鷹ノ巣避難小屋を目指して各メンバーが好きなルートで自由に登ってくる現地集合ハイク。
DSC07090_R


鴨沢から七ツ石まではTwitterのフォロワーさんとご一緒させていただき、お昼を食べた後それぞれのルートへ。
七ツ石山山頂をあとにして石尾根を下っていきます。

 
DSC07091_R
石尾根には時々残雪が出てきます。
と言っても本当にごく一部なのでアイゼンなどはほとんど必要ないでしょう。

DSC07093_R
いつもは千本ツツジ手前で巻き道に入ってしまうんですが、今回は尾根筋をずっと歩いてみることにしました。
実はここを通るのは今回が初めて。
先日の大雪の影響か、倒木が結構あってやや荒れている印象。

DSC07096_R
暫くするとドーンと開けた、いかにも石尾根らしい防火帯のトレイルに入ります。
この開放感!たまりませんね〜!石尾根の中では鷹ノ巣山を下ったところがお気に入りでしたが、開放感ではこちらの方がうえかも。
DSC07097_R
歩いていてもとても気持ちいい!
こりゃ最高です。

DSC07101_R
2度目の登りとなる高丸山。ここの登りはホントきつい・・・アキレス腱がめっちゃ伸びます。

DSC07102_R
前に来た時はキシャヤスデが大量発生していたっけ・・・。
あの時は天気もイマイチだったけど、今回はまあ何とか。

DSC07103_R
相変わらずの激下り。こないだくらいの大雪ならちょっとしたゲレンデの上級者コースですねこれは。
圧雪もされないからパウダージャンキーには堪らないでしょうね〜。

DSC07104_R
続いて日蔭名栗山へ。
こちらは昨年末に一度来ていますが、無雪期に通るのはこれが初めてです。

DSC07106_R
こちらも地味な日蔭名栗山の山頂!
展望はあんまりありません。

DSC07109_R
昨年ビバークしたポイントの手前にて。
やっぱりここは見晴がよくて気持ちがいい場所。この日は残念ながら雲が多くて富士山もお目にはかかれませんでしたけど、この山並みが見える感じは高度感も適度にあって雰囲気も良いです。
ちなみにテント1張設営中でした。

DSC_1949_R
日蔭名栗山を後にして、集合場所である鷹ノ巣避難小屋へ向かいます。
時刻は13時10分、待ち合わせの時間にはまだだいぶ早いですが、ペロさんは6時過ぎから登ってるし、まんもも登りは早いのでもうとっくに到着してるかも・・・と思いつつちょっと足を速めます。

DSC07111_R
日蔭名栗山から10分ほど、13時14分に鷹ノ巣避難小屋に到着!
いつもテントを張る方を見てみると、なんと朝寝坊したまんもがどうやらちょうど到着して、幕営地を探していた様子。
合流して話を聞くと、手前の黄色いタープがおそらくペロさんのものだと思うのだけど、どこに幕営するか迷っていたとのこと。取りあえずこちらも場所を決めてMeta1Pを張ることに。

DSC_1950_R
鷹ノ巣避難小屋だといつもはこの右手のところに張るんですけど、今回は初めて左手側に張ってみました。
こちら側は土がかなり柔らかくペグが効きにくいところもあるので、場合によっては石を使った方が楽ですね。

それにしても上の写真、黄色いタープの住人はどこに行ってしまったのだろう・・・?
暫く待っていたけど、現れる気配なし。
たぶん、どこかに走りに行っているんだろうと思い、こちらは先に乾杯させていただくことに。
DSC07115_R
DSC07117_R
この静かな感じ、そして開放感と防火帯ゆえの安心感。
久しぶり!