新しいクッキング・システム。
 DSC09518_R
出来ました。
先日Gearloopで購入したSanpo's CF Stoveを今後のメイン火器にするにあたって、解決しなければならない問題が2つありました。
1つはカトラリー、1つはWildoのFold a Cupの代替品を探すことです。

1つ目のカトラリー。
今までは、Primusのノベルティだった折り畳み式のスポークをずっと愛用していたのですが、実は今夏,
双六小屋へ行った際に、お昼を食べようとしたところ「パキッ」と折れてしまいまして・・・。
以降、LightMyFireのスポークを代用で使っていたのですが、Sanpo's CF Stoveでは火力調整の際に金属製のカトラリーなどでCFを押し下げたりする必要がある事から、プラ製のものは使えない・・・という事に。
折り畳みのスポークもちょうど探していたところなので、ものはサクっと決定。
DSC09532_R
Primusのチタンフォーク。
自分の場合ほぼスプーンを使う事はなく、そして先割れになっているスポークだけでは使いづらい、と思っていたので選択肢はもうこれ決め打ちでした。折り畳み式のスポークが出てきたら考えるんだけどなあ。。。でもチタンじゃないとダメですけど。

そしてもう一つはFold a Cup(大)の代用品。
今までのスタッキングの仕方ですと、
DSC09529_R
このように、スタッキングするとデッドスペースが出来てしまいます。
今までの装備であればこれでも問題はなかったのですが、Sanpo's CF Stoveにしたところ、どうにもこのデッドスペースがやはり無駄、と言うかこれが無ければもっとうまくスタッキング出来るのに・・・という事に。

それで、トランギアミニにフィットするクッカーを物色したところ出てきたのがGSI ウルトラライトネスティングボウル+マグです。

DSC09521_R
DSC09522_R
プラ製のリッド、ボウル、マグ、のセット。正直、どのあたりが「マグ」なのかよくわかりませんが・・・。
ちなみに左側の方がマグです。
これをトランギアにセットしてみると・・・
DSC09530_R
恐ろしくピッタリ!
Hike+Likeの店長さんが「神の領域」と称しただけありますね・・・。
ここまでフィットしていると実は専用設計ではないかと疑うくらい。あ、そしていえるぞ、これはまさしく「シンデレラフィット」!
ちなみにカラーは2色あってオレンジとこのブルー。ブルーを選択した理由は汚れが分かりやすいから。暖色系のカラーは食べ物がおいしく見えるメリットがあるのですが、汚れてるところが分かりにくいんですよね。
DSC09528_R
内側にはメモリあり。個人的には山で使うカップ、クッカーなどには全部メモリが入ってっても良いと思うんですがどうでしょう?


DSC09519_R
こちらが従来の装備。お決まりの一式です。
DSC09520_R
実測で約342g。
風防までは行ってるのでこんなものかと。

で、こちらが新しいクッキング・システム一式。
DSC09518_R
今まで入れていたオレンジの不織布は、クッカーの中でカタカタ音がするのが嫌だったので入れていたのですがネスティングマグのフィットが神がかっているので今後は必要ないかもですね。

DSC09526_R
実測約356g。ちょっと重くなりましたけど体感できるレベルでは無し。

DSC09527_R
リッドを入れると380g。
ちなみに、残念ながらリッドを内側のネスティングマグに着けた状態ですと、トランギアのフタが締まりませんでした(強引にやれば締まりそうだけど・・・無理は禁物)。

ネスティングボウル、容量も約590mlと十分だし、何よりEVAフォームは装着状態でスタッキング出来るので、これからの季節多少の保温効果も期待できそう。

色々と書いてはみましたが、実はこれすでにUL系の方たちの間ではドが10個着くくらいの定番の組み合わせ。
あれこれと考えていたら、辿り着くところは一緒だった、という事ですかねぇ。。。あ、自分がULって言うつもりはありませんよ。

それにしても、この1週間物ばかり増えてしまいましたが・・・週末なんとか山で使いたい!
天気回復してくれ・・・。