気が変わってしまうような状態です。

DSC09595_R
歩いて5分ほどのところにある「美しの塔」もどこか寒々しく・・・。
と言うか、展望が素晴らしいはずの場所なのになんも回り見えません!

DSC_0630_R
さらに歩いていると、ちょっと気を抜いているとバランスを崩しそうになるくらいの強風、さらに冷たい北風とあって耳がもげそうになります。のでキャプリーン4のフードをかぶります。これで何とか耳がもげなくてすみました・・・。

DSC_0631_R
この日は久しぶりのBlackDiamond RPM。せっかくの登板だったので晴れてほしかったのに・・・。
嫁さんとも話をして、取りあえずこの先にある王ヶ頭のホテルまで行って引き返すことに。その前に雨が降り出して来たら、その時点で本日は終了、即撤退することにしました。

DSC09599_R
そう決めて歩き進むこと50分、砂利道はアスファルトに変わり・・・

DSC09602_R
9時13分、王ヶ頭のホテルに到着!
とても評判の良いホテルと聞いていたのですが、その登場の仕方はさながらRPGのラスボスのようなおどろおどろしさ・・・。
取りあえず結構体が冷えていたので、中に入って休憩することに。

DSC09606_R
カウンターで紅茶とコーヒーを注文。
ふうっと一息。

やはり天気予報は好転、という訳にはいきませんでした。
むしろ、ここまで雨が降らずに来れたのがラッキーだったのかも知れません。そしてこれ以上天気が荒れるようだと危険もあるし、本当は王ヶ鼻まで行きたかったけど、この短時間でも視界の悪さに辟易してしまってすっかりテンションダウン。という事でここで今回は引き返します。
ちなみにここ美ヶ原はスノーシューハイクも楽しめる場所。そして王ヶ頭ホテルはとてもきれいで、
DSC09603_R
DSC09604_R
本来ならこんな感じですよ。いずれ泊まりにきたいですね〜。

DSC09607_R
取りあえず・・・まずはホテル代を貯金だなっ、と話ながら、来た道を戻りました。
ちなみに終始濃霧で視界も50mもなく強風にさらされるルートでしたが、柵がずっとあるので危険個所も道迷いもありません。


DSC09610_R
この後山本小屋に戻って、汗もかいてないので軽く着替えて帰路に着きました。
そう言えばここで買った水は1滴も飲まず・・・。


こうして11月頭の連休はやや天気に泣かされたところがあったものの、当初予定していた行程は取りあえずクリア、です。
ただやっぱりこう雨の状態だと、晴れの景色も見たくなりますよねえ。どちらもさほど苦労するようなところではないので、いずれ機会を見て再訪したいと思います。
美ヶ原は、年明けのスノーシューハイクかな?

◆登山データ
超ゆるハイクのため割愛。