11月の3連休、土〜日と久しぶりの奥多摩ハイクへ行ってきました。
奥多摩駅から石尾根を登り、12時過ぎに鷹ノ巣山山頂へと到着。
DSC05614
いつものようにのんびりハイクなので、あとは鷹ノ巣避難小屋まで下るだけ。
テント場でまったりと過ごします。

快晴の予報を期待してきた鷹ノ巣山山頂もガスでほとんど展望はなし。
冷たい風が吹き付ける中大勢のハイカーが休憩していましたが、足早に避難小屋へと向かうことにしました。
DSC05609
濃いガスが立ち込める石尾根。特に東日原方面から上ってくるガスが多く、若干霧雨っぽい感じも。

DSC05611
途中、峰谷方面の沢辺りからガスが少しずつ晴れてきました。左右の尾根は紅葉に染まっているのですが、曇りとガスのせいか視界は今ひとつ・・・。

DSC05610
さらに、鷹ノ巣避難小屋に向かう途中でも大きな倒木が石尾根を塞いでいました。この辺りはモロに台風の猛烈な風にさらされたんでしょうね。自然の力を見せ付けられたような気がします。

DSC05612
12時39分、鷹ノ巣避難小屋に到着。
さすがにこの時間では、まだ一張りもなし。せっかくなのでいつもと違う場所に張ってみようかと思いしばし当たりを見て回ったのですが、結局いつもの場所へ張ることに。
早速荷物を降ろして設営の準備をしていたところに、鷹ノ巣方面から降りてきたハイカーさんに声をかけられました。どうやらBlogを見てくれていた方で、この日は稲村岩尾根から鷹ノ巣へ上がってきたとの事。
こんなBlogですが、見てくれてありがとうございます〜!
DSC05615
いつもの場所にMETA1Pをビシっと設営、個人的にはこの場所が一番フラットで寝やすいかなーと。

DSC05613
設営が完了したら水場へ向かいます。
今年は10月も終わりになってからも台風が多かったためか、鷹ノ巣の水場はいつもよりも水量も豊富でした。
せっかくなので、ここまでの登りで汗だくになった顔や頭も洗ってすっきり!

DSC_0765
テントに戻って、facebook経由でまんもにもらったグランドキリンで乾杯!

DSC_0763
ビールを飲みながらどん兵衛リフィルでお昼ご飯。

DSC_0769
この日はまだ11月頭という事でシュラフはナンガ250DX、一応地面からの冷え込み対策で薄地のアルミシートを引いておきました。が、実際はぜんぜん寒くなかったですね。

このあと猛烈に眠気が襲ってきて、しばし仮眠。昨晩は3時間くらいしか寝ていなかったし、来るときの電車でもあまり寝られなかったこともあって爆睡でした・・・。

DSC05616
17時前、のそのそと起きてあたりを見てみると、先ほどよりも濃いガスが・・・。そしていつの間にかテントも増えてざっと6張りほどに。
今日はこのくらいかな・・と思っていた矢先、鷹ノ巣方面から集団が降りてきました。
なんと三ノ木戸分岐で追い越した高校生集団・・・!
どうやら今日は彼らもここでテント泊する様子。出来るだけ静かにしてくれよ・・・と祈りつつ、こちらは夕飯の支度に取り掛かります。

DSC05617
この日の晩御飯は鍋!やっと山で鍋が美味しい季節がやってきましたね〜wと言うことで先日購入した鍋キューブの濃厚白湯を早速試してみることに。
DSC_0772
たっぷりの野菜と、お肉の代わりに持ってきたシューマイ・餃子を投入。鍋キューブは1人前で1個ですが、個人的に濃い目の味が欲しかったので最初から2つ投入しちゃいました。結果これでよかったかな?

DSC_0774
シメは雑炊に。卵忘れたのがちょっと勿体無かったかな・・・と思いつつも美味しかった!

DSC05620
食後はチーズ等をつまみにワインで一人飲み。静かな山の夜は良いなあ・・・のはずでしたが、やっぱり若さ爆発高校生、まー賑やかでしたわ、ホント・・・。
DSC05635
ちょっと分かりづらいですが、自分のMETA1Pのすぐ目の前にテントが3張りほど、その向こう側にも。ざっと数えただけで20張り近くありました。間違いなく今まで鷹ノ巣で見た最大テント数ですね・・・。

DSC05628
DSC_0779
その後はテント内でゆっくり飲みなおし、この日は20時前にはシュラフにもぐりこみました。
テント内の気温は8℃。就寝時のウェアは
・シュラフ:ナンガ250DX
・Capilene4Hoody
・TNF アコンカグアダウンベスト
・MP フラフィダウンパンツ
で、朝まで快眠でした・・・。