先週は水〜金と平野部でもぐずついた天気で、都心部でも2週間あまり早い初雪を観測していましたね。
となると、当然山では雪、それもさぞかしたっぷり降っている事だろう・・・。これは、何としても行かねば。
週の半ば過ぎからウズウズとしてはいたものの、なかなか行先が決まらないまま週末を迎えてしまい、結局今シーズン初の雪山という事で、アプローチと危機回避がしやすい奥多摩エリアに行くことに。
そうするとターゲットは鷹ノ巣か、もしくは奥多摩小屋。ここは昨年の11月以来の奥多摩小屋を幕営地とすることに大決定。
DSC05941_R
しかしこれまた予想以上の積雪!
なかなかにハードな初雪山でした・・・。

土曜日の早朝に自宅を出発し、一路奥多摩へ。
今回は初めて車で奥多摩へ行ってみました。今までも誰かに乗せてもらって、というのはあったけれど、自分で自宅から運転して行くのは初です。

途中大きな渋滞や路面凍結もさほどなく、順調に鴨沢に到着。
鴨沢のバス停脇のトイレで用を足して、さあ、小袖乗越まで行こうか・・・というところで重大な忘れ物に気が付きました。
なんと、ストックを忘れた!
今回の幕はおなじみNEMOのMETA 1Pです。ワンポールシェルターなのでストック必須なのですが・・。
しかし、ここで引き返すにはあまりにもったいないし、何より運転中から見えている山がどこもかしこも真っ白なわけです。という事で、ちょうどいい木があればガイラインを引いてシェルターを設営することにして、それでもダメであれば日帰りにすることにして、取りあえず小袖の駐車場へ向かいます。

DSC05913_R
小袖乗越の駐車スペースは、奥の半分くらいが使えなくなっています。どうやら七ツ石小屋のトイレ工事の為の資材置き場になっているそうです。

DSC05914_R
駐車スペースから見る赤指尾根方面の山肌もすっかり雪化粧。小袖までは殆ど積雪は無かったけど、これは思ったより積雪がありそうです。
準備運動を済ませて、7時35分、小袖乗越を出発。

DSC05915_R
歩いて4分、7時39分に登山口に到着。見てみると登山口から上がってすぐのところからもう積雪が!
とはいえまださほど深くはないので、取りあえず様子を見ながら慎重に進みます。

DSC_1106_R
今シーズン初のスノートレイル。それも登山口からすぐのところからとは本当に予想外でした。
この辺りの標高だととっくに日中の天候で溶けて泥濘状態だと思っていたので、これはうれしい誤算です。

DSC05918_R
まだ人も少なくて静かなトレイル。

DSC05919_R
木々に着いた樹氷が朝日を浴びてキラキラと光りながら少しずつ溶けています。
まるで桜のよう。

DSC05921_R
いつもの廃屋も雪化粧。
ちゃんと建っているのを確認できるとちょっとうれしい。

DSC_1108_R
トレースはあるもののまだ雪は固まりきらず、かといって緩すぎず。この時点ではまだ歩きやすい状態です。

DSC05928_R
標高1150m付近の水場。ちょろちょろとですがしっかりと出てました。

DSC05931_R
8時31分、いつもの標高1,150mのスペースに到着。
ここで最初の小休止。そして見て分かるように、積雪が徐々に多くなってきたためここでチェーンアイゼンを装着します。

DSC_1110_R
DSC_1111_R
先日購入したCAMP アイスマスター。実戦投入は年明けかなーと思ってましたが、早くも出番が回ってきましたね。

DSC_1112_R
新しいモノを使うのは何でもうれしいものです。ちょっとウキウキしながら再び歩き出します。
チェーンアイゼンを装着したお陰で、足が「ズルっ」と滑ることも少なくなりました。雪道歩いていてあの「ズルっ」は地味に体力を奪っていくので、かなり効果を実感できます。

とは言え欠点もあって、これは分ってはいたことですが新雪などはあまり得意ではないようです。
得意ではないというか、正しくは新雪や湿って重たい雪だとダマが出来やすいため、小まめに落としてあげる必要があります。
DSC_1114_R
ストックがあれば軽く叩いてあげればすぐに落ちるのですが、この日は無しなので足同士で叩いて落としながら登ります。

DSC05934_R
8時58分、堂所を通過。ここまで来るとふかふかの新雪が多く、積雪も足首より上になってきます。

DSC05939_R
この時点でこの積雪。石尾根の方や奥多摩小屋はどれだけ雪があることか・・・。楽しみでもあり、ある意味心配でもあり。。。

DSC05942_R
七ツ石山方面の案内看板。ここからちょっと上がったところで振り返ると

DSC05943_R
富士山!まるで雪の額縁におさまっているようにも見えますね〜。

DSC05950_R
さらに進むと七ツ石山と、巻き道の分岐点。この辺りに来ると積雪は場所によってはひざ下くらいまで、トレースはあるにはあるけどもほとんどツボ足状態で、これを外すと膝くらいまで一気に踏み抜いてしまいます。
なので出来るだけトレースを外さないように注意して歩かなければならず、さらにストックが無いのでバランスを取るのがまた一苦労・・・。これが結構体力消耗します。

DSC05951_R
↑の写真、雪面はゲイターよりも↑にあります。

DSC05953_R
ひーひー言いながら七ツ石手前の登りをクリアし、見上げると小屋が!

DSC_1126_R
9時59分、七ツ石小屋に到着!しかしこれまたこんな雪化粧した七ツ石小屋は初めてお目にかかりますなあ・・・。
取りあえずここで一休み、とします。