しっとりとした苔と緑の北八ヶ岳をのんびりと歩くハイク。
 DSC08189_R
青苔荘にテントを張り、ここをベースとしてまずは高見石小屋を目指します。

 
青苔荘から白駒池へと出てきました。
DSC08175_R
と言っても山荘のすぐ目の前です。池まで降りてみて、うーん、天気が・・・。
本来なら向こう側にニュウが見えるはずなのですが、曇天の中。もし天候が良ければ今日ニュウまで行こうかとも思いましが、当初の予定通り高見石までのプチハイクという事にします。

DSC08176_R
白駒池の周遊路を進みます。
天気が良ければここも気持ちいいんでしょうけどね・・・。

DSC08177_R
 10分ほどで白駒荘に到着。こちらはテント場が無く小屋泊のみ。でもどうやらソフトクリームがあるらしい・・・?
下山したら食べに来ても良いかも!

DSC08182_R
白駒荘の裏手から高見石へと登りだします。
ここの分岐でニュウ方面へと分かれていていました。翌日天気が回復すればここをニュウ方面へと進む事になります。
それにしてもニュウ、面白い名前ですよねえ。

DSC08186_R
白駒荘から高見石小屋へのルートは結構登りがあり、かつ木道が整備されているのは良いのですが湿気と雨の影響でかなり滑りやすいです。
特に下りではこのルートは使わない方がよさそう。すれ違った下山してくるハイカーも数名がスリップして転んでしまっていました。 嫁さんも久しぶりの山で歩き方がまだなじんていないらしく苦戦中。
しかし、尾瀬に行くなら途中の登山道はこれとよく似た状況があり、しかも天候が悪ければ濡れた木道を延々と歩かなければなりません。
これはある意味良い練習になります。

DSC08187_R
それにしても相変わらず苔と倒木の存在感がすごい!これはアーチ状の倒木。

DSC08188_R
馬?ラクダ?何か動物を思わせるような倒木も。
自然にできたオブジェですね。

DSC08189_R
薄日が差し込みほんのりと光る苔たち。
苔は快晴よりもこういった曇りとか薄日が入るくらいの天候の方が雰囲気ありますね。
そして写真はアンダー気味に撮った方が雰囲気出ます。

DSC08191_R
まるでジュラシック・パークの世界のよう。

DSC08197_R
なんだかんだで白駒荘の分岐から40分ほどかかって高見石小屋に到着。
こちらはまた開けていてにぎやかな雰囲気。
そして、当初ここにテントを張ることも考えたのですが、やはりテン場だけを考えれば青苔荘で良かったかな・・・。
おそらく平坦なところには3〜4張程度、ガマンして張っても10張りは厳しいでしょう。到着時点ではテントは1張もありませんでしたが、ここはそれよりも小屋に泊まった方がいいですかね。

DSC08200_R
さっそくバックパックやストックなどを小屋前にデポして高見石へと登ってみます。
まるで栂池の天狗原の岩場みたいで、慣れていないと歩きづらいでしょう。嫁さんも若干苦戦中。

DSC08198_R
DSC08201_R
高見石からこれは白駒池方面ですかね。

DSC08203_R
こちらは硫黄や赤岳方面。やはり展望はダメでした。そして何やら黒い雲が風に乗ってこちらにやってきますねぇ・・・。

DSC_0038_R
ちらっと覗く青空もすぐに雲に飲み込まれてしまいました。
雨が降り出したら面倒なので早々に高見石小屋へと下ります。

DSC08211_R
DSC08204_R
高見石小屋は大きさはさほどでもありませんが、キレイでどことなく雰囲気も柔らかくおしゃれな山小屋。
なるほど、まわりを見てみれば若い女子グループやカップルが多い気がします。
麦草峠からもそれほど苦労せずに登ってこれるので、街中にいるような格好で来ている人も何名か居ました。

DSC08207_R
DSC08208_R
そして高見石小屋と言えばこのあげぱん。
ここでお昼にする予定だったのですがせっかくなのでいただきました。表面はカリっと、中はふんわり、ココア味はシナモンがふわっと香る女子向けっぽい味付け。個人的にはきな粉の方が好みでした。
どちらもとても美味しかったですよ。

DSC08210_R
で、順番逆ですがこちらがお昼。マフィンにツナやレタス、キュウリにトマトを挟んだサンドイッチ。
以前日向山でもやりましたが、ラーメンとかの山ご飯に飽きてきたらおすすめです。

DSC08212_R
お昼を食べて、まだ時間は12時過ぎ。このまま戻ってもまあいいのですが、あまりにも歩き足りないので近くの丸山まで行ってみることにしました。

DSC08214_R
日が差してきて、これは回復期待できる?と思ったのですが・・・

DSC08218_R
丸山の手前の苔エリアを歩いているとポツポツと雨が降り出しました。
今年初めての雨ハイク、最初はガマンしていたのですが仕方なくレインウェアを上だけ、そしてバックパックにはレインカバーをかけておきます。
が、

DSC_0046_R
まあ、山あるある、で、レインウェアを着ると雨が止む、というアレです。。

DSC08224_R
12時34分、丸山山頂。
ここも本当なら展望があるんでしょうけどあいにくの真っ白け。
写真だけ撮って早々に引き上げます。

DSC08226_R

DSC08230_R
下りだすと再び日が出てきたようです。

DSC08234_R
帰りは高見石は経由せず、手前の分岐を左に曲がりそのまま白駒池方面へ。

DSC08238_R
こちらもやはり苔がとてもきれい。
北八ヶ岳はどこを歩いても苔がキレイなので、稜線やピークがダメでも十分楽しめると思います。

DSC08243_R
13時31分、青苔荘に戻ってきました。
賞味3時間半ほどのプチハイクでしたが、初日はまあこんなものでしょう。後で時間があったら白駒池を周遊してみても良いかも。
取りあえずテントへ戻り、ちょっと休憩ですかね。