北八ヶ岳は縞枯山を歩くスノーハイク。
展望台をあとにして、肝心の縞枯山山頂を目指します。

DSC06690_R
見上げると目もくらむような太陽、そして青空に浮かぶ樹氷の数々!極上のトレイルは続きます!

 

抜群の眺望を楽しんだ後は、本日の目指すピークである縞枯山の山頂へと向かいます。
展望台からは歩いてすぐ・・・のようですが

DSC06683_R
数分でちょっと開けた場所に出ます。
見ると雪面にちょこんと頭をだした標識・・・らしきもの。
地図と照らし合わせてみても、地形的にも標高からみてもここがどうやら山頂のようです。
途中、自分たちの前を歩いていたソロの女性ハイカーに、反対から来た二人組のハイカーが「縞枯山の山頂ってこっちですか?」と聞いていたけど、どうやらこの標識がわからずスルーしていたみたいですね。。。
それにしても標識がすっぽりと隠れてしまうほどの積雪。やはり今年は雪が多いのでしょうか。快晴だからよかったものの、これで展望も効かず天気が悪かったら簡単に遭難してしまいそうですね・・・・。

ともかく、ピークは踏んだ、という事にして縞枯山荘へ向かうことに。そろそろお昼時なのでだいぶお腹も減ってきましたし・・・。

DSC06693_R
山頂から少し樹林帯を抜けると見晴の良い稜線に出ます。
遥か彼方には北アルプスを眺め
DSC06695_R
後方には八ヶ岳、そして中央〜南アルプス、日本を代表する山々に囲まれながらの贅沢ハイク!
これで気持ちよくないわけ、ないっ!

DSC06699_R
稜線から山荘へと向かうところはやや斜度のある下り。
雪質は固くもなく柔らかすぎず、でグリセードでも下れそうですが、嫁さんは慣れてないし、かといってレンタルしたスノーシューは長すぎて下りには不向きです。
という事で、スーパーカンジキを嫁さんに貸して、自分はグリセードで下ることにします。
固そうなところはかかとでキックステップを刻めば問題なし。途中からは足裏スキーみたいに滑って降りて、超楽しかった!
DSC06700_R
一方の嫁さん、最初はスーパーカンジキに戸惑っていたようでしたが、数分もすれば慣れてきたみたいでなかなかの速さで降りてきます。
スーパーカンジキはかかと側に爪がついているので、こういった下りでは適度にグリップもしてくれるので安心なんですよね。
それでいてスノーシューなどよりコンパクトで、こうした狭い下りでも取り回しも楽。
斜面を下りきるころには嫁さんの評価も急上昇していました。

下りきった辺りでぱっと開けた場所出ます。
前方を見ると青いとんがり屋根のこじゃれた山小屋、縞枯山荘の姿が。
DSC06705_R
このあたりは雪が無いと湿地帯で、普段は木道を歩くのですが今は雪の下。どこを歩いても大丈夫なので開放感も半端ないです!
DSC06706_R

DSC06707_R
DSC06709_R
三角屋根と煙突が印象的な縞枯山荘。
山荘前のスペースを借りてさっそくお昼にします。

DSC06711_R
今日のお昼はコストコで買ったベーグルにツナやコーン、レタスにトマトを挟んだベーグルサンドにトマトと大豆のスープ。いつもソロだとここの所正麺ばっかりだったので少し変わったメニューにしたかったのです。
ベーグルサンドは以前涸沢や、黒百合ヒュッテでも食べたけどやっぱり美味しい!サッと食べられるあたりもいいですね。
ちなみにトマトと大豆のスープは行きのセブンイレブンで買ったフリーズドライのもの、これもまたかなり美味しかったですよ。具だくさんでトマトの酸味もよく効いていておすすめ!

DSC06713_R
お昼を済ませたら山頂駅へと向かいます。
本当はコーヒーの1杯でも飲みたかったところなのですが、思った以上に気温が低くて寒かったのと、トイレに行きたかったのだけど縞枯山荘は1回300円!んー仕方ないんでしょうけどちょっと高いなーと思って、山頂駅のトイレ(こちらは100円だったかな?)に行くために撤収しました。

DSC06716_R
縞枯山荘から歩いて10分ほどでもうロープウェイの山頂駅に到着。やはりルートは反対周りにして正解だったかなと思いましたが、あとで調べてみたら今回のルートが一般的なものだったようで・・・まあいいんですけどね(^^;

DSC06717_R
帰りはロープウェイで一気に山麓駅へ。
そのあとは荷物を片づけて、ちょっと離れてますが蔦木宿の温泉へと向かいました。
なぜこっちまで来たかと言うと・・・ちょっと立ち寄りたいカフェがあったからです。
それは
DSC_1724_R
こちら!
DILL eat,life

このお店、オソンさんtsujioさんのblogを見てうーむ、行ってみたい!と思っていて、実は今回のスノーハイクの2つ目の目的でもあったのです。オーナー夫妻はJMTも歩いたことがあるとのことで、あわよくばその話も聞いてみたいな〜なんて思っていたり。

DSC_1725_R

DSC06718_R
DSC06719_R
外観もさることながら、インテリアも抜群に洒落てます!
それも嫌味のある感じではなくて、一つ一つが必然に満ちたレイアウト。+遊びゴコロ。高い天井とオープンな空間はとても居心地が良かったです。

DSC_1726_R
せっかくなのでDILLのオリジナルブレンドとパウンドケーキをいただきました。
オーガニックと健康志向にこだわったケーキは優しい、どこか懐かしいような味。そしてすっきりとしたコーヒーが良く合います。

写真を撮り忘れたのですが、大きな窓ガラスの外にはテラスがあり、その彼方には甲斐駒を筆頭に南アルプスが良く見えるロケーション。
暖炉に火がともったら、お酒を傾けながら、稜線に沈む夕日を眺めてのんびり・・・なんて、いいなあ〜。

と思っていたら本当に日が暮れてきてしまったので慌ててお会計。
帰り際にオーナーさんが「山帰りですか?」と声をかけてくれたのをきっかけに、あれこれと短時間でしたけどお話させていただきました!
JMTのお話はもっと聞きたかったなあ、今度ゆっくり伺いに行きます!


最後に・・・

DSC_1722_R
下山後に温泉に行く前に撮った写真。


昨年の入笠山も素晴らしかったのですが、今回の北八ヶ岳・縞枯山はもっと素晴らしかった!
アップダウンもさほどなくて危険箇所も無し、樹林帯に抜群の展望と変化に富んだトレイルは終始飽きることなく歩けます。
初心者はもちろん、子供連れでも安心なのでは?今度は茶臼山や北横岳、そして夏の時期にも来てみたいところですね。

そして肝心のスーパーカンジキ、めっちゃよかったです!
こちらはまた後日改めてレポートをしますので。。。


◆登山データ
今回は本当にまったりハイクだったのでデータは無しです(^^
このルートで、あちこちで写真撮りまくったりしながら歩いて、4時間ちょっと、といったところでしょうか。