先日のGearloopMarketでの戦利品第1弾。
 DSC09505_R
サンポさんのstove、買っちゃいました・・・!
この時期になると毎年必ず悩み始めるのがJETBOILを買うかどうか。
もうほとんど昨年も同じような書き出しでblogを書いていたりするので、それならもうさっさと買っちゃえば?と言われそうですが、時を同じくしてもう一つ、トランギアのアルコールストーブにも食指が動き始めてまして。
JETBOILが欲しいのは、雪山に行ったときに水を作る手間を短縮したい+省燃費のガスストーブが欲しかったこと。
トランギアは、これから恐らく増えるであろう、山でテント泊時の鍋をやるときに、火力調整が出来るアルストが欲しい、という長年の夢があったこと。

とは言え予算は限られているので、どちらを優先しようかなあ〜と思い悩んでいた矢先の、先日のGearloopMarket。当日ギプス姿の痛々しいサンポさんとお会いして、たまたま出品していたSanpo's CF stoveを目にして、ついつい衝動買いしてしまった訳です。
衝動買いと言うとネガティブに思われるかもしれませんが、 Sanpo's CF stoveは自分がアルストを使い始めてからずっと欲しかった名品。
まさかひょんな事から入手するとは思っておらず、もう買った当日はにやけっぱなしでしたよ。。

細かい仕様などはこちらを見ていただくとして、簡単にレビューとちょろっとだけ使ってみた感想などを。
DSC09495_R
いわゆるULハイカーの方、ULに興味がある方、アルスト好きな方なら1度は目にしたことがあるでしょう。
既に多くの方が使用されているので様々なレビューがあるかと思いますが、兎に角造りが非常に丁寧で、こだわりまくって作られている、と言うのが一目で伝わってきます。

DSC09501_R
磨き上げられたストーブ本体。中にはカーボンフェルトが巻いて収納されており、引き出し用のバネを引き上げることで3段階ほどに火力を調整できます。

DSC09499_R
ヘアラインも美しい消火蓋。

DSC09509_R
蓋をセットしたところ。

DSC09498_R
購入一式。
スペアのCFと、取扱い説明書が付属しているのですが、この取説がまた非常に細かく丁寧に書かれています。

DSC09506_R
これだけ丁寧な説明書。本体の造りと合わせてサンポさんの人柄も出てますよね、きっと。


で、やっぱりストーブですから!
という事で、ちょっとだけ使ってみました。

DSC09510_R
アルコールを20mlほどCFにしみこませ、バネを引き上げて火力最大のポジションで着火。
外気温はさほど低くありませんが、一発着火です。触れ込み通りプレヒートはほとんど必要なさそう。
ちなみに、CFにアルコールをしみこませた後、ストーブ本体をコテっと倒してしまいました。
が、アルコールがこぼれた形跡は無し。CFの安心感は結構大きいです。

DSC09511_R
CFを引き出した状態だと、CFの周囲+上部から炎が上がるので結構火力は強そうです。
またまんべんなくクッカーの底面に火が当たるので効率もよさそう。

DSC09513_R
火力調整をやってみました。
CFの調整は、事実上火がついている状態では「引き上げる=火力を強くする」のは難しそうなので、「強火力⇒弱火力」へと調整する方が現実的な気がしました。
CFを抑えているバネをカトラリー(もちろんチタンやアルミなど不燃素材)で押し込んであげればOK。
この時、強めにグっと押し込むと、「バフッ」と音がしてやや火が上がる感じがしました。調整は慎重に・・・ですね。

DSC09514_R
弱火力状態。
CFの上部からのみ火が出る状態です。
アルコールストーブで火力調整が出来るという事自体でもう感動モノ。
今までエバニューのチタンアルストで苦労してきたので・・・・。

DSC09515_R
消火蓋を被せて火を消してみます。

DSC09516_R
完全に被せると、プスプス・・・とやや音がして

DSC09517_R
消火。
まだCFにはアルコールが残っているので、フタをしてみました。
基本長時間の保存は推奨されてませんが、例えば調理の途中で一旦消火して、後でコーヒー用お湯を沸かす、とかのためにアルコールを無駄にしたくない時なんかは良いですよね。
エバニューのはそれが出来なかったので、本当、当たり前の事なのかもしれないけど画期的・・・と思ってしまいます。

まだ家先でちょっと火を着けてみただけなのですが、なるほど、これは良いです。
火力調整が出来る、一時的なアルコールの保管、何より所有欲を満たしてくれるクオリティの高さと希少性。
元々アルコールストーブは効率の面から言えば趣味性が高いギアですが、これだけ条件を満たしてくれるものは多くないと思います。

そして2〜3分しか火を着けてませんでしたが、試しにミニトラに入れた300mlの水はほんのり温まってました。あと数分置いてれば沸騰してたでしょうね。思ったより火力が強いのはすごくありがたいです。
取りあえず、今週末の連休中に実際に山で使って、改めてレビューしてみたいと思いますよ。