11月最後の土曜日、久しぶりの西丹沢へのハイクに行ってきました。
DSC05799_R
朝から雲一つない快晴!

当初は畦ヶ丸から加入道を回っていこうかと思っていたのですが、畦ヶ丸は本棚・下棚が凍ってからでも良いかな・・・という事と、今回は久しぶりに嫁さんも一緒のハイクだったので少し緩めに行こう、という事で、西丹沢を拠点にして加入道〜大室山を回り、犬越路から下るラウンドハイクに変更。
しかしこれが予想以上にキツかった・・・!

自宅を5時過ぎに出発して、西丹沢自然教室にに到着したのが7時40分頃。
DSC_0984_R
結構ゆっくりしてしまったので、到着時点ですでに結構車が停まっていました。
準備をしている間に続々と他のハイカーは出発していくし・・こちらも急いで準備します。

DSC_0985_R
自然教室で登山届を提出。
そう言えばこの日の朝はこの冬一番の冷え込みで、西丹沢自然教室付近でも-1度だったそうで。
道路に流れ出ていた水とか一部凍結してましたし。そろそろ車もスタッドレスにした方がよさそうですね。

DSC_0988_R
8時7分、西丹沢自然教室を出発です。
ここからしばらくは林道歩き。
DSC05804_R
それにしても雲が無い!ものすごい青空です。稜線に出れば展望も期待できそう。テンション上がる!

DSC05806_R
丹沢の水はとてもきれいですね〜。昔モルツで丹沢山系の水バージョンとかあったけど、今はどうなんだろう・・?
DSC05807_R
ちょうど25分歩いて用木沢出会に到着。
ここからゲートを超えてもう少し林道歩きが続きます。
DSC05808_R

DSC_0990_R
足長ハイカー!

DSC05812_R
落ち葉が積もったアスファルトって、なんだか不思議な感じ。ゲートの向こうは落石も多くて、かなり荒れてます。

DSC05813_R
8時44分、ようやく林道の終点に到着。
この少し先からやっと登山道の始まり。でも身体を温めるにはちょうどいい距離だったかも。

DSC05815_R

DSC05817_R
標高は800m弱、この付近も紅葉は殆ど終わりかけですね。登山道にも落ち葉がたくさん積もっていて、ふかふかして気持ちいい。けど、埋もれた石で足を「クキっ」とやりそうになるので要注意です。

DSC05820_R
ここからまずは白石峠を目指します。
途中何度も沢を木橋で渡ったり、渡渉したりします。
DSC_0993_R
結構揺れるんですよねえ。

DSC_0994_R
慎重に、慎重に。

DSC05828_R
水面に反射する冬の光。
うーん、綺麗!

DSC05832_R
何度か沢を左右に行ったり来たりして、ザレ沢の終点近くに来たらようやく本格的な登山道に。
ここから山腹を巻くようにトラバースしながら標高を上げていきます。

DSC05833_R
ちょっと進むと白石の滝に到着。この辺り、昔大理石が採れたらしいですね。なるほど、それで白石、ですか。
DSC05835_R
結構落差はあるみたいですが、近くまでは行けないみたいです。

DSC05837_R
白石の滝から少し登った辺りにあるベンチで休憩。
この辺り、ちゃんとdocomoの電波は入ってました。ちなみに今回、出発してから丹沢のmapを自宅に置きっぱなしにしてきてしまったことに気づき、慌ててGooglePlayから「山と高原地図 丹沢」を購入してダウンロード。
という事で↑の写真はスマホで地図を見ているところなんです。
いや、便利になりましたねしかし・・・。

DSC05844_R
休憩を終えたら、涸れた沢沿いのルートを上がっていきます。
ここ、豪雨だと沢になりますね。雨の時はあまり歩きたくないかも。

DSC05846_R
ちょっとした鎖場なんかもあって

DSC05850_R
木の階段が整備されていますが、ところどころ崩落していてちょっと歩きにくい。しかも急登をとにかく上がっていきます。

DSC05852_R
とにかく登る!前半ではここが一番きつかった・・・。

DSC05853_R
沢筋のルートをひたすらジグザグ登り、10時45分、ようやく白石峠に到着。
だいたいCT通り。それにしても早くもユルハイクのプラン崩壊です。参ったなこりゃ・・・。