2014シーズン、Patagoniaから久しぶりの本格的なクライミングパックがリリースされています。
気になっていたのですが、今日ようやく現物をを見てきました。
DSC_1646_R
■Patagonia アセンジョニスト・パック25(右)

サイズ:25L
重量:350g

 
 
構造は超ドシンプルなトップローディングタイプ。
下部に行くにつれてややすぼまっている作りなど、BlackdiamondのRPMにとてもよく似た構造です。
47960_149 (1)_R
DSC_1647_R
トップリッドの形状が面白くて、荷物を詰め込むだけ詰め込んだら、最後にメットを収納して蓋にできるという構造。ちなみにハイドレーション用の穴はありませんが、トップリッドがドローコードで絞めるタイプなのでここから出せば何とか使えそうです。

一見するとシンプル過ぎて使い勝手が悪そうにも見えますが、それだけシンプルという事はトラブルも少ないということ。たとえば、アルミのフックは凍結で外せなくなる可能性も少ないし、万が一凍結しても叩いて氷をはがしても壊れる危険性も少ないです。

よくできてるなーと思ったのは、トップリッドのほかに両サイドに前面と背面に取り付けられたデイジーチェーン。
DSC_1648_R
外側にはサイドポケットも無いのですが、このデイジーチェーンをうまく使えばちょっとした荷物であれば括り付けることができます。

パック自体の素材の強度も十分で、25Lなら350gという軽量さ。
ラインナップ上は35L、45Lも展開されていますが、25Lで使ってみたいパックですね。
35Lなら夏の縦走にも使えそう。

Patagonia久しぶりのクライミングパックは超本気モード。
とは言え、ハイクでも十分使える要素もあるので、こないだのSpeed30と合わせてかなり気になります。