11月の3連休の土日を使って久しぶりの奥多摩へとハイクへ行ってきました。
奥多摩へは5月の奥秩父縦走以来、約半年振り。季節は春から夏を過ぎ、すっかり秋へと移り変わっていました。
DSC05549


雲取山から続く奥多摩のメイン縦走路である「石尾根」。
これまでも下山時には何度か使っていますが、登りに使うのは今回が初めて。実は夏に計画していた栂海新道トレイルを歩く前、梅雨時期か初夏にトレーニングをかねて一度歩こうかと思っていたのですが・・・栂海新道は今夏は行けず、それもあってこの奥多摩駅からの石尾根ハイクアップは保留となっていたんです。

時は過ぎて早11月。真夏ほどの暑さも無く、冬期ほどの装備も必要ないある意味ベストの時期と思い、この土日で歩くことを決心。土曜日の早朝7時過ぎに奥多摩駅へと降り立ちました。
DSC_0702
駅からは朝早くから大勢の登山客で大賑わい。東日原行きのバスが満員御礼で出発するのを見送りつつ、のんびりと準備します。
今日はここから先は交通機関は一切使いません。なので、時間を気にせず、気ままにハイクすることにします。

DSC_0710
7時38分、準備を整えて奥多摩駅を出発。長い銃走路ハイクの始まりです。
DSC05549
氷川大橋から眺める景色。秋の色が奥多摩の市街にも下りてきていました。

DSC_0707
行きの電車からは曇り空しか見えず、もしかして天気予報外れた??と心配していましたが、今のところ何とか大丈夫そう。出来れば快晴の石尾根を歩きたいところ。

DSC05551
7時54分、羽黒神社に到着。いつもは下山時にここまで来るとあとわずか!というポイントですが、今日はここから先が長い登山道の始まり。今回の山行の安全祈願をしていきます。
DSC_0711

DSC05552
アスファルトの林道をてくてくと進んで、8時16分、石尾根の登山道に到着。
ようやく本格的な登山道の始まり。気を引き締めて出発です!

DSC05553
DSC_0715
駅からずっとアスファルトだったので、登山道に入るとなんだか気持ちがわくわくしてきますね〜。

DSC05555
しばらくは杉の薄暗いトレイルを進みます。
DSC_0720
標高600m〜700m付近の紅葉はまだちらほら。部分部分だけ色が付いてる感じです。
それにしても11月だと言うのにこの日ハイク中は汗がダラダラ!途中まではCapilene4Hoodyを着ていたのですが、少し登るともう暑くて結局脱いでしまいました。

DSC05560
途中、トレイルに大きな木が倒れていました。恐らく先日の台風で倒れてしまったんでしょうね・・・。実はこの後もこんな倒木はたくさん目にすることに。

DSC05566
9時03分、歩き始めてから最初の休憩。小腹も空いたのでおにぎりを1つ補給。ここまでは緩急織り交ぜての登りの連続。気持ち的には7月の黒戸尾根にちょっと近いですかね。

休憩を終えたら再び出発!
DSC_0723
DSC05570
この辺りは標高1,000mほど。あと1〜2週間すればもっと色づきますかね〜。

DSC_0731
六ツ石山へのトラバース。この辺は落ち葉がだいぶ積もっていて秋らしいトレイルが続きます。
そしてこの辺りが徐々にガスが濃くなってきました。この連休は、例のPM2.5が日本に飛来するとかで影響が懸念されていたのですが、天気予報では快晴の予報だったので最初はまさかこのガスはPM2.5??と思って驚きました。結果、普通の霧だったんですけどね・・・。

DSC05576
DSC05579
9時47分、三ノ木戸山との分岐に到着。上の1枚目の写真には作業用と思われる道筋が作られていました。
そしてこの分岐の奥にちらっと写っているのは、どこかの高校の登山部?と思われる集団。ざっと20人はいたでしょうか・・。そういえば少し手前でも6人ほどの高校生パーティを追い抜きました。随分とゆっくり歩いてるとは思ったのですが、この時は「きっと奥多摩小屋まで行くんだろうな〜」と思っていました。時間的には十分可能な距離ですし。

DSC05582
さて、ここからの登りが結構キツいところ。長い急登が続きます。さすがに足にも疲れが出てきたので、ここでストックを出していざハイクアップ!
DSC_0733
・・・と意気揚々と登り始めたのですが、どうもストックがなじまないのです。ここ最近、登りではあまりストックを使わなくなったのですが、やはり登りではストックは無いほうが安定しているように個人的には思いました。
という事で、この写真を撮ったすぐ後に再びストックを仕舞うことに。

DSC05585
10時32分、急登を何度か息をつきながら登りきり、六ツ石山分岐に到着。
DSC_0741
DSC_0742
落ち葉のトレイル。サクサクと乾いた音が気持ちいい!

DSC_0743
DSC_0745
将門馬場をトラバースするトレイル。ここの紅葉が一番キレイでした。思わずうっとり。

DSC_0749
石尾根稜線に上がると今度は風も強くなってきました。という事で再びCapilene4Hoodyを羽織ります。
そう言えばここまですれ違った人は3人ほど。六ツ石山辺りでハイカーが増えるかと思ったけどそうでもなかったのは、まだ時間が早かったから?

DSC05596
ここでも台風の影響と思われる倒木が。石尾根全体では大きな倒木が10箇所くらいはあったかも。歩く時は要注意ですよ。

DSC05600
今回初めて知った水根山のピーク。いつもはスルーしていたんだけど、山頂標識が登り側を向いていたので気づかなかったんですね・・。

DSC_0751
石尾根のこの辺りは、ルート上でも個人的にはイチオシ 気持ちいいトレイルなんですが、この日はあいにくのガスで展望はゼロ。それでもフラットで歩きやすいトレイルはやっぱり良いです。

DSC05606
そしていよいよ鷹ノ巣山山頂まであと一登り!ここを登るのは2年前の10月以来。あの時も天気はイマイチだったけどこの日よりはよかったかな・・・。

DSC_0754
山頂に向けてガシガシ!登ります登ります!

DSC_0756
12時11分、鷹ノ巣山山頂に到着!奥多摩駅から約4時間半くらい。CTはだいぶ甘めなのかな?
とは言っても足はだいぶ疲れました・・・。
そして
DSC_0757
真っ白・・・・!
風も強く体も冷えてきたので、避難小屋に向かうことにします。。。