日本代表のブラジルW杯が終わってしまった・・・。
DSC_2348_R
そんな時はエア登山に限ります!
 

という事で今年の夏山シーズンに行きたい山第2弾。
毎年毎回同じようなことを言ってますけどね、今年は本気ですよ。
まずは南アルプス。

【3】鳳凰三山
DSC_2349_R

本当は北岳とか白峰三山縦走と行きたいところなんですけどね・・こないだ農鳥とか大沢の下山道の話を聞いてたらちょっと萎えた・・。それよりも今までは遠くからしか見たことのない、甲斐駒・北岳などと並んで南アルプスでも存在感抜群のこの山、やっぱり行っておきたいです。
DSC04311_R
もちろんオベリスクにも登りたい!

DSC_2350_R
鳳凰三山をここまで敬遠していた理由は「樹林帯歩きの長さ」。CTで見ても5時間以上はかかる訳です。そうなると、やっぱりここは本格的に夏山シーズンになる前に行っておきたいところかも。ラウンドを考えると青木鉱泉→ドンドコ沢→鳳凰小屋の一般的なルートがいいのかなあ。
ただ鳳凰小屋は兎に角混雑するので出来れば平日を絡めて行きたい山ですね。

 
【4】裏銀座〜鷲羽岳
DSC_2353_R
もうblogでも何度も書いてますけど、俺的カッコいい山No.1の鷲羽岳。天に向かい嘴を刺し悠然と羽を広げるその姿は憧れの山。毎年行きたい行きたいと言って、そして行けてないけど必ずいつか行きたい山。

DSC_2354_R
問題は新穂高温泉からの長いルート。ソロなら良いんですけど嫁さんと一緒となると緩めに計画しないと難しそう。でも行きたい!


【5】白馬三山縦走〜天狗ノ頭〜不帰ノ瞼
DSC_2355_R
DSC_2356_R

2011年に歩いた白馬岳〜栂池間に続いて、杓子岳、白馬鑓ヶ岳、そして天狗ノ頭から不帰ノ瞼へと挑むチャレンジルート。

SN3O0722_R
かつて1度、唐松岳に行ったときに見たあの絶景。
あの時はここが歩けるルートだなんて信じられなかったなあ・・・。

SN3O0795_R
唐松岳頂上付近からの不帰ノ瞼。もうこの時はファンタジーの世界だと思ったもんな〜。

今回、もし白馬三山を歩くなら栂池から上がっていきたいと思ってますが・・・。
DSC_0166_R
この絶景を歩く!


・・・と毎回妄想はするもののどこまで実現できるか。
他にも歩きたいルートはまだまだたくさんあるんですよね〜。
この時期のエア登山は本当に楽しくてたまりません!