北八ヶ岳・縞枯山を歩くスノーハイク。
五辻の分岐を左手の樹林帯へと進み、縞枯山山頂を目指します。DSC06638_R



 
樹林帯の中も積雪はかなりの量。
そのためトレイル自体の高さが上がっていて、時々木の枝などをかき分けたり、くぐったりする場面が出てきます。
唯一面倒だったのはこれくらい。
DSC06643_R
DSC06641_R
水曜に天候が崩れたとき、予報を見る限りでは山では雪かな・・・と思ったら一時雨が降ったそうです。 
その時に解けたしずくでしょうか、しっかりとした氷柱になって木の枝からぶら下がっていました。

DSC06644_R
 30分ほど緩斜面を登り続けると、突然視界が開けます。
目の前には再び青空と、そして先ほどよりも真っ白な樹氷をまとった木々が!
DSC06645_R
す・・・すばらし!!!

DSC06646_R
思わず「おお〜!」と、声を上げずにはいられません!

DSC06649_R
振り返ればこの展望、

DSC06654_R
目の前には、先ほどより深みを増した青空と、そしてさらに真っ白な雪景色!
もう、本当に天国じゃないかと思うくらいに美しい!

DSC_1700_R
こんな中を歩けるなんて、本当幸せ・・・。

DSC06655_R
天気もすばらし!!

DSC06662_R
そうそう、今日は嫁さんもatelierBluebottleのサコッシュデビューしました。
赤のXPACサコッシュも雪景色に生えてキレイでしたよ〜。

DSC06667_R

DSC_1708_R
あまりにもご機嫌なので、これまた久しぶりのドラえもん。
あと少し!かどうかは、この時点ではわからずなんとなく書いてみましたw

DSC06671_R
さらに進むと縞枯山山頂手前の展望台が見えてきました。
せっかくなので行ってみると

DSC_1713_R
真正面には茶臼山、その奥には八ヶ岳の主峰と、そして仙丈ケ岳、甲斐駒、北岳の南アルプスの雄がずらり!

DSC06675_R
視線を左に移すと、白く雪を頂く奥秩父主脈が。一番白いのはあれは金峰あたりでしょうかね?
まだまだ雪もたっぷりといった感じですね。

DSC06676_R
反対側には浅間山。こちらも真っ白!
昨年黒斑山までは行きましたけど、今度は前掛山まで行ってみたいものです。

DSC06677_R
エビのしっぽ。
ハイク中は終始風も穏やかでしたが、ここは稜線なので風が強いんですよね。
そんな自然が作り出す造形美、不思議な美しさがありますね。

DSC_1711_R
あまりの展望の良さに、キレ味最高のヤマネチ!!

DSC06682_R
そしてこれまた久しぶり、山頂(ではないんだけど)Fly High!
・・・スーパーカンジキ装着状態+久しぶりであんまり高く飛べませんでしたw


さて、一通り色々と満喫したら、縞枯山山頂を経由して、縞枯山荘へと向かいます。