政次郎尾根から塔ノ岳〜丹沢山へと向かうハイク。
塔ノ岳の山頂には10時05分に到着しましたが、すでに遠くは霞がかってしまい富士山もはっきりとは拝めず。。。
DSC_1474_R


 
それでもやっぱり塔ノ岳の山頂の解放感は何度来ても気持ちがいいものです。
ということでちょっと座ってコーヒータイム。
DSC_1476_R
DSC_1475_R
丹沢主脈方面、そして行こう行こうと思いつつなかなか行けない蛭ヶ岳。
やっぱり日帰りで行くなら塩水橋から行くのがいいですかね〜。

DSC_1477_R
さて、一休みしたらここから先はCAMP アイスマスターを装着して出発です。
DSC_1478_R
尊仏山荘裏手のあたりから積雪はかなり多め。といってもここ数日は雪は降っていないようで固くしまった雪。
となれば、チェーンアイゼンの本領発揮です。
そして、今回は塔ノ岳→丹沢山までは、出来るだけ走れるところは走ってみました。といっても基本下りとフラットではラン、登りは普通に歩く、というパターンはあまり変わりませんけど・・・。
DSC_1482_R
塔ノ岳から丹沢山まではアップダウンはあるもののさほどきつくはなくて、普通に歩いてもCTは1時間程度。
また雪があるおかげでかえって普通のトレイルよりも泥濘を気にせずすむので走りやすいです。
見晴らしのよい冬枯れの木々を抜けて、白いコースを走るのは結構気持ちいい!

DSC_1484_R
疲れたらちょっと歩きながら体力回復。
ソロだと走ってる写真は撮るのが難しいですなあ・・・。特にスマホだと。

DSC_1485_R
塔ノ岳から15分ほど、10時36分に日高を通過。誰かが作った雪だるまがまだ残ってました。

DSC_1486_R
この先が一番気持ちよかった!
竜ヶ馬場に向かう途中のこのトレイルの抜け感、最高!

DSC_1487_R
気持ちよく走っていたら10分ほどで竜ヶ馬場に到着。大山のピラミダルな姿がよく見えます。

DSC_1489_R
目指す丹沢山はもうすぐそこ。
気持ちよくトレイルを進みます。

DSC_1490_R
かろうじてまだ富士山が目視出来るけど、もうそろそろ見えなくなりそう・・・。

DSC_1492_R
11時15分、丹沢山に到着!
ランを交えながら約35分、途中泥濘や階段では歩いたことを考えればまあまあですかね。
本気で走る人はもしかしたら20分くらいでここまで来てしまうんでしょうかね?

DSC_1493_R
丹沢山の山頂は雪もたっぷり!
広い山頂の奥のテーブルも埋まってました。その周辺では数名の先客が休憩中。

DSC_1495_R
それにしてもとても気持ちがいい天気。
思わず寝っ転がって昼寝でもしたくなります。

DSC_1497_R
しばしぼーっと過ごします。
時間はまだ11時を過ぎたあたり。決してハイクでスピードを求めるわけではないのですが、そのおかげでこうやってのんびりする時間が取れるというのはちょっと嬉しいかも。今後もちょっとずつランを取り入れてみようかな。。。登りでもう少しスピード出せるといいんですけどねえ。体力不足を痛感です。

DSC_1499_R
取りあえずお昼ごはんに。
今日は卵持参で最近のお気に入りの正麺うどん。

DSC_1501_R
卵入るとちょっと幸せ感アップ!

DSC_1503_R
お腹も膨れたところで下山開始。
たっぷり1時間ほど山頂で休んで、12時14分、丹沢山を出発。

DSC_1505_R
帰りも走れるところは走ります。
が、行きよりも泥濘が進んでいて思うように走れません。
いや、走ってもいいんですけど、そこまで泥だらけになるわけにもいかないので・・。

DSC_1509_R
DSC_1514_R
塔ノ岳の尊仏山荘下の坂は殆どアイスバーン。それでもアイスマスターは全く不安もなく、確実に凍ったトレイルを掴んでくれます。丹沢山に向かう時もこの斜面を走って降りたのですがスリップの不安は全くなし。
もはや奥多摩や丹沢の低山エリアではチェーンアイゼンほどバランスの良いアイゼンは無いのでは、と思えるくらいです。

DSC_1515_R
12時55分、塔ノ岳山頂着。
行きよりも5倍くらいのハイカーが休憩中。

DSC_1516_R
だいぶ展望も悪くなってきたのでそのまま通過、表尾根を進みます。

DSC_1517_R
例の崩落地点のトラバースはこんな感じです。
当然北側なので斜面は固く凍ってます。一応歩けますけど、ロープを設置するなり何らかの対処をしてほしい個所ですね・・・。事故が起きる前に。

DSC_1520_R
新大日の酷い泥濘もなんとかクリアして、あとは政次郎尾根を下るのみ。

DSC_1523_R
当然下りもランで・・・

DSC_1525_R
あっという間に戸沢出合に到着!
塔ノ岳から1時間9分、丹沢山からは1時間56分!
やっぱりこのルートは短時間でアプローチ出来るのでお気軽ハイクにはいいですね。

久々のハイクで、しかもソロという事もあってかなり無計画にハイクしてきましたが、結構充実感ありました。
DSC_1527_R
おかげでこんな感じに。

あと1時間早かったら蛭ヶ岳にチャレンジしてみたかったけど、下山するころにはもうグロッキーでしょうね・・・。
ともあれ、これからホームとなる丹沢エリア。

DSC_1528_R
これからもどおぞよろしく!

◆登山データ
戸沢出合 登山口発(8:10)→表尾根合流(9:11)→新大日茶屋(9:28)→小休止→木ノ又小屋通過(9:44)→塔ノ岳山頂(10:04)→休憩→塔ノ岳発(10:36)→日高通過(10:51)→竜ヶ馬場通過(11:00)→丹沢山(11:14)→休憩→丹沢山発(12:14)→塔ノ岳(12:55)→新大日茶屋通過(13:28)→政次郎尾根(13:39)→戸沢出合(14:10)