丹沢を塔ノ岳からユーシンを経由して鍋割山までぐるりと回るラウンドハイク。
難所の雨山橋→雨山峠間を何とかクリアして、いよいよ目指すは最終ピーク・鍋割山!
DSC_1858_R

【注意】
雨山峠〜鍋割山間は基本的には歩きやすいのですが、2か所ほどある鎖場はいずれも砂礫上の滑りやすい斜面になっており、特に下山にはお勧めしません。
登りに関しては確保さえしっかりしていれば大丈夫でしょう。




雨山峠で十分休んで体力・気力ともに回復させて、7時28分、鍋割山へ向けて出発です。
DSC_1856_R

DSC_1859_R
九十九折に斜面を登り、峠から一気に標高を上げていきます。
峠から2つ目の道標を過ぎたら、ここから暫くはアップダウンの少ない尾根ルート。快適なのですが、時々痩せ尾根が出てくるのでやっぱり慎重に歩きます。
途中、こんな感じのややトレイルが藪ておおわれた箇所も歩くので、夏場でも長袖の方が安心ですね。

DSC_1860_R
藪を抜けるといったん鎖でコルに下ります。

DSC_1861_R
細い尾根を通過すると・・

DSC_1863_R
最初の登りの鎖場。とはいってもここは比較的登りやすい斜面ですので、鎖は補助的に使う程度。ただし同行者がいる場合は細かい小石が多いので落石には要注意。

最初の鎖場を登り切った場所が茅ノ木棚沢ノ頭。ここから少し進むと2つ目の鎖場が出てきます。

DSC_1864_R
こちらの鎖場の方が登りにくかったです。砂礫上の斜面が非常にスリッピーで、かつ意外とホールドが見た目より少なくて、鎖とホールドを合わせて登ります。

DSC_1865_R
そしてここは鎖場が結構長いです。大きく2段階に分かれていて、この2段階目の鎖の方が登りにくいですね。
それでも下るよりはマシかな・・・下りは本当に大変そう。

鎖場2か所をクリアすると、あとは徐々に通常のトレイルに戻ってきます。
こういったフラットが出てくると本当に安心する・・・と言うか、昨日玄倉林道に下りてからまともにこういったトレイルはほとんど無かったような気が・・・。
DSC_1866_R

左手の方向には、朝の青空に浮かぶ丹沢主脈。
DSC_1874_R
今年はここの縦走もやらないと。

DSC_1869_R
8時9分、鍋割峠に到着。ここで汗を拭いたり小休止。
ちなみにここから寄方面に下るルートもあるのですが、滑落やロストの危険が高いそうで推奨されていません。というかほぼ廃道に近い感じでしょうかね・・。

DSC_1875_R
峠を後にして、最後の登りへ。
途中北側の斜面が崩落している箇所を通過しますが、あまり近寄らないように。結構下まで抜け落ちてます。
途中、木の階段が出てくるともう山頂はすぐそこ。

DSC07035_R
山頂直下の芝生エリアを抜けて・・・

DSC_1880_R
DSC_1882_R
2週連続の鍋割山山頂に到着!
まだ時間は8時半くらいだったので誰もいないだろうな・・と思っていたら、もう外で鍋焼きうどんを食べているハイカーが居ました。朝ごはんですかね?この日も富士山はばっちり!

DSC_1885_R
思わず、ヤマネチ!!

DSC07039_R
そして。。頼んだのはコーヒー。
なぜか鍋焼きうどん、食べないんだよなあ。今度来たらその時こそは食べようかなぁ。

山頂で暫くあちこちに連絡を取ったりして休憩。
ここまで来るとあとはもう下山だけ。最後気を引き締めていきますかね。
DSC07040_R

日曜の朝、天気もまずまずという事もあって、この日も登ってくるハイカーは大勢いました。
そういえば
DSC_1889_R
テレビに出たんだよね。自分も録画ですが観ました。これでまた鍋焼きうどんを食べに来る人が増えるんでしょうねぇ・・・。

DSC07041_R
途中登り渋滞に合いながらも30分ほどで後沢乗越に到着。

DSC07042_R
あとは緩やかに樹林帯を抜けて・・・

DSC07046_R
還ってきました、二俣!

そうそう、初日に気づかなかった堀山の家への取りつきですが・・・
DSC07047_R
すぐにわかりました。ポストの裏手の右側にこんなにもわかりやすく。。。何でこれを見逃したんだろう?
不思議ですねえ・・・。

DSC_1894_R
その後はまったりと林道歩き。
これから鍋割山に向かうハイカーさんと大勢すれ違いながら、新芽を出し始めた木々の下を歩きます。

DSC07048_R
勘七橋を渡って

DSC_1895_R
駐車場に到着!
お疲れ様でした!


こうして、以前から歩きたかった塔ノ岳西尾根、玄倉林道、そして見たかったユーシンブルーにも出会えて非常に充実した2日間の山行でした。
このルート、通常であればもちろん日帰りも可能で、人気の山を交えながらも静かな山歩きが出来るという、個人的には非常に魅力的なルートだと思います。
それだけに、玄倉林道の崩落や、雨山橋から雨山峠に抜ける桟橋の崩壊など、危険個所があるのが残念ですね・・・。
ユーシンロッジの再開と合わせて、何とか神奈川県の観光課とか、森林管理の方面からも整備に乗り出してほしいところです。やっぱり、あの大崩落個所と桟橋の崩壊だけでも何とかしてほしいなあ。。。

原状では非常に危険なためおすすめしません。
それでも、いつか玄倉林道も整備され、桟橋も修復されたらぜひ歩いてほしいルートです。


◆登山データ
【1日目】
二俣(08:33)→勘七沢(08:46)→ルート復帰(08:49)→堀山の家(09:42)→休憩→堀山の家発(09:56)→花立山荘(10:31)→塔ノ岳山頂(11:09)→休憩→塔ノ岳発(12:06)→不動の清水(12:12)→尊仏ノ土平(12:52)→熊木沢出合(13:25)→ユーシンロッジ(13:54)→ビバーク

【2日目】
ビバーク地発(6:15)→雨山橋(06:28)→雨山峠(07:14)→休憩→雨山峠発(07:28)→鍋割峠(08:09)→鍋割山(08:31)→休憩→鍋割山発(09:30)→後沢乗越(09:57)→二俣(10:20)