7月の三連休、あちこちで天候が心配されるなか、北八ヶ岳へとゆるーくハイクへと行ってきました。
 DSC08131_R
元々の目的は、ここ最近山から遠ざかっている嫁さんのリハビリハイク。
夏には尾瀬、そして北アルプスも計画しているので、それに挑むにあたり多少登山感覚を取り戻してもらうのが一番の大きな狙いです。
当初は将監小屋あたりでテントを張って、周辺の山をのんびりめ巡る予定だったのですが、奥多摩・奥秩父方面は天候が今一つ。かろうじて期待できそうな北八ヶ岳へと行先を変更したわけです。
北八ヶ岳と言えば登山初心者や山ガール(ってもう死語なんでしょうか?)にも人気のエリア。リハビリにはもってこい!・・・と言う事できわめて女子力の高そうなこのエリアを、禁断の生足スタイルで歩いてきましたよ。 

 
DSC08125_R
連休の中日、20日の朝7時48分ごろに麦草峠の無料駐車場に到着。
麦草峠周辺には駐車場が何か所がありますが、一番茅野市側の駐車場が無料となっています。時間もだいぶゆっくりだったのですが、何とかギリギリ 停められるスペースを見つけて駐車。こういう時、軽は少しは気が楽?な気がしますね。
DSC08127_R
ここにはキレイな水洗トイレもあります。
今回は2人でのテント泊という事で、荷物も多めなので久しぶりのオスプレー・アトモス50の出番。なんだかいつもよりパッキングに余裕があるので、あれもこれも・・・とやっていたら気が付いたらパンパンに。1泊2日なのに・・・。ま、ほとんど標高差の無いハイクなので良いんですけど。

DSC08129_R
 準備を整えたら8時12分、麦草峠駐車場を出発!
・・・と言っても歩き出して数分で

DSC08130_R
麦草ヒュッテに到着。
なんともメルヘンチックな雰囲気に早くもヤラれそうですが、気をしっかりもって先へと進みます。

DSC08133_R
麦草ヒュッテの上は何とも言えず牧歌的なトレイル。
こんな雰囲気がずっと続いたら本当に頭の中がぽわーっとしてきそうです。いや、良い意味でですよ。
非常に良い雰囲気です。

DSC08135_R
振り返ると麦草ヒュッテの向こう側には茶臼山。
そう言えば今年の冬に訪れたスノーシューハイクでは、この茶臼山の向こうの縞枯山を歩いたんですよね。
またあそこは行ってみたいところですね。

DSC08136_R
鹿避けのネットをよけて先に進みます。

DSC08138_R
この先から、もう既に「北八ヶ岳!」と言った雰囲気満点の苔とシダとシラビソとダケカンバの森が始まります。
これが予想以上に素晴らしかった!

DSC08140_R
なんだかアーティスティックな、苔むした倒木。

DSC_0025_R
スポットライトを浴びる苔。

DSC08147_R
朝日を浴びる苔。

どれもこれも苔好きの自分としては一歩歩くごとに写真!ああ、先へ進まない・・・!

DSC08146_R
アップダウンもほとんどなく、ゆっくりと苔と森を堪能できる、しかも歩き始めてまだ15分くらい!CTでは目的のテント場までは40分くらいだけど余計に時間がかかりそう・・・。

DSC08148_R
ふと脇に目を向けると瑞々しい苔が広がってます。
この感じ、甲武信ヶ岳のような荒々しい、原始的な森の雰囲気とも違うし、南アルプスの甲斐駒ヶ岳の苔とも違います。
やっぱりどこか雰囲気が柔らかい、北八ヶ岳独特のものなんでしょうね。

DSC08149_R
首長竜のような苔の倒木とか。

DSC08157_R
8時42分、白駒の奥庭を通過。
天気はまだなんとか持ちそうな雰囲気。このまま好転してくれれば良いのだけど。

DSC08154_R
白駒の奥庭を超えると、白駒池側の有料駐車場からのハイカーがぐっと増えてきてにぎやかになります。

DSC08163_R
ほとんど普段着で、手荷物も持っていないような人たちに交じって重装備の自分たち。なんとも違和感満載ですが、たぶん北八ヶ岳ではよくある事。気にしない気にしない・・・。

DSC08161_R
これまたファイヤーな苔の倒木。

DSC08160_R
時々霧が出たりして、また森の雰囲気をガラリと変えていきます。

DSC08166_R
8時56分、CTをややオーバーして幕営地の青苔荘(せいたいそう)に到着。
さっそく幕営の受付を済ませます。管理人の方にお話しを聞くと、前日も激しい雷雨で滝のような雨だったそうで。。今日も午後はまた降り出すらしいとのこと。むむむ。これは早目にテントを張って行動せねば。

DSC08169_R
という事でサクッと幕営。
今回は雨を警戒してパレットのある場所を使わせてもらいました(別途900円かかります)。
そしてテントはこれまたお久しぶりのMSR HUBBA HUBBA HP。2014年でNXにバトンタッチしてしまいましたが、自然になじむこのカラーも個人的にはお気に入り。

テントを張ったら手荷物をまとめてパッキングし直し、出発!
・・・の前にトイレ↓
DSC08170_R
これがまた久しぶりのハードルの高いトイレ・・・男性用の小の方は木でできてました!
しかしご安心(?)を、現在山荘の脇に新しいバイオトイレを作成中です。今年の夏は間に合わなさそうですが、工事が10月31日までらしいので晩秋には使えるのでは?

DSC08171_R
それでは10時00分ちょうど、高見石小屋を目指してプチハイクに出発です!