鷹ノ巣避難小屋を目指して各メンバーが好きなルートで自由に登ってくる現地集合ハイク。
DSC07179_R
楽しい時間はあっという間。

 
DSC07169_R

この日の夜は
シュラフ・・・ナンガ250DX
patagonia キャプリーン4フーディ、ダウンベスト、ダウンパンツという組み合わせ。
気温は1度〜2度くらい、思ったより冷え込みが強く途中何度も目が覚めてしまいました。前回の丹沢の時と気温が同じくらいだったけど、やはりシュラフの選択を失敗したらしい・・・。
それでも何とか予定通り、朝5時には起床。

DSC07173_R
DSC07174_R
朝焼けに染まる空。
この日は天気は下り坂の予報だったけど・・・結果的には土曜日よりも快晴でした。

DSC07175_R
各自朝食を済ませます。最近は2日目の朝はバウムクーヘンやシリアルバー、もしくは菓子パンなどあまり火を使わないものにするようにしています。ちょっとでも撤収をスムーズするためです。と言っても時間はそんなに気にする必要もないんですけどね。

DSC07178_R
各自撤収が完了したところで写真を1枚。
上手い具合に持ち主とバックパックが同じ並び。
右からグラナイトギア Virga(ペロさん)、OSPRAY Atmos50(マサ)、OMM Classic32(まんも)。

DSC07179_R
7時29分、朝日のなか鷹ノ巣避難小屋を出発!

DSC07184_R
避難小屋から鷹ノ巣の山頂へのルート上には一部残雪あり。
と言ってもこの写真に写っている範囲程度で、アイゼンが必要なレベルではありません。

DSC07185_R
朝イチの登りをなんとかクリアして

DSC07188_R
鷹ノ巣山山頂着。
昨日とは打って変わって雲もなく見晴の良い天気。遠くには丹沢の山並みも良く見えてます。

DSC07189_R
西側には大菩薩嶺、そして富士山もばっちり!

DSC07195_R
鷹ノ巣から暫くは石尾根の美味しい区間。

DSC07197_R
DSC07198_R
快晴のなか富士山を眺めながらのハイク。
最高!

DSC07201_R
今回の下山ルート、当初は奥多摩駅まで歩くことを考えていたのですがペロさんが奥多摩湖に車を停めているという事で、六ツ石山経由でトオノクボを下って水根に出るルートを選択。
水根沢林道は大雪の影響で登山道の崩落などがあり危険なため回避しました。

DSC07203_R
GW前半の日曜の石尾根、思った以上に人が居ません。時間もさほど早いという訳でもなかったのですが・・。
3人静かなトレイルをさくさくと進みます。

DSC07205_R
途中、昨年通った時には見なかったような倒木がちらほら。
折れた部分が真新しいのでおそらく先日の大雪の時にやられたんでしょうね・・・。

DSC07209_R
だらだら〜っと地味に長い六ツ石山のトラバースを通過し、分岐で小休止してから六ツ石山山頂には9時31分着。
ここからは歩いてきた石尾根や雲取山まで見渡すことが出来るちょっとした展望台。
しばし展望を楽しんでから、いよいよ本格的な下山に入ります。

DSC07210_R
このトオノクボを通る尾根道、かなりの急登なため登るのも下るのもしんどい・・・と話には聞いていました。
が、下りはじめは比較的緩やかで広いトレイルで快適。

DSC07218_R
気持ちの良いトレイルが続きます。

が、

DSC07220_R
暫くすると斜度がきつくなり、徐々に樹林帯のトレイルへ。
同時に乾いた土が滑りやすく結構慎重に歩かないと危ないかも・・・と思いつつ、ペロさんは「下り楽しい♪」と言いながら一人トレラン開始。

DSC07223_R
つられて自分らも追いかけますが、兎に角早い!
おっさん2名、あっという間においてかれます。

DSC07224_R
途中休憩をはさみながら何とか下の神社を通過し・・・

DSC07226_R
林道に合流!
ここまで降りてくるとまるで下界は梅雨をすっ飛ばして真夏になったような暑さ!

この後は林道をてくてく歩いて
DSC07227_R
奥多摩湖をめざします。

DSC07233_R
何度も訪れている奥多摩ですが、こんなに間近で奥多摩湖を見るのは初めてかも。

DSC_1961_R
ペロさんの車の停めてある駐車場に戻ってきました。
無事ハイク終了〜!
この後ペロさんに鳩ノ巣の駐車場まで送ってもらい、まんもと共に帰路につきました。



初日、七ツ石山山頂までの短い間でしたがフォロワーさんと一緒に山歩き出来たり、そのあとはソロで歩いたり、そして仲間と合流してのんびり過ごす・・何とも欲張りなハイクでした。
この現地集合型のハイク、前からずっとやってみたかったのですがなかなかよかったですね。
難点としては、万が一仲間と合流できなかった場合のコンタクトの取り方、これは事前に何か決めておいた方がいいかも知れません。山中では携帯の電波が繋がらない場所もあるので、そのあたりを考慮した連絡方法なんかも考えておくとより安心かもしれませんね。
鷹ノ巣山はルートが多く存在しているので、いろいろなアプローチの仕方があって結構楽しめそう。
他にも鷹ノ巣避難小屋みたいに拠点に出来るポイントがあれば試してみたいところです。

それから、途中のトレイルでも思ったのですがもうだいぶ小さな虫なんかも多く飛び始めましたね。
奥多摩小屋や鷹ノ巣で幕を張るのもそろそろキツくなりそう(特にトイレがね・・・)。
あ、七ツ石小屋のトイレはバイオトイレに生まれ変わったので、以外と快適かも?これを機会に一度くらい泊まりに行ってみようか・・うーん、まあ悩ましい位置なんですけどね。

今回参加できなかったノブタさん、また次回企画しますんでその時はぜひ!

◆登山データ
【1日目】
鴨沢バス停(7:50)→小袖乗越(8:20)→登山口(8:25)→堂所(9:29)→七ツ石小屋(10:24)→七ツ石山(10:56)→昼食→七ツ石山発(11:53)→高丸山(12:35)→日蔭名栗山(12:54)→鷹ノ巣避難小屋(13:14)

【2日目】
鷹ノ巣避難小屋発(7:29)→鷹ノ巣山(7:48)→六ツ石山(9:31)→林道合流(10:37)→奥多摩湖駐車場(11時28分)